2010年01月18日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 18

夜である。
日系三世の、あの、青年が、また、ホテルにいた。
暫し、歓談する。

彼は、少し、占いめいたことを、した。それは、私たちの気を引き付けるための、ものだった。
彼は、亡くなった、おばあさんが、付いていて、色々と、教えてくれるという。
私たちの、体の、悪いところを、指摘した。

私は、長年、占いをしていたので、彼の手の内は、見えていたが、黙って聞いていた。

私が、先に、部屋に戻った。
しかし、コータが、中々、戻らないのである。

一時間ほどして、コータが、戻った。

その話の、顛末である。

彼は、私が、いなくなると、コータに、切り出した。
君は、イスラムの男の、ペニスを見たことがあるかと、言う。
コータは、バリ島で、見たと、言った。
すると、彼は、イスラムの男のペニスも、色々ある。君は、それを、見たくないかと言う。コータは、曖昧に返事をした。

彼が、どうして、そんなことを、急に言うのか、解らないのである。
だが、彼の目的が、解った。

色々と、話をしていると、彼は、コータに、君は、僕を買う気はないのかと、言った。
要するに、売り込みである。
実に、あはれ、なことである。

コータに、男と女、どちらが好きかと、聞いた。
コータは、その場を、切り抜けるために、レディーボーイが好きだと、言った。
地震の前は、レディボーイも、いたが、今は、女の売春宿だけしかないと言う。

そして、再度、僕を買う気は、ないかと、聞いた。
コータは、矢張り、レディボーイでなければと言った。

その間に、色々な話があるが、結論は、買ってくれということだった。

コータは、部屋に戻り、選定ミスだと、言う。
彼は、私に、それを言うべきだったと。
そうすれば、買わないまでも、私なら、10万、20万ルピアを彼に、渡したはずと、言う。
確かに、私は、彼に、お金を渡したいと、思っていた。その、理由は、占い料として、である。
だが、彼は、コータを、口説いたので、失敗した

三人の、兄弟を抱えて、生活するのは、大変である。
実に、悲しい話であるが、最後は、体を売ることを、考える。
きっと、サーファーの中には、ゲイもいて、彼を、セックスのために、買う者もいたのだろう。
今回の、イギリス人は、ゲイではなかった。

それで、コータに、挑戦したのだ。

パダンの、海には、無人島が、沢山ある。
そこで、サーフィンをする。
二人であり、ゲイの客であれば、当然、そういうことも、あり得る。
それで、収入が、増えるのである。

貧しい国の、女たちは、体を売る。
それが、一番早い、稼ぎである。
そして、男も、それが出来れば、そうしたい。

私は、コータの話を聞きつつ、実に、あはれ、な、気分を抱いた。
私を、口説けば、私は、きっと、彼に、買ったつもりで、お金を、渡した。
日本語の歌を歌うほど、日本を恋しいと、思うのである。

これは、不可抗力である。
誰も、それには、逆らえない。
別名、運命である。宿命である。

私も、コータも、実に、気分の悪い、時間を過ごした。
貧しさは、罪ではない。しかし、貧しさゆえに、自らを、貶める行為を、しなければならないという、こと、それに、同情ではなく、悲哀を、感じる。

彼の、幸せを、祈る。

最後の、一日は、ゆっくりと過ごした。
すべてを、終えて、安堵した、心持で、何か書き付けたくなる。
しかし、インターネット喫茶は、日本語が、出来ない。
本も無く、書き付けることも出来ない。

最後の日は、ホテルの中を、行ったり来たりしつつ、昼の食事は、地元の、食堂で、した。
二人で、200円にも、ならない。

水も、高いが、50円である。
もう、10円、20円の差を、考えずに、5000ルピアの水を買う。

フロントの、女の子に、明日の、飛行機の時間を、言って、タクシーを頼む。
すると、ホテルの車を利用すると、その時間まで、部屋を利用出来るという。

ホテルの、車は、空港まで、12万ルピアである。
私は、それに、決めた。

ジャカルタの空港で、夜を過ごし、朝の便で、日本へ向かう。

国内線から、国際線の乗り場に、向かい、そこで、朝まで、過ごした。
日本人なら、トランジットのホテルを利用するようだが、私たちは、空港の、ベンチにいた。

何度も、ホテルを教えてくれた人がいる。
私は、すでに、ホテルを知っていた。その値段も、知っていた。
六時間程度で、一万円ほども払ってられない。

そこで、深夜働く人々を、見ていた。

深夜の、空港は、何も、危険なことはなかった。

そして、香港へ向かい、台北で、乗り換え、日本に、到着した。
その間、12時間ほどである。

体重が、二キロ増えた。
つまり、三回、機内で、食事をしたからである。

書き足りないことは、多々ある。
しかし、後日に、譲る。

私は、これから、度々、インドネシアに行くことになる。
二万二千ほどの島々である。

死ぬまでに、すべての島には、行けないと、思う。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。