2010年01月04日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 4

部屋に入り、しばらく、呆然としていた。
今、見た、スラムの風景に、絶句していた。

そして、冷静になって、ホテルの案内を見て、驚いた。

ホテル、スパ、カラオケ完備のホテルであり、更に、中華系である。
一階から、四階までは、それらの、施設であり、五階と、六階が、ホテルだった。

話は、順に進める。

食事である。
昼の食事を、三時頃にした。
一階に、レストランがある。そこは、ルームサービスもする。

中華料理である。

味は、そこそこ。しかし、値段が高い。
税金、サービス料で、15パーセント、上乗せされる。

次第に、ホテルの全貌が、理解できてきた。
私は、疲れて、部屋に戻り、コータに、水と、ビールを買わせた。

私は、海外に出ると、アルコールは、飲まないが、昨夜と、今夜は、飲みたい気分なのである。結局、二日で、止めたが。

ビールは、嫌いである。
しかし、日本酒に変わるものがないゆえに、ビールにする。

コータの報告である。

道路を挟んだ、向かい側に、そごうデパートがある。
そこには、アメリカ資本の店舗も、多く入る。

この、スラムの向かいに、そごうデパートとは、驚いた。
確かに、高速を走っている時に、その文字を見たが、こんなところにあるとは、思いもしない。

考えた。
ここでは、支援をしない予定であるが、少しなら、一つのバッグなら、と、思った。

コータに言うと、ホテルの、横の道から、スラムに入る道があるという。

よし、明日、そこに入り、少し、衣服を差し上げよう。
そして、そごうデパートを見に行くことにした。
レストランが多いというので、夜の食事を、そごうデパートですることにした。

それまで、私は、タバコを吹かし続けた。

午後五時になると、突然、音が聞こえ始めた。
二階から、四階部分のカラオケスペースからである。
それが、何と、12時間、続くのである。
つまり、朝の五時まで。

そこには、コータが、二度偵察に出かけた。
後で、それを、書くことにする。

夜の食事に、そごうデパートに出掛けた。
ショッピングセンターのような、三階、四階は、レストラン街である。

驚いたのは、和食の店が、見た限りでは、二件はあった。
更に、これから開店する店も、和食の店である。

そこは、高級店であり、私は、一度入って、鮨を、三個注文して食べてみたが、まずまずである。

インドネシア料理を頂く。
実は、これから行くパダンは、パダン料理の発祥地である。
それが、インドネシア料理の元になっている。

全体的に、辛い料理である。
おかずを選んで、ライスを、つける。

一皿に、盛られる。

300円から、500円程度である。
これが、パダンに行くと、100円程度で、食べることが出来る。

ちなみに、一万円が、94万ルピアだった。
おおよそ、100万ルピアである。
つまり、一万ルピアだと、100円である。

10万ルピアが、1000円。
それに慣れるまで、混乱する。

食事は、二人で、いつも、五万ルピア程度である。

食事を終わり、水を買って、部屋に戻る。
水は、必須である。水道水は、飲めない。
熱中症にならないためにも、水は、多めに買う。

ジャカルタでは、2800ルピアで、買えた。
パダンでは、5000ルピアになる。
時に、同じものが、4000ルピアのこともあるから、適当なのだ。

私は、早々に、シャワーを浴びて、寝る準備である。
私が、寝る頃、コータが、下の階のカラオケムールに出た。

今回は、鍵を持って出た。
矢張り、ここでは、部屋の鍵を開けておくのは、危険である。

私が、眠っている間に、コータも戻り、寝たようである。
朝は、私が早く起きる。コータは、寝ている。

食事は、付いていないので、昨日、水と一緒に、買った、パンや、ハムを食べて、水を飲む。

その日は、スラムに出掛けて、少しの衣服支援をするつもりである。
出来れば、昼前に、出掛けたい。日差しが強くならない、うちにである。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。