2010年01月19日

最後の沈黙を破る 49

沖縄、普天間飛行場の、辺野古への、移転の問題は、何か。
何故、突如として、辺野古が、反対するに至ったのか。

私は、この話を、聞いて、驚いた。

地域住民に対して、政府は、一世帯の保証金を、五千万円支払うと、提案していたのである。

過疎地帯である。その程度で、妥協できると、政府は、信じていた。

ところが、この話しを、聞きつけた、または、誰かが教えたのか、本土の、ヤクザ集団が、我も我もと、引越ししてきたのである。

新住民として、住み着くようになる。
ヤクザは、所詮、ヤクザである。
真っ当に働く意欲がない、
暴力で、金をせびるのが、唯一の、仕事・・・・

政府は、慌てた。
そして、保障対象を、居住年数十年以上の世帯とする、制限を、新たに設けた。

すると、ヤクザたちである。
基地移設反対運動をはじめた。

すると、政府は、苦肉の策として、全住民に、対して、一律、二、三百万円とする、案を提示した。

大幅なダウンである。
旧住民と、新住民から、猛烈な、不満の声が上がり、ついには、旧住民まで、加わり、反対運動となった。

自民党時代に、根回しして、更に、根回しして、十年をかけての、準備期がある。

それが、これである。
要するに、金の問題である。

ヤクザの行動は、論外である。が、旧住民も、金に目が眩んだ。

沖縄は、いつまでも、犠牲を払うことを、求められる・・・
本当に、そうだろうか。
どれほど、沖縄に、税金が、投入されたのか。

日本には、ヤクザが、野放しになっている。
歴代政権と、ヤクザは、腐れ縁である。
今も、ある、大物議員との、つながりがある。

更に、ヤクザの中には、在日も多いという、事実。
外国人参政権を、謳う者を、疑う。

日本人も、中国人と、同じように、拝金主義に陥って、久しい。

その一例は、亡くなった、高齢者を、部屋に放置したまま、その、年金を貰うという行為である。極まれり、である。

それで、平然として、生きられる神経が、理解できない。
死んだことを、隠して、年金を貰うという、根性は、見苦し過ぎて、言葉も無い。

日本人の精神は、予想以上に、悪化していると、考えてよい。

金儲けのための、テキストが、多くは、詐欺だが、絶える事が無い。

何の創造性も無いものが、大枚な金を得るという、へんてこりんな、時代である。
金を持って、金を得るという。それで、大金を手にした人を、成功者と呼ぶ。

命の次に、大事な金だからといって、命がけで、金を得るのではない。

マネーゲームで、世界が、混乱しているのは、リーマンショックを、見れば、解るはずだが、それでも、マネーゲームを止めない。

金で、金を得ることが、実に、浅ましいことであるとは、考えないという、魔物が、世の中を、跋扈する。

しかし、時は、過ぎ行く。
それを、知る者は、知恵のある者である。

生きている間だけが、この世の春ではない。
死という、冬が、やってくる。

そのための、準備など、思いもつかないだろう。

勿論、死後の世界も知らない。
また、信じない。

死んでみて、初めて、驚愕する。




posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。