2009年08月05日

ラオス・ルアンパバーンへ 5

朝、約束した、10時前に、ニッツが、バイクでやって来た。

そして、5分で、トゥクトゥクを連れて来ると言って、再び、バイクに乗って出た。

その間に、私は衣服支援のバッグ、二つを用意し、カメラ二台、パスポート入れの、財布などを、確認する。

現金は、部屋に置くことは無いが、この時は、日本円を、部屋に置いた。

ドルと、キップと、タイバーツを持った。

トゥクトゥクが、やって来た。
ニッツと、一緒に乗り込む。
行き先は、ニッツに任せてある。

つまり、私は、衣服の必要な子供たちのいる、村に出かけたいと、言ったのである。
ニッツは、ルアンパバーンの近郊の村、メコン川沿いの村に行くという。

街を抜けて、20分ほどで、村の道に入る。
すると、トゥクトゥクが、大きく揺れる。
雨の後の道であるから、ぬかるむ。

雨期の真ん中である。
ところが、私は、あまり、雨に当たらなかった。

最初に見えたのは、村に一軒だけある、商店である。

商店といっても、掘っ立て小屋である。

ニッツは、そこに、声を掛けた。
友達がいると言う。
更に、商店の主は、ニッツのお姉さんだった。
結婚して、この村に暮らす。

トゥクトゥクは、ぬかるみを走り、村の中心部に到着する。

家の前に、屋根だけがある、テラスのような場所である。
勿論、手作りの物である。

さて、私は、荷物を降ろした。

早速、ニッツに、紹介して貰う。
その時は、たいした人数ではなかったが、どんどんと、人が、子供たちが、集って来た。

何、何、何・・・

私は、ニッツに、日本から、皆さんに、プレゼントですと、言って貰った。

そして、バッグを開けて、取り出す。
最初は、よく意味が分からないようだったが、衣服が次々と出されると、歓声が上がった。

赤ん坊を抱いた女たちも、出て来た。
今回は、幼児用の物も多い。
どんどんと、手渡す。

すると、次第に、人々が慣れて、自分たちで、バックから取り出す。
ニッツが、それを、抑える。

一度、ニッツが、バッグを閉めた。
そして、写真を撮るという。
私は、ニッツに、従った。

ところが、どんどんと、人が集まる。
私は、写真を撮り終わり、また、バッグを開けた。

ニッツが、もう一つの村にも・・・と言うが、無理である。
そんなに、量は無い。

少し残して、村の、入り口に歩いて戻った。
すると、そこでも、人が集っていた。
もう、すべてを、出すしかないと思い、バッグを開けた。

どんどんと、手が伸びてくる。
何も残らなかった。

私は、ニッツのお姉さんの店で、休むことにした。
ニッツは、日本茶のボトルを選んだ。
おいしい、と、書かれた、ボトルである。
私は、コーヒー缶を選んだ。

子供たちが、やって来る。
私は、店の前に、吊るされた、お菓子袋を10袋買い、子供たちに、渡した。

ところが、また、どんどんとやって来る。
写真を撮るニッツ。

私は、更に、お菓子袋を取り、子供たちに、渡した。

コープチャイ・ライライ
ありがとう

何度も、そう言われた。
お金は、渡すことは、出来ないが、お菓子ならいいと、思ったのだ。

それを、ニッツは、見て、なんとも言えない表情をしていた。
ニッツも、一緒に、写真を撮りたいと、言うので、お姉さんの、ご主人に、撮ってもらった。

それから、私は、メコン川で、祈りたいと言うと、ニッツは、オッケーオッケー、すぐそこだよと、立ち上がる。

その後を、子供たちも、付いて来る。

村は、小船で、荷物運びをする仕事をする。
メコン川の、側には、日本のダンプカーが、三台置かれてある。つまり、廃車になったものである。
日本の会社の名前が、そのまま、書かれていた。
更に、住所まで。

私は、ニッツに、これから、日本の祈りをしますから、それを、写真に撮ってと、言った。
ニッツは、サンキューなんとかこんとか、チピリチュアルなんとかこんとか、それで、なんとかこんとかと、言う。

とても、感激し、興奮しているようだった。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。