2010年01月05日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 5

翌日、昼前に出掛けようと、ホテルを出て、スラム街への、道を行く。
ホテルの横の道である。

その丁度、曲がり角に、屋台がある。
そこに、四人の女が座っていた。
一人の女と目が合った。

凄い顔である。
ごつい顔に、厚化粧。何だーーー
コータが、レディボーイだという。
それで、再度、顔を見た。そして、他の女たちの顔も見た。

彼ら、いや、彼女たちが、笑いかけるので、お愛想で、ビューティフルといった。
彼らも、何か言ったが、解らない。

ここで、商売しているということは、と、コータが、声を低めて、睡眠薬強盗でもするのかもと、言う。

女と、勘違いして、部屋に入れて、彼女たちに、睡眠薬を盛られて、寝ている間に、金目のものを、盗まれるという、手である。

さて、スラム街の入り口に来た。

扉がある。
それは、鉄格子のようなものである。
その先に、男たちが、三人ほど、座っていた。

私たちが、入ると、彼らは、いいよという、雰囲気で、先を促した。

スラム街も、場所により、鉄格子の囲いがある。
皆で、その区域を、守っているのだろう。

私たちは、不思議な存在だった。
私は、浴衣を着ていた。
そして、バッグを提げている。

まず、ぬいぐみを、取り出した。
それを、小さな子に、渡す。続けて、また、渡す。
すると、親たちも、出てきて、何が始まったのかと、見る。

私は、衣服を取り出して、必要ですかと、問い掛ける。

プレゼントと、言った。
子供用だ。
子供の体に合わせてみる。オッケー、いいね。

次々と、渡す。
そして、奥に入ってゆく。

そのうちに、人が集い始めた。
いつもの、パターンである。

別のスラムの入り口にいる、おじいさんに声を掛けた。
手で、招く。
衣服を出すと、皆を呼んだ。
そこで、また、次々と、渡す。
人が多く出てきた。

一人の、おばさんが、私たちを、招く。
こっちに来てというように、聞こえる。

住宅の置くに入る。
おばさんが、皆に、声を掛けると、どっと、人が出て来た。
そこで、少しパニックぎみになった。

バッグの、日の丸を見て、ジャパンと言った。
そう、ジャパン、日本から・・・

歓声が上がる。
次から次と、衣服を出すと、誰か解らないが、それを、受け取る。
さあ、私の周辺を人が取り囲んで、わいわいと、声が上がる。

少しの、フェイスタオルを取り出すと、我先にと、手が出る。
それも、あっという間の出来事。

最後の、フェイスタオルを、取り出すと、それも、一瞬で、無くなった。

ワーと、歓声が上がる。

写真だ、写真と、私が、コータを促す。
すると、皆さん、集まるのである。
ワーといいながら、全員が、写真に入った。

何とも、実に良い雰囲気である。
先ほどの、おじいさんも来て、私も欲しいというが、もう、差し上げるものがない。

戻る道々、声を掛けてくる。
サンキューである。
更に、次は、また、来るの。
来ますよ。

一人の女が、子供を抱いて、この子に、ボールが欲しいのと、いうように聞こえる。
そういえば、先ほど、どういう訳か、ボールが一つあり、別な子に上げたのだ。

私は、汗だくである。

笑顔で、皆さん語り掛けてくれるが、インドネシア語が、分からない。

汗だくなので、一度、ホテルに戻ることにした。
先ほどの、レディボーイたちも、まだ、屋台にいた。

兎に角、暑い。
日本との、温度差は、20度である。
水を飲むしかない。

一度、部屋に戻り、休憩した。
一つの、バッグが、無くなった。
だが、これ以上、差し上げるのは、無理である。
コータが、国内線で、詰めなかったら困るから、丁度良かったと、言う。

確かに。
荷物が、多すぎるのである。

昼ごはんは、別なスラムへ行き、屋台で、麺類を食べてみることにした。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。