2010年01月03日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 3

翌朝、早く目覚めた。
というより、いつも通りである。

六時頃であるから、日本時間では、八時である。

何気なく、ホテルの、案内に目を通していた。
すると、小さな、袋が、目に付いた。

YAYASAN
袋には、ややさん、とある。
ややさん・・・
あれは、バリ島で、言われた言葉・・・

ややさん、って、誰だ。
日本人なのか、バリ島の人なのか・・・
私たちは、議論していた。

ところが、違うのである。

朝食付きであるから、私は、一階ロビーの横にある、レストランに出た。

一人で、食べていると、コータも、起きてきた。

二食分程度を、たらふく食べて、フロントに行き、チェックアウトの時間と、ややさん、につて、聞くことにした。

12時、チェックアウトは、分かった。
おおよそ、どこも、ホテルは、12時である。

YAYASANの、封筒を出して、尋ねた。

私の英語が、分からないのか、女の子は、奥の男を、呼んだ。

ややさんとは、団体であること。
そして、そこの、ホテルが、中心に、ややさんを、作っていることが、解った。

私は、この街の、ストリートチルドレンに、服や、食べ物を、渡したいと言った。
すると、男は、こう言う。
それは、法律で、禁止されている。それを、すれば、警察に逮捕されるというのだ。

すべて、ややさんを、通して行うこと。

えっーーーーーー
そんな法律が、出来た・・・

何度も、警察に捕まるから、駄目という。
後で、その話が、嘘であることが、解るが、その時は、信じるしかない。

パダンで、その、YAYASANというものについて、詳しく教えてくれた人がいる。

つまり、ややさんとは、日本の、NPO法人と、同じようなものなのである。

そのホテルが、中心になって、法人格を取り、支援活動をしているということである。

そして、説明した、彼は、私に、そのホテル主体の、ややさんに、寄付、支援することを、勧めたのである。つまり、自分のホテルの売名行為に、多くの支援を集めたい。それで、私に、牽制したのである。

だが、それを、知ったのは、パダンである。
それでは、ジャカルタでは、出来ないと、思った。

部屋に戻り、コータに話す。

男は、この街には、至る所に、ストリーチチルドレンがいる。貧しい人々がいると、言った。

更に、スラムである。

私たちは、ホテルを変更するために、タクシーを予約して、まず、スラム街を見て、そして、別のホテルに、移ろうと考えた。

勿論、2000円前後のホテルである。

時間があるので、私は、ホテル付近の様子を、見に出かけた。

街の中心地であるが、ごみごみとして、ホテルが立ち並び、その間に、屋台やら、地元の食堂などが、立ち並ぶ。

もう少し、足を延ばすと、大統領府に出るのだが、止めた。

夏の暑さである。

歩くだけで、汗が出る。

部屋から、自分たちで、荷物を運び出した。
ボーイに上げる、チップを、ケチったのである。
タクシーに、荷物を積み込み、行き先は、スラム街。

それは、ジャカルタの西方面である。
その道、空港への、高速が走る。
つまり、私たちは、夜、その高速道路を通ってきたが、暗くて、見えなかった。

だが、昼間である。

その、高速道路に入り、少しすると、スラム街が、見えてきた。
その延々と続く、川べりに、建てられた、小屋、小屋、小屋の数々・・・
終わることのない、スラムが、続く。

世界最大のスラムと、いわれる。
タクシー運転手は、どこまでと、聞く。
行けるところまで。

港の前に出る。
そこも、スラムである。

この付近にホテルありますかと、運転手に聞いた。
三つあるというので、一番安いホテルに、と、促した。

丁度、そのホテルは、スラムのど真ん中にある位置である。

ここに決めた。
タクシーを止めて、部屋があるか、確かめた。

ツーベッドルーム、一泊3300円である。
高い。しかし、そこに決めた。

三泊することになる。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。