2010年06月16日

ラオス・ビエンチャンの醒めない眠り 2

ラオスも、タイと、同じように、日本との、時差は、二時間遅い。
日本の、朝八時は、六時である。

翌日、六時頃に目覚めて、まず、ホテル周辺を歩いてみた。

すぐ目の前が、メコン川であるが、工事しているために、入れない。

その一つの、建物には、中華なんとか総会なる、文字がある。
つまり、中華系の建物・・・

ということは、そこに、中華街が出来るのか。
しかし、後で、別の場所に、中華街があると、知る。

昨年の、アジア競技大会開催で、すべてを中国の資金で、まかなった。その際に、中国から、中国人五万人の受け入れと、中華街の建設を、提示されて、現政権は、それを、受け入れた。

十年と、中国は、言うが、決して、そんなことはない。
中国人は、増殖して、居座るだろう。

ビエンチャンは、兎に角静かである。
あまり、人がいない。
首都などとは、思えないほどである。

北部の、ルアンパバーンのへ方が、活気があった。
そして、私は、それを、期待していた。

朝の食事も、至る所で、売っていると、思っていたが、全然、見当たらない。
もっと、市場の方に、行かないと、無いのだうろか・・・と、思いつつ、歩いた。

朝なのに、とても、暑い。

町内を一回りして、ホテル近くの、誰もいない、地元のオープンカフェに、入った。

コーヒーを注文する。
なんとかこんとか・・・といわれたので、うんうんと、頷く。
何を言っているのか、全く解らない。
ラオス語は、タイの、イサーン、東北地方の方言だと聞いていたが、タイ語は、勿論わからないから、ラオス語も、解らない。

出てきたコーヒーを飲んで、まずまずである。
ところが、半分ほど飲んで、その下に、何かある。
何だろう・・・
そのままにして、飲んだ。

カップの下には、コンデスミルクが、入っていた。
もし、スプーンで、掻き混ぜていたら、甘くて、飲めたものではなかった。

タイもむそうだが、ノーシュガーといわなければ、とんでもなく甘いコーヒーが、出てくる場合、多々あり。特に、田舎は、そうである。

一度、ホテルに戻る。

そして、フロントで、尋ねた。
英語で、貧しい人たちが、住む場所に行きたいが、どの辺りなのか、と。

ボーイたちも、参加して、地図を広げて、皆、色々と、話し合う。

そして、結論は、この辺りだということになった。
私は、地図にしるしをつけて、それでは、車の手配を御願いしたいと、言った。
すると、一人の男が、やってきて、時間を決める。

料金は、7万チャットである。
一万円が、80万チャットである。
おおよそ、千円である。

それではと、三時に御願いした。

そして、部屋に戻り、朝の食事を、どうしようかと、考えた。
どこにも、露店は、無いので、コンビニに買い物に、行くことにした。

ホテル近くに、一軒だけ、コンビニがある。

そこで、フランスパンと、ハムのようなものを、買ったと思う。
記憶が曖昧である。

部屋に戻り、それを、食べる。
あまり、食欲が無い。暑さのせいだろうと、思った。

ただ、昼は、地元の食堂に行き、ラオスの、食べ物を、食べたいと、思った。

部屋の、掃除は、断った。
タオルのみ、チェンジしてもらう。

そして、H君の連絡を待つが、なかなか、電話が来ない。
そこで、私からも、電話をするが、通じない。

何度も、H君に、電話をした。
だが、通じない。

折角の、チャンスである。
私の活動を、知ってもらうためにも、同行して欲しかった。
もし、それで、次の旅を、決めるなら、無料で、飛行機に積める支援物資の量を、多く出来ると、思った。

何度も、何度も、電話した。
どうして、通じないのか・・・

結局、日本を通じて、かけなければ、通じない電話だった。それを、後で知る。

昼を過ぎたので、私は、また、外に出た。
そして、地元の、食堂を、探した。

中心部は、レストランが多いが、ラオス料理の店ではない。
皆、欧米人向きの、レストランである。

ついに、私は、そのレストランの、呼び込みの人に、尋ねた、ラオス料理の店は、どこにあると。
すると、あっち、と言う。
その、あっちに行く。

ようやく、地元の、食堂に、出会った。

私は、麺の一つを、指差し、それを、注文した。
百円にもならない、金額である。

そこで、ようやく、ラオスを感じることが、できた。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。