2010年01月06日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 6

スラムの通りには、屋台通りがある。
皆、小屋であり、それが、ずらりと並んでいる。

様々なものを、売っている。
インターネットや、電話を掛けられる店もある。

一件の、麺類屋台に入った。
すでに、地元の人々が、食事をしている。

バクワンという麺類だったと、思う。
麺は、ミーというから、ミーバクワンという名になるのか。

私は、好きな麺を選んで、おばさんに示した。

目の前にある、麺を示せば、理解してくれる。
コータも同じものを、頼んだ。
更に、私は、テーブルに置かれた、揚げたお菓子を一袋、食べた。

おばさんが、二つのどんぶりを、目の前に置いて、コーラと、尋ねる。
コーラーが必要かということだ。

ノー、いらないよ
でも、水を貰おう

小さなペットボトルを、頼む。

それで、二人で、18000ルピア、つまり、180円である。

分量は、日本のラーメンの半分程度。
汁は、麺が浸る程度、入っている。

ただ、どうも、油っぽい。
それでも、美味しく感じられる。
出汁が、いいのだろう。

食べ終えて、ホテルに戻る。
時間が経つに、つれて、胸焼けしてくる。
矢張り、油のせいである。

しかし、食中りになることは、無い。

暑い日差しを、浴びるので、部屋では、兎に角、水を飲んで、休む。

次は、国内線の飛行機チケットを、買わなければならない。

コータが、出掛けた。

私は、少し間、荷物の整理をする。
さらに、バッグの中身を確認する。

暫く、ベッドに身を横たえた。
本も読まない。物も書かない。何も、しないのである。

ここには、後、今夜と明日と、二泊する。
そして、スマトラ島の、パダンへ向かう。

コータが、帰ってくるまで、私は、ベッドで、うとうとしていた。
戻ったコータの話を聞いて、明日、その場に出かけたいと、思った。
何でも、川沿いのスラムの方へ出掛けたたらしい。

支援物資は、無いが、行って、見るだけは、見ておこうと思った。

飛行機のチケットも、明日、取ることにした。

それでは、夜の食事をどうするのか・・・
そごうデパートに行くことにした。
そして、ついでに、水などを買ってくる。

1, 5リットルのペットボトルで、安いものは、2800ルピアである。28円。実に、安い。

それを、持てるだけ買うということにした。

そごうデパートは、少し歩いて、歩道橋を渡る。
実に、不便である。

兎に角、大きな道路を越えなければならないのである。

七時前に、ホテルを出た。

私たちが、行ったのは、四階の、安いレストラン街である。
屋台のように、店が出ていて、注文し、それを、中央のテーブルで、食べるという、セルフサービスである。

パダン料理を、選んだ。

ライスに、好きな、おかずを選ぶ。
カレーのような、汁物に、私は、イカの煮付けを、選び、同じく、コータは、チキンを選んだ。

そして、小の、水のペットボトル一本である。
二人で、38000ルピア。380円である。

アラッ、美味しいねーーー
と、言いつつ、次第に、辛くなってくる。しまいに、本当に、辛い。
ハーッ、辛い。

顔から、汗が出る。
ちょっとーーー、これ、本当に辛いねーーーー

辛いもの好きな、コータも、辛いというから、本当に辛いのである。
しかし、美味しい。

食べ終わり、すぐに、立ち上がり、地下のスーパーに出た。
そこで、大きな買い物籠を取り、店内に入る。

兎に角、水である。
と、その時、目にした、女性用の、長いワンピースが・・・
値段を見る。
何と、39000ルピアと、59000ルピアの物がある。

私は、安い方から、一着選んだ。
私の、室内着である。
出来るだけ、裸でいたい私は、イスラム教徒の男たちが、着るような、服が欲しかった。または、ローマ法王が、着るようなものである。

これで、いい、と、籠に入れた。
そして、水と、パンと、ハムである。

もう、ビールは、いらない。
アルコールは、飲まない。飲めないのである。

コータが、よく解らない、お菓子を買った。
お菓子ねーーー
それではと、私は、賞味期限の迫る、割引の籠に入っている、ビスケットを選んだ。

割引の物を買うという、喜び。
私は、日本でも、大半の食品の買い物は、割引の物を買う。
これは、癖である。

レジに行き、籠から、物を取り出して、清算する。

日本のように、レジで、籠のまま出さない。
品物は、皆、取り出して、清算するのである。

重たいのは、水である。
五本買った。

コータに、三本持たせ、私は、二本と、他の物を持つ。
そして、ホテルに戻った。

その夜は、コータが、カラオケの店に、偵察に出掛ける。
私は、寝る。
夜、10時になると、私は、眠くなるのである。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。