2009年07月25日

神仏は妄想である 255

タントラの教えは、非アーリア系の先住民族である、古代インド人に、知られていたものである。

紀元前3000年頃の、インダス文明に属する、ハラッパ文化の中に、ヨーガのポーズや、女神崇拝像が、見られる。
それは、インド・アーリアン系に起源をもち、古代インドの伝統の中心を、なしていたといえる。

更に、紀元前1500年頃にできた、バラモン経典、ヴェーダ文学と密接な関係があり、タントラの儀式には、ヴェーダの、行法に起源をもつものもある。

更に、タントラ儀式が、多くのインド哲学の基礎にもなっているのである。

タントラ形式をもったものは、ヒンドゥー教にも、仏教にも、見られる。

更に、タントラの形式が、生成発展してゆくことで、ウパニシャドの秘伝書や、ヨーガ、そして、仏教などの思想的影響を受けつつ、インド、中世前期、八世紀から、十世紀までに、完全な形、展開になるのである。

ほとんどの、タントラの聖典には、著者がいない。
その聖典の種類は、実に、膨大である。
更に、大幅に違いがあっても、聖なる御言葉という意味の、アーガマとか、二ガマと、呼ばれる。

ヒンドゥー教や、仏教には、早くから文献があるが、タントラの行法ができたのは、聖典ができるよりも、古い。

文字で書かれた最古の、タントラ聖典ができたのは、西暦のはじめ頃であるが、成立が遅いものは、18世紀まで、年代が下がるものもある。

一つのタントラ聖典には、様々な時代の、考え方が付け加えられている。そのため、時代を特定するのは、難しいといわれる。

この、タントラの影響は、インドに留まらず、文献としてみると、世界各地、特に、ネパール、チベット、中国、日本、東南アジアの地域に広がり、地中海文化にも、及んだ。

タントラとは、己に目覚めるための、現実的方法である。
能力に応じて、様々な人間の、要求に見合った方法が、取られた。

目指す目的は同じでも、各人が、それぞれ、独自の方法で、邁進するという、自由がある。更に、自由といっても、束縛を否定するわけではない。積極的に、目覚めるという意味での、自由と、束縛である。

そして、目覚めることにより、宇宙に満ち溢れた普遍的な知識を、身につける事が出来るという。

タントラは、人生の目的や価値に気づかせるために、精神と肉体の、両面にわたる、理論と実践を展開してきたのである。

タントラは、原子理論や、時間・空間の関係や、天体観察や、宇宙論、そしてまた手相学、占星術、化学、錬金術などを高度な水準にまでひきあげ、磨きあげてきた。宇宙の原子理論をタントラが発展させたのは、大変早い時期である。
タントラ 東洋の知恵 アジット・ムケルジー

タントラによれば、宇宙は、オームという、単音節のマントラのような、基本音から、展開してきたという。
宇宙で、見たり感じたりする物体は、すべて、震動を凝縮した音なのであると、なる。

その、震動の一歩進んだ段階で、原子が誕生する。
宇宙は、たえず生成し、分解し、再び、生成すると考える原子集団から成ると、捉える。

そして、人間が、自分の体の、どこに、霊魂の中枢があるのかを、見出すことも、抽象的なシンボルを通して、様々なヨーガの行をすることも、すべて、タントラに則るのである。

タントラは、さまざまな形で現れる大自然や人生に、現実重視の要素をもちこんだという意味で、他に類を見ない。どのような形で顕われている大自然であれ、人生であれ、人間がおのれに目覚める上で役に立たぬものはない。
ムケルジー

その、タントラの人体星宿図を見ると、人間の肉体を、霊魂を発展させる最も強力な道具と見なすのである。
人間というものは、宇宙のミクロな次元を、肉体という枠組みの中に秘めていると、考える。

その図は、人体と天文現象との密接な関係を示す。
人体各部に記されたシンボルは、小宇宙としての、個々の人間に、天体が、どのように影響しているのかを、図にしたものである。

腕には、肩先から、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星、羅喉星、計都星の記号がある。
もう一方の、腕の符号は、月の二十七星群を表す。
九つの惑星と、太陽系の十二の星宿とともに、世界の人間の運命を支配している、弓なりになった人間の肉体は、絶えず、天体のエネルギーの流れに、反応する一つの、壮大な活力に満ちた大宇宙を表し、その宇宙本来の広大な網の目から、逃れることはできないと、する。

タントラによれば、この世に顕れるものは、すべて、プルシャという、男性原理と、プラクリティ、または、シャクティという、女性原理からなる、二元論である。

そこでは、男女の交合が、シヴァ神と、シャクティとの、創造的な結合まで高められるという、思想として、説かれる。

ありとあらゆるものに宿る、シヴァとシャクティは、火のように激しい抱擁、交合の結果、最高の非二元性、それを、解脱という、無二の悦楽の中で、ただ一つの原理となる。

単に、この、考え方が、誤解されて、交合ヨーガ、つまり、セックスヨーガとか、処女崇拝などの儀礼と、された。
呪術と性などという、解説するものもある。

タントラには教義といったものはなく、それはむしろ新しい世界観の誕生と考えられるべきなのである。
ムケルジー

更に、ムケルジーは、
タントラは、幅の広い人間観を大局的に説き、一切を包括した思考システムと経験に裏打ちされた技法をもって、人間それぞれの霊魂の根源を創造的に目覚めさせようとする。そこにタントラの今日的価値もあるといえよう。
と、言う。

密教発生に、大きな影響を与えた、タントラの思想を、詳しく見ることによって、密教の誇大妄想の様が、理解される。

自然発生的に、生まれたインド思想である、タントラの、究極は、性である。
シヴァと、シャクティに、表現されるように、二元論、男と女、ペニスと、ヴァギナによる、世界生成、宇宙生成のお話なのである。

そこから、始まり、そして、そこに、戻る思想が、タントラである。
しばし、タントラの、世界や宇宙、生物、無生物、生命、人間、更には、霊魂というものを、どのように、考えるのかを、見ることにする。

それは、人間の、妄想性を、見ることにもなるのである。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。