2010年01月10日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 10

飛行機の中では、一切の、サービスはなかった。
お陰で、眠っていられた。

パダン到着である。
予定通り。

国内線であるから、何の問題もなく、荷物の出るのを、待って、外に出た。

タクシーの呼び込みが来る。
まず、公的なタクシーの、チケットを買う。

そのタクシー運転手は、そのチケットの、値段を、12万ルピアと言う。
ホテルの名を言うと、その場所への、料金が決まっている。

タクシーに乗ったのは、ホテルを変更した時のみ、以後、帰りのホテルタクシー以外は、乗らなかった。
皆々、ボルのである。
知らないと思い、吹っかけてくる。

街中までは、結構な時間がかかった。
30分以上である。

一泊、25万ルピアのホテルに向かった。予約はしていない。

街に近づくと、倒壊した建物が、目立ってきた。
三階建て以上の、建物は、ほとんど、倒壊したという。

瓦礫の山も、多々ある。
地震の激しさを、伝えるものだった。

三階建ての建物の、多くは、ホテルである。軒並み、ホテルが、潰れたのだ。

であるから、中々、よいホテルが無いのである。

残ったホテルは、皆、平屋か、二階建てである。

ようやく、ホテルに到着した。
二階建てのホテルである。
ゲストハウスに近い、感覚の建物。

車から、降りて、部屋の有無を確認すると、大丈夫だった。
荷物を下ろして、案内を乞う。

一階の、ベランダ付の部屋である。
部屋に入り、水シャワーであり、トイレには、紙が無い。ということは、手水である。
備え付けの、尻用のシャワー設備もなかった。
バケツに、水を入れて、そこから、尻を手で拭く形。

更に、洗面台が無い。
実に、不便である。

兎に角、三時を過ぎているので、腹が空いた。
二階に、レストランがあるというので、登ると、レストランというほどのものではなく、長いテーブルを置いてあるだけ。

メニューと、言うと、ミーゴレンか、ナシゴレンのみと、言う。

私は、焼きそば、コータは、焼き飯を注文した。
そして、水の、ボトルである。

食べたら、兎に角、水を買わなければならない。

このホテルには、一泊だけにすることにした。
後で、コータが、ホテルを探すことになった。

私は、部屋に戻り、休憩である。

コータが、出掛けた。
水を買い、ホテルを歩いて探すのである。

ホテルは、中小路なので、周囲の状況が分からない。

私は、本日は、動かないことにした。
ただ、部屋の前の、椅子に座り、タバコを吹かした。

そして、お客の入って来るのを、見ていた。
最初は、泊り客が、見えなかったが、夕方近くになると、どんどんと、やって来る。
驚いたのは、その客が乗ってくる、車である。

皆、立派な車に乗っているのである。

一度、部屋に入り、ベッドに、体を横たえた。
暫くして、また、部屋の前で、タバコを吹かす。

私の両隣の、部屋にも、客が入った。
意外に、人気のホテルらしい。だが、皆、インドネシア人である。

外国人は、私たちのみ。

右隣の部屋に、若い、インドネシア人の男、二人が、入った。

この、二人とは、朝、色々と話をすることになる。

コータが戻ったので、話を聞く。
ホテルは、少し遠く、ビーチの近くに、33万ルピアであるとのこと。
3300円である。高い。

しかし、他のホテルも、同じようなものだという。更に、ホテルは、大半が、倒壊したために、ミニホテル、ゲストハウスしかないという。

でも、ここのホテルでは、活動がしにくいと、言う。
結局、乗り物を使うことになるのである。

それなら、少し高くても、そちらで、いいということになった。
部屋も、空いているという。

明日、移ることにした。

コータは、更に、食事もして来たという。
私も、夜の食事をするために、コータに案内してもらうことにした。

パダンの夜は、遅い。
夕方を過ぎても、空が明るいのだ。

ホテルを移るということになったので、荷物を開けなかった。
ただ、タイパンツと、Tシャツのみにした。

少し、暗くなったので、出掛けることにした。
瓦礫の山を眺めつつ、歩く。

街の中心は、少し歩くことになる。
一つの通りに出た。
どこかの、田舎の風景である。

地元の、食堂に入ることにした。
パダン料理である。

コータは、すでに食べたので、私が、注文した。
食べたいものを、指で差す。
すると、おばさんが、皿に、ライスと、おかずを盛り付けてくれる。

カレー風のおかずを、選んだ。
食べた。美味しい。が、辛い。その、辛さが、次第に、酷くなってゆく。
顔から、汗が出てくる。

辛い
私が言うと、コータが、うん辛いらしいと、答える。
本当に、辛いのだ。

その辛さが、複雑で、何の辛さと、言えない。
唐辛子も、胡椒の辛さも、その他、多々ある、辛さである。

辛さの微妙繊細である。
ああ、これが、パダン料理か、である。
料金は、8000ルピア、80円である。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。