2009年09月24日

マニラの悲劇 10

衣服支援・マニラの悲劇、と、題して、書いたが、ただ、何をしたか、起こったかを、書いているだけである。

私の、屁理屈などは、書いていない。

今回は、前回よりも、深く、マニラの様子を見た。
前回見なかったことも、見た。

色々な問題を、私なりに、考えていた。
それを、書いてゆけば、長文になり、終わらない。

この出来事を、書きつつ、これを、おしまいにしたい。

私は、両替詐欺に引っかかりそうになった。

ある昼間、歩いていると、一人の若い男に、声を掛けられた。
何を言ってるのか解らないので、無視していた。

私を、はじめは、日本人だと、解らなかったようである。
香港とか、何とか言っている。
そのうちに、日本語で、両替できるという。
5300ペソと言った。

日本円は、高くなり、一万円が、5250ペソが、順当である。
50ペソ高いというだけで、興味を持つ。

それで、私は興味があり、彼を見た。
すると、こっち、と言う。
着いていった。

地元の、オープン食堂に、一人の中年の女がいる。
さてと、テーブルを囲んで、奥の席に、座らされた。これも、手である。私をテーブルと、人で、取り囲むのである。

さて、女が出した紙幣は、皆、100ペソ。
男が、一万円より、三万なら、5400ペソと、言う。
いや、一万円で言いと、私は言う。

女は、100ペソを、50枚数えた。それを、10枚づつ、交互に重ねて置く。
このやり方は、バリ島で、よく見ていた。
両替詐欺である。

そして、私が、数えた。確かに、50枚ある。
そして、三枚の、100ペソは、別のところに置く。
すると、女が、もう一度、数えた。
その時、私の向こう側であるから、見えないと、思っているようだが、私は、見ていた。10枚ほどの、紙幣を、二つに折ったのである。それを、上の紙幣で、隠す。

私が、もう一度、数えると言うと、女が、駄目といっているように、聞こえた。

馬鹿。もう解ってんだよ、嘘が。
すると、男が、私に、一万円を出せと、言う。
私は、財布をテーブルの上に置いて、手元でしっかりガードしていた。

さて、私は、詐欺に気づいたので、どのようにして、ここから抜けるかである。
私の左横に座る、女の背中、後ろを通らなければ、出られないのだ。その隙間は、出られると計算して、私は、オッケー、オッケーと、言いつつ、女の後ろを、腹を引っ込めつつ、出た。
そして、オッケーと、言って、その場を、去った。

つまり、オッケーということは、よろしいという意味であり、相手方は、一瞬、気を抜かれる。

私は、そのまま、そこを立ち去った。悠然と、ゴッドファザーのように・・・

そんな手口は、バリ島で、何度も見たわ・・・

経済危機から、マニラも、状況が悪化している。
貧しい国ほど、その影響は、更に大きい。

観光客を、相手にする以外になくなるのである。
その、観光客も、少なくなっている。
高級ホテルより、中級以下のホテルに、泊まる。
ゲストハウスが、プールといわれることがあったので、驚いた。満室なんて・・・

いつでも、ゲストハウスは、一部屋くらい、開いていた。

更に、ストリートチルドレンが、目立つ。

フィリピンは、カトリックの国である。
それは、スペイン統治時代に、決定された。

カトリックは、避妊を嫌い、更に、中絶を罪とする。
とんでもない、時代錯誤の、教えを、平然と、行う。

貧しいカトリックの国を、見回しても、ストリートチルドレンが多い。
一つに、そういう教えの、影響下にあるということ。
出来た子供は、生まなければならないのである。

そして、どうであろう。
私の出掛けた教会の、前の公園、その付近の路地には、そういう子供たちが、溢れる。親がいても、食べることも出来ない子供たちも・・・

毎朝の、ミサ、アベマリアの祈り・・・
私も、何度も、聖堂に入った。

しかし、そこは、外の世界とは、別世界である。

主イエスは、言う、この小さな者たちにすることは、私にすることであると。
ところが、教会は、そして、司祭は、祭壇から、降りることはない。

これ以上の批判は、しないでおく。
諦めている。

貧しい人は、教会にも、入らない。祈りも、しない、出来ない。

貧しい人が死ぬと、遺体を、道端に置いて、カンパを募る。
遺体処理のための、お金が集まるまで、そこに、置かれる。
棺桶に入っているのは、よい方である。

コンドームさえ買えないのであれば、コンドームを配布するように、行政が、考えなければならないだろう。
しかし、フィリピンは、搾取と、汚職の国。
紛れもなく、そういう国である。

更に、カトリックとは、笑わせる。

日本仏教と、同じく、世間と隔絶してある、教会である。

その歌も、鐘の音も、空しく響く。

レイテ島でも、貧しい者は、貧しくあるべくの、法的手段が、採られている。
そのことは、レイテ島のときに書く。

貧しい人々が、生活を向上させるには、暴力を持って他にないと、私は、考えた。
搾取するもの達を、暴力で、排除するしかないのである。

実に、悲しい現実である。
マニラの悲劇は、そこにある。

何人かの、人を、地元の食堂に、連れて、行ったとき、店の人は、嫌がることはない。
本当は、そのようにしたいのである。
だが、それをすることは、出来ない。そんなことをすれば、一日で、商売は、駄目になる。

私が、お金を払うから、客として、対応する。
嫌がることなく。

そして、私に、店の人は、目礼して、感謝している。

助け合いたいのに、それすらも、出来ないでいる。
それが、マニラの悲劇である。




posted by 天山 at 00:00| マニラの悲劇 平成21年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。