2010年01月11日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 11

パダン、一日目の朝。
私は、部屋の前の、椅子に座り、タバコを吹かした。

暫くすると、右隣の部屋の、若い一人も、出てきて、タバコを吹かした。

軽く、スラマッパギと、挨拶する。
パギと、返してきた。

パダンの朝夕は、涼しく、過ごしやすい。
とても、いい気分である。

現地の人にとっては、寒いらしいが・・・

さて、私は、隣の若者二人と、話すことになった。

まず、彼らの、一人が、私たちは、日本の企業で、働いているということから、だった。

会話は、英語である。
最初は、簡単な英語で、済んでいたが、次第に、話が込み入ってきた。
三菱系の、現地法人のようである。
上司の三人が、日本人だという。

更に、もう一人が出てきて、三人で、話す。
だが、私の語学力である。
アィムソォリィー
そして、コータを、起こした。

コータは、まだ寝ていた。
寝惚けた様子で、起きてきた。

四人で話すことになった。

コータが、英語が出来るということを、知り、二人の会話が弾んだ。
そして、突然のように、質問してきた。

日本の人は、イスラム教徒に対して、どんな感情を、抱いているのか、である。
彼らは、テロリストが、イスラムから出るところから、日本の人々は、イスラムを、恐れているのではないかと、思っている。

イスラム、つまり、教徒、モスリムと、テロリストは、別物であると、私は、言った。

彼らの、言い分は、こうである。
アメリカの政府は、イスラム教徒は、テロリストだと、言うが、それは、違う。テロリストと、モスリムは、違うのである。
更に、アメリカの新聞は、嘘を書くというのである。

私は、オッケー、オッケーといった。
解ったという、つもりである。

すると、貴方の宗教はとの、質問である。

以下は、コータが、通訳した。

日本には、宗教は、無い。伝統の国である
伝統・・・
レリジョンは無い。トラディションがある。私は、伝統に則り、生きている
シントウは、宗教ではないのか
伝統です

相手二人は、ウッと、詰まる。

祖霊は、太陽に象徴され、更に、天皇陛下が、国民の代表として、存在する
テンノウヘイカ

天皇とは、なにか
天皇とは、キング・エンペラーである
はじめて聞いた

天皇を頂く、伝統の国です、日本は
それでは、あなたは、死後の世界を、どう思うのか。私たちは、死後、霊魂は、神の作る、天国か、地獄へ行くことになる

日本人は、自然に隠れるのです。霊魂は、祖霊と同化します
天国には、行かないのか
天国とか、地獄という、考え方は無い
日本には、宗教が、沢山あると聞いた
そう、日本は、伝統の国だから、どのような宗教も、共生できる、否定しない

日本の、建国が、2670年という、話はしなかった。何せ、インドネシアは、建国、60年あまりである。

イスラム教も、否定しない
あなたは、イスラムの経典を知っているか
日本語で、コーランは、読めます。勿論、読んでいますよ
どのように思いますか
ただ、素直に読みます
イスラム教徒になれますか
イスラム教の国に行けば、モスリムになれます

是非、イスラムの指導者に、聞いてください。きっと、正しく、あなたを、導くでしょう。イスラムは、互いに愛すこと、殺しあうことを、教えていない。しかし、アメリカの新聞などは、イスラムは、危険と書くのです
分かっています。彼らは、キリスト教です

更に、彼らは、
イスラムは、あらゆる文化、学問に深く影響をあえた、素晴らしい世界を、持っています
と言う。

私は、
そうです。イスラムは、イスラム帝国から、実に、素晴らしい文化を有していた。それは、例えば、数学にしても、インド数学に影響を与えた。また、ギリシャ哲学も、ヨーロッパに、伝えたほどです。インド、古代中国と、文明が、栄え、最後に、ヨーロッパの文明が、起こるのです。イスラム文明の、伝播ですね

そうです。そうなんです。イスラムは、非常に、優れている
私も、そうだと、思います
あなたは、どうして、そんなことを、学んだのですか
すべて、日本語の書籍からです。日本語では、世界のあらゆる、書物が、読めますよ

彼らは、身を乗り出して、聞く。
コータが、通訳をする。

彼らが、私との、会話で、驚いたのは、伝統の国であると、言ったことである。
更に、どの宗教も、日本では、共生するということ。

日本には、宗教戦争が無いということを、言うと、納得した。

太陽が、祖霊を象徴し、万民を照らすように、日本の国民の象徴である、天皇は、何者も、否まないということである。
天皇陛下を知ることは、日本を知ることであると、言った。

本当は、キングでも、エンペラーでもなく、天皇なのであるが、英語では、その他の言い方がない。

イスラムを肯定し、他の宗教も、肯定する。それを、説いた。

話は、一時間以上も、続いた。

実に、有意義な時間だった。
彼らは、今夜も、私たちと、話したいと、言ったが、私たちは、ホテルを替わると言った。すると、もし、時間があれば、でいいので、また、話がしたいと、言う。

コータが、通訳に疲れた。
非常に、微妙な会話で、難しいと、言う。

ただ、彼らが、私の、言葉に、非常に興味を持ったことは、確かである。

日本は、宗教ではなく、伝統の国というのが、彼らにとっては、刺激的だったようである。

勿論、日本人でも、それほど、理解出来ることではない。
何せ、伝統などというもの、教えられないのである。更に、戦後の、教育は、見ての通り。
日本には、誇れるものは、ありません、である。
天皇制を、専制君主制という、アホもいる。
共産思想、サヨク系の人が、言う。彼らの方が、全体主義である。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。