2009年08月09日

ラオス・ルアンパバーンへ 9

よく眠った。
酒も飲まずに、よく寝た。

朝、六時前に目覚めて、タバコをふかした。
ちなみに、ラオスの、ゲストハウスは、おおよそ、禁煙である。
喫煙場所は、外。

私は、分からぬように、部屋の中で、吸い続けた。
勿論、匂いが出るので、窓を開ける。

七時に、部屋を出て、メコン川通りに出て、散歩した。
すでに、道端では、商売が始まっている。

細い路地の、市場に向かった。
威勢の良い、掛け声がかかる。
驚くことはなかった。
コータから、聞いていたので、何が売っていても、驚かない。

イノシシの足、生きたカエル、いろいろある。
勿論、野菜も多い。
ほとんど、ラオス料理に使うものが、売られている。

日本人の姿は、無いが、ヨーロッパから来た、夫婦が、ガイドを連れて、見学に来ていた。
その、ガイドの説明を、私も聞いていた。

興味を引かれたのは、川魚である。
ナマズや、うなぎのような魚。そして、干した魚、イカである。
川でも、イカが、捕れるのか・・・

大きな魚もあった。
鯛を大きくしたものである。

あまり安いので、何かを買いたくなった。
行きつ戻りつして、買うものを、考えたが、結局、やめた。

剣先イカの、干したものを、買おうとしたが、その、売り子の女が、全く、やる気無し。
人生を、捨てているかのような、態度である。
その、気持ちも、解る。

毎日、毎日、暑い朝から、ここで、売るのである。
嫌になることも、あるだろう。

山で、採れたものを、持ってきて、広げて売る人も、疲れている。
何がしかの、お金を得るために、毎日、毎日、こうして、持ち運ぶのだろう。
商売の、原点である。

私は、市場を抜けて、大きな通りに出た。

昨日、ミニフランスパンのサンドイッチを買った、女の子たちの、店がある。コーヒー店も。
私が、通ると、手を振る。
私も、手を振る。
本当は、買いたいのだが、もう、部屋には、朝の食べるものがある。

コーヒーも、昨日のものが、残っている。
それで、素通りした。
また、会いましょうと、言いたかったが、止めた。

そのまま、ゲストハウスに、戻る。

一時間ほど、歩いた。

出発は、12時である。
昨日、ゲストハウスの、オーナーママに、トゥクトゥクを頼んである。

何と、料金は、30000キップである。
約、3,5ドル。もし、ドルで、支払うと、4ドルになるので、私は、キップで払うことにした。すでに、ママさんに、支払っていた。

つまり、空港からなら、6ドルなのであり、街中からは、3ドルで行ける。
半額である。ということは、あの空港の、チケット売り場は、半分、搾取しているということ。

こんな、些細な、金額にも、私は、拘るのである。
それも、これも、大半が、自腹であるからだ。人の金ではない。私の金である。

お金は、命の次に大切なもの。だから、大切に使う。

部屋で、ミニフランスパンのサンドイッチを食べたのが、九時頃である。
そして、冷めたコーヒーを飲む。
実は、私は、翌日の冷めたコーヒーが好きなのである。

食べ物は、腐る寸前、飲み物は、冷めたものが、好きだ。つまり、当たりやすいものを、好む。当たりやすいとは、食中りである。
だが、一度だけ、タイ・チェンマイで、食中りしたが、その後は、全く、異常なし。

少し、胸悪くなることがあるが、正露丸を飲むと、治まる。
また、胃腸薬である。

それに、食べ物で、死ぬことは、無いと思っている。

出発の、準備といっても、何も、物が無いのである。
二つのバックは、空であるから、一つのみ。やっては、いけないことだが、果物を、詰める。食べきれないからだ。

12時15分前に、荷物を、ゲストハウスの前に運ぶと、すでに、トゥクトゥクは、待っていた。
ゲストハウスのママさんに、お別れを言う。
えーとーーーー、ネクスト、タイム、ステイ、ヒアー
コープチヤイ・ライライ
そして、運転手に、オッケーゴー、である。

ホント、私は、アホではないかと、思う。
自分の言うことが、自分でも、よく解らないのである。

トゥクトゥクは、空港に、向かって、ひたすら、走る。ルアンパバーンの街を、どんどんと、走る。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。