2010年01月14日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 14

夜、七時を過ぎたので、私たちは、ホテル前の、レストランに出掛けた。
カラオケレストランでもあり、すでに、歌が始まっていた。

その、ボリュームが凄い。
ガンガンと鳴る。
カラオケといっても、伴奏者がつくもので、日本のカラオケが、このようにして、名づけられているということも、驚きだった。

勿論、カラオケ用の、機械もあるが、素人が、歌うこと、全般をカラオケというのだ。

ビールを注文した。
二人で、一本である。
何となく、食事の前に、ビールという、気持ちで、本当は、あまり飲みたくない。

案の定、ビールを飲み始めると、気分が悪くなる。
そこで、すぐに、食事を注文した。
すると、メニューに、日本食がある。といっても、真似たものである。

私は、ビーフの鉄板焼きを注文した。セットで、スープと、ご飯がつく。

待っている間、ステージを見ていると、一人の女の子が、歌い終わり、おばさんが、出た。イスラムであるから、かぶりものをしている。

その日、私は、ジャカルタのそごうデパートで買った、イスラムの女性用の、長いワンピースを着ていた。
ストンと、着れば、いいので、楽である。それに、誰も私を知るものがいない。平然と、それを、着ていた。

おばさんが歌い終わると、司会者が、何か言う。

コータが、誰か、歌う人は、いませんかといっていると言う。
その時まで、歌おうなどと、思っていなかった。
司会者は、私たちの方を見ているので、私が、手を上げた。

すると、拍手が起こった。
コータが、本当に歌うの、と、驚く。

私は、立ち上がり、舞台に上がった。
伴奏者に、岸壁の母の、最初のメロディーを伝える。すると、彼は、即座に、雰囲気のある、メロディーを作る。
それで、いい。オッケー。

私は、マイクを持ち、歌いだした。
母は来ました・・・今日も来た・・・この岸壁に、今日も来た・・・

一番と、三番を歌う。
伴奏者は、盛り上がりまでつけて、伴奏する。

最後まで歌うと、拍手である。
ジャパンと、司会者が言うと、再度、拍手。

何とも、恥知らずである。

コータも、呆れている。
しかし、歌った者勝ちである。

そのうちに、食事が運ばれて来た。

何と、醤油ベースの味付けである。
美味しい。
懐かしい味である。

ただ、料金は、地元の食堂の、五倍程度であるから、高い。

醤油味の、懐かしい味付けに、満足して、高くても、納得した。

食べ終わり、すぐに、そこを出た。
私は、すぐにホテルに戻ることにした。
すっかり、疲れてしまった。

コータも、一度、戻ったが、少しして、ビーチを見てくると、出て行った。

私は、ただ、休むだけである。

シャワーを浴びて、腰にバスタオルを巻いて、タバコを吹かす。
部屋の中も、禁煙ということが、多いが、インドネシアは、喫煙家には、天国である。
どこでも、吸う事が出来た。

灰皿も、ホテルの至るところに、置いてある。

ホテル隣のレストランでも、カラオケをしているので、音が流れてくる。
ただ、ある程度の時間になると、終わるので、助かった。

音がなくなると、時折、車や、バイクの音が、聞こえる程度である。
そして、夜は、涼しい。
ただ、虫が入るので、窓は、開けられない。

エアコンの、風量を小さくしても、寝ると、少し寒いのである。

昼間の気温とは、あきらかに、違う。
矢張り、太陽が出ていると、温度が、上がる。

新しい部屋は、居心地がいい。

そろそろ、寝ようと思うと、コータが戻ってきた。
ビーチの様子は、イスラム教徒であっても、若い男女は、いちゃついていると、いうから、健全である。

どこかに、息抜きがないと、やってられないのである。

ホテルの、フロントの女の子も、イスラムだが、かぶりものは、しない。
更に、ホテルの経営者は、オランダの、キリスト教徒である。
それも、別に意に介していない。

その、女の子は、よく喋る子だった。
独学での、英会話であるが、ぺらぺらで、早口である。私などは、何を言うのか、大半、解らないが、頷いて聞いている。

彼女のように、若い子は、日本の漫画を良く知っている。
質問を受けた。
ドラエモンの、のびた君は、どうして、いつまでも、子供なんですか・・・
えっ・・・
それを、英語で、早口で喋るから、おかしい。また、そのしぐさも、のびた君の背丈を示すのである。
画面の中の、のびた君も、彼女には、実在の人物のようである。

私は、答えられず、うーんと、唸ったきり。
若い子とは、日本の漫画の話で、盛り上がる。
そうそう、彼女は、おしん、のような女性になりたいと、言った。
日本の番組が、浸透しているのだ。

さて、十時になった。日本時間では、12時である。
私たちは、眠ることにした。

明日は、川向こうの、小屋が立ち並ぶ場所で、慰霊と、支援をする。
慰霊は、地震で、亡くなった人たちと、日本兵のために、である。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。