2010年01月09日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 9

翌朝、大量の荷物を、ロビーに運んでいると、警備のおじさんが、飛んできて、手伝う。
いつも、警備のおじさんとは、親しくなる。
言葉が通じないが、何となく、心に流れてくるのでる。

タクシーは、すぐに来た。
荷物を、乗せる。
ボーイも、手伝う。
私たちは、ごく普通の泊り客だった。

ネクストタイム スティ ヒァー
また、泊まると、言って、皆にさようならを、言う。

本当に、また、このホテルに泊まる予定である。
何せ、スラム街の、ど真ん中である。

今度は、一人で来ても、大丈夫。
ボーイたちが、協力してくれると、思う。
彼らは、12時間労働である。

だから、結構、仕事の合間に、楽しんでいる。

今回、私は、一切、チップを渡さなかった。しかし、彼らの態度は、変わらない。

三日目、四日目は、ボーイも、私にマッサージを、勧めなかった。
そういう、客ではないと、見たのである。

タクシー運転手も、親切だった。
荷物を下ろして、カートのある場所を示す。
私たちを、見送って、くれた。
きちんと、メータ料金である。

タクシートラブルが多いと聞いていた。
メータを、改ざんして、料金を高く取る。最初から、メータをつけず、望外な料金を、要求するだのと。

一度も、そんなことはなかった。

ジャカルタの空港は、五つある。
私たちは、国内線の、1Aである。

ライオン航空と、覚えやすい。
人で、溢れていた。

搭乗手続きに、すでに、人が並んでいる。
その、後ろに並ぶ。
それからが、大変だった。

列が進み、真ん中辺りに来たとき、停電である。

電気が、止まるということは、すべてが、止まる。
暗くなり、エアコンが止まり、更に、コンピューターが止まる。
手続き、中止である。

どんどんと、人が入って来る。

やっと、電気が戻る。
うぁーと、歓声が上がる。

そして、また、停電となり、人々が、うぁーと、声を上げる。
それが、暫く続いた。
皆、動き停止である。

私の二人前の人で、止まったまま。

おじいさんが、倒れる。
暑さと、人ごみのせいで、人々に、支えられた。
カートに、一時、体を横にする。

私も、イライラしてきた。
ついに、カウンターに行き、まだなの・・・と、日本語で言う。
女の子が、何やら言うが、解らない。

そのうちに、出発時間の迫る、飛行機が出た。

すると、カウンターから、声が上がる。
デンパサール行きの人、出てきて、というように、である。
手書きで、手続きが、はじまった。

私たちは、後回しである。

次は、どこそこの便が、出ます。
乗る人、出て来てと、叫ばれる。

混雑、混雑である。

私と、コータは、その間に、二度トイレに行った。

カウンターの女の子とも、顔知りになる。
ついに、私に、チケットを見せろと、身振りで、言う。

彼女が、チェックし始めたとき、電気が点いた。

うぁーーーーと、歓声である。

エアコンもついた。

よく解らないが、私たちが、優先された。
兎に角、荷物を、重量計に乗せる。
どさくさに、紛れて、どんどんと、乗せる。
そのまま、オッケー。
ほんとう・・・・大丈夫なの・・・・

しかし、搭乗券を、貰って、すぐに、その場を離れた。
そして、国内線の、使用料金を払い、乗り場に急いだ。

乗り場の前に来ると、通路の真ん中の、お姉さんに、呼び止められた。
何でも、一人、2万ルピアという。

私は、何で、払うの。今、払ったよ、使用料・・・

日本語である。
コータが、きっと、保険だよと、言う。

私の声が大きいのか、お姉さんは、黙った。
見ていると、払う人もいる。保険なのだ。

そして、待合室に、入る。

もう少し、時間がある。
そこで、タバコを吸う場所を、探した。
すると、一度、持ち物検査場を、出なければいけない。
警備のおじさんに、スモーキングルームと言うと、あっちと、示してくれる。
オッケーオッケーと、言われたので、そこを、出る。

戻ると、検査なしで、通してくれた。

人の視線が、チラチラ感じるのは、着物のせいである。
夏物、絽の着物を着ていた。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。