2009年08月08日

ラオス・ルアンパバーンへ 8

再度、トゥクトゥクに乗って、ゲストハウスに向かった。

私は、汗だくになっていた。
浴衣の袖で、顔の汗をぬぐう。

風自体も、暑いのである。
ところが、現地の人は、あまり汗をかかないのである。
慣れなのであろう。

ゲストハウスに着いて、部屋に入り、まず、20ドルを渡した。
そして、ニッツに、チップとして、5ドルを渡した。

2500円で、とても、大事なことが出来た。
感謝した。

それじゃあ、と、再会の約束をして、別れた。
ニッツは、電話番号を教えてくれた。
次に来た時に、連絡することにした。

しかし、その後、私は、ニッツに、二度会うことになる。

シャワーを浴びて、まず、着替えをした。

ところで、ここでは、土曜日の、深夜3時頃から、日曜の夕方まで、停電になる。
停電だと、エアコンも、シャワーも、駄目。
だから、水シャワーになる。

水シャワーは、温かいので、平気だが、エアコンが効かないのは、困った。

昼過ぎていたので、買い物に出掛けた。
道端で、売っている物を買って、部屋で食べようと思った。

あの、ニッツのいるレストラン以外は、コーヒーショップにも入らなかった。
皆、路上の屋台から、買った。

ミニフランスパンの、サンドイッチが、一万キップである。
それを、夜の分と、二つ買う。
すると、コーヒーは、いかがですかと、声が掛かる。
と、そのように聞こえた。

コーヒーは、煎れたてで、五千キップである。

昼と、夜の、食事で、約、2,5ドルである。
と、思いきや、果物の屋台で、足が止まる。

丁度、多くの果物が、出る時期である。
兎に角、パイナップルが美味しかった。
一個分を、切り分けているものが、五千キップである。

部屋に戻り、窓を全開にして、昼ごはんを食べた。
部屋は、丁度、日陰になり、それほど暑くなかったのが、幸いである。

今夜で、この街と、お別れである。

マッサージにと、思ったが、諦めた。ここで、下手なマッサージをされると、益々、疲れると、思ったからだ。
何せ、こちらは、人に整体をし、マッサージにかかる、プロである。

ミニフランスパンは、多かった。
腹が満タンになった。

コーヒーも、大型のカップに、たっぷり入っている。

私は、そのまま、ベッドに、体を横たえた。

そして、うとうとしている時、ドアが、ノックされた。
ニッツだった。

三時頃だろうか。

彼は、私に会いたいという人がいると、誘いに来た。
それは、有難いと、思ったが、今は、これ以上に、何も出来ないのである。
会っても、何も出来ないのだから、申し訳ないと、その申し出を、断った。
しかし、ニッツは、少し、しつこく、誘うのである。
その人は、少し日本語が出来ると言う。

次に来た時に、会うことにすると、私は、固く辞退した。

渋々、ニッツは、帰っていった。
その時、ニッツが、今日は、まだ何も食べていないと、言うので、夜のために、買った、サンドイッチを上げた。

だが、再び、六時前に、来た。
何と、その時は、酔っ払っていた。

チップ分を、すべて飲んでしまったのかと、思えるほど、酔っていた。

矢張り、私に着物を着てくれ、会わせたい人がいると、言う。

いや、今回は、もう十分だと言ったが、ニッツは、酔っているせいか、頑固である。
と、ベッドに、横たわり、寝た。

酔いで、どろどろになっているようだった。
兎に角、私に会ったことが、嬉しくて嬉しくて、たまらないようだったことは、解った。

英語で、私を絶賛していた。

私は、ベッドに横になるニッツを、暫く眺めていた。
彼の幸せは、何か・・・

すると、彼の携帯電話が鳴る。
私は、ニッツを起こしてみた。
目を開けるが、再び、眠る。

こりゃあ駄目だ。

私は、意を決して、彼の勤める、レストランに行くことにした。
彼らに、迎えに来てもらおうと思った。
ところが、レストランに行くと、今日は、いつものボーイさんたちは、休みだというのである。

あららら
再度、部屋に戻り、ニッツを起こしてみたが、目は、開くが、起きる気配が無い。
また、携帯が鳴った。
また、私は、ニッツを起こした。

やっと、電話を取ってくれたが、受話器をきちんと、持てないのだ。

と、ニッツが、ぅえーと、声を上げて、トイレに、駆け込んだ。
そして、やや暫く、吐いていた。

私は、トイレットペーパーを持って、その横に立ち、ニッツに、少し千切って、渡す。それで、口元を、拭く。そして、吐くの、繰り返しである。

ようやく、収まり、やっと、携帯で、話すことが出来た。
何やら、色々と、言われているようだった。

終わると、フラフラしながら、戻りますと言い、今度は、本当の別れである。

必ず、また来るから。
私は、あなたと、ベストフレンドだと、言うと、ニッツは、安心した顔をして、バイバイと、出て行った。

私も、どっと、疲れた。

その頃は、電気が戻っていたので、エアコンをつけて、ベッドに体を投げ出した。

長い一日だった。
そして、内容の濃い、一日だった。

ニッツは、一体、誰に、私を会わせたかったのか。
きっと、日本人で、お金を持っているから、頼みを聞いてもらえると、思ったのだろう。
彼らから、見れば、とてつもなく、お金持ちに見えるのである。
ニッツは、私がドルを出したとき、財布のドル紙幣を見ている。
何かの時に、と、思う気持ちで、少しばかり、多めにドルを持っているのである。
お金は、見せては駄目である。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。