2010年01月17日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 17

山の頂上から、今度は、下山である。
冗談ではなく、私の浴衣は、汗が、垂れるほどである。

下山しつつ、私は、清め祓いの言葉を、唱えていた。
更に、地元の人の墓などもあり、慰霊をして、下山した。

私たちが、向かった後も、彼らは、私たちを、待っていてくれた。

丁度、日本軍の、大砲のある場所である。

おじさんや、若者が、二人いた。
おじさんと、若者が、コータに、説明している。

それぞれで、写真を撮った。
実に、親切だった。

私は、バッグの中を確認すると、ズボンと、シャツが、それぞれ、一枚ずつある。
若者の、一人に、それを渡した。

その付近は、街中とは、違う、スラムに近い感じである。

勿論、パダンには、そのような所が、多々あると、後で知る。

兎に角、私は、支援と、更に、思いがけない、慰霊まで、することが出来たのである。

その後で、今回の地震で、亡くなった方々の、慰霊の儀を、再度、ビーチで、執り行った。三度、慰霊の儀を、行ったのである。

下に降りて行くと、差し上げた人々も、待っていた。
皆、笑顔で、迎えた。

また、来ますねー、と日本語で、言う。

川の岸まで、戻った。
すると、一人の、おじさんが、渡し舟の場所を教える。
私は、再度、少年の、渡し舟に乗って、向こう側に戻った。
そのまま、ホテルへの道を歩いた。
今度は、ビーチ沿いではなく、街中へ向かう道を歩いた。

しかし、日差しと、疲れで、ミニバスに乗ることにした。
2000ルピア、20円のミニバスである。

部屋に入り、すぐに、浴衣を脱ぎ、シャワーを浴びて、浴衣、帯を、干すことにした。
帯まで、汗で、濡れている。

昼を過ぎていた。
一息ついて、ホテルの隣の、レストランで、食事をすることにした。

私は、ジャカルタで、買った、ワンピースの裾の長いものを、着た。
これが、一番楽だった。

フロントの、女の子が、それ、似合いますと、言う。
でも、女性用でしょう
大丈夫、似合えば、問題ないよ
それで、安心した。

レストランでは、パダン料理ということで、ボーイの提案するものを、注文した。

パダン料理の応用が沢山ある。
それらは、すべて、辛い。ただ、麺類で、ビーフンは、出汁のみの、味であるから、中和させて、丁度よい。

この頃は、日本を出て、和食を食べたいと、思うことが、なくなった。
現地の食べ物で、十分である。

私は、充実感で、一杯だった。
本当に、良かった。
すべての、予定は、終わった。それが、出来たことに、満足していた。

夕方は、街中に、出掛けて、バザーの様子を見ることにした。
それまで、部屋で休む。

部屋で、休んで、夕方、まだ、日の出ている間に、ミニバスに乗って、街中、中心部へ、出た。

一番大きな、デパートが倒壊した後に、人々が、それぞれ、店を出している。
とても、混雑していた。

コータが、髪を切りたいというので、美容室を探す。
何と、パダンで、一件のみという、美容室に入った。
他の、店は、皆、倒壊したという。

その店も、横の階段が、壊れていた。
かろうじて、ビルの、真ん中の階段が、使えるのである。

マッサージもある。
コータは、髪を切り、私は、マッサージを受けようと思ったが、何と、何人も、待っている。それぞれ、二時間以上待たなければならないという。

私たちは、諦めて、下に降りた。
そして、横にあった、麺類屋に入った。

白麺と、黄色麺があり、私たちは、黄色麺を注文する。
日本のラーメンの半分の量である。

それを、食べていると、物貰いの、子供が入ってくる。
私たちの、横に、小学四年生くらいの男の子が、立って、手を出す。

私は、お金は、上げないが、食べ物を上げることにした。
一緒に、麺を食べるかと、尋ねるが、いらないと、言う。
兎に角、しつこく、手を出す。

黙っていると、他の客を回り、また、私たちの、傍に来た。
もう一度、麺を食べるかと、聞くが、いらないと、言う。

少年は、少し諦めたのか、店の、上がり台に座り込んだ。

私は、少年の傍に行き、冷蔵庫を指して、ジュースは、いるかと、聞いた。
すると、頷く。
そこで、店員に、彼に好きな飲み物を上げるように言う。

少年は、一つの、ジュースを一気に、半分ほど、飲んだ。

ああ良かった。
更に、私は、少年に、麺を作る店の前の、厨房を差して、食べるかと、聞いた。
日本語である。
すると、少年が、頷く。

そこで、店主に、少年に、麺を上げることを言う。
少年が、店主に、何か言う。
注文をつけているのか。

私たちの、座ったテーブルに、座り、出来上がった麺類を前にした。
会計のおじさんが、ありがとうと、言えと、言っている。

私たちは、食べ終わったので、支払いをした。

少年は、照れながら、私に笑いかける。

こういう、ことは、至る所で、多々あることだ。
お金を上げても、彼のものにならない場合も、あるのだ。
大人が後ろにいて、巻き上げる場合もある。

だから、食べ物、衣類などを、上げた方がいいのである。

私たちは、少し、街中を歩いた。
瓦礫の山であり、中心部を、離れると、全く、森閑としている。

シャッターを下ろしている、店舗も多い。

もういいだろうと、ミニバスに乗って、ホテルに戻ることにした。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。