2009年07月24日

神仏は妄想である 254

ここで、再度、インドの、文化背景から、密教というものを、俯瞰する。

約五千年前、インダス河の渓谷に、ハラッパ、モヘンジョダロなどの、高度に発達した、文明が栄えた。
その遺跡から、インダス渓谷文明が、紀元前三千年ころの、インド最古の文明であることが、歴史的証拠として、明らかにされた。

ハラッパ文明が、発掘されて、シャクティ信仰と、シヴァ信仰が、古代インド人の基盤となっていたことが、解った。

その二つの、信仰から、タントラ信仰の二つの面が、解る。

特に、その崇拝の中心が、女性像であることから、インドでは、シャクティ崇拝、女神信仰が、極めて古いものであること。それは、地母神からはじまり、シヴァ信仰とも、密接に関わる。
そして、この二つの、信仰の中に、タントラ行法が、様々な形で、行われていた。

多くの女神像、ヨーガの姿勢で座るシヴァ神とみられる、神の印章が数多く発見された。

シヴァ信仰は、タントラ行者が、リンガ、つまり、男根、ペニスである、それを、シンボルにして、崇拝するという。

タントラの、行法と、神秘主義が、接近し、紀元前1500年頃に、アーリア民族が、後期ヴェーダ文化の思想と、信仰に、大きな影響を与えている。

インダス文明は、その頃に、滅びたのではなく、インド人の生活中に、脈々と、伝えられ、吸収させていった。

今日残る、文献を見ても、アーリア族は、思考、感情も、優れていたといえる。

ヨーガ哲学の、分野でも、彼らは、今日まで人類が高めた、最高峰に達していたといえる。

紀元前1500年頃まで作られた、ヒンドゥー教最古の、リグ・ヴェーダ、では、人間の魂の、目覚めの知識、宇宙の神秘をめぐる永遠の問いが、なされている。

さらに、ウパニシャドという、秘伝書である。
そこでは、人間の魂が、もともと神でありながら、運命に従う点を、見事な方法で、分析する。
究極的な真理を探究しつつ、魂を引き上げ、生と死、エネルギーと物質などを、真理と一体化しようとしている。

仏教においても、それらを無視することなく、普通の宗教行事を、幅広く取り入れていった。

アショーカ王による、仏教の国教化、その後の、紀元前二世紀頃も、仏教熱が、インド人の生活に取り入れられた。

文化の影響力として、仏教は、アショーカ王の時代から、数世紀の間は、力があったが、バラモン教が、ヒンドゥー教として、復活し、隆盛を見る前兆に際して、仏教は、再び、新たな、打開策を見つけださなければならない、ところまで、追い詰められた。

仏教の大乗派の、登場である。

仏陀生誕の地で、勢力を失いつつ、その影響を、インドのガンジス川以外の、国々で、教線を広げていった。

それは、インド美術と、共に、である。

例えば、中央アジアの、トゥルファンや高昌、チベット、中国、朝鮮、そして、日本へ。
アフガニスタンの国教にある、バーミヤン、ハッダの洞窟彫刻、カシガール、ヤルカンド、コータンの町々。
スリランカ、ビルマ、タイ、カンボジアの、アンコール、インドネシアのボロブドールなどである。

さて、密教形成の元には、タントラがある。

この、タントラについて、俯瞰する。

インドの文化の基盤を理解する上でも、タントラ理解は、欠かせないのである。

すべての、宗教に、哲学や、思想に、タントラは、多大な影響を与えた。
タントラの世界を知ることは、密教を知る上で、特に必要な、教養である。

タントラとは、精神的な知識を示す、サンスクリット語の、広げるという意味を持つ、言葉から出た。

知識を広げる、つまり、己に目覚めるための、知識を身につけるという意味である。

更に、タントラは、宗教ではない。

それは人生体験であるとともに、人間がもって生まれた精神的な力を引き出す方法であり、体系なのである。
アジット・ムケルジー タントラ 東洋の知恵

タントラの教えは、先住民族である古代インド人に知られていた。
更に、タントラの意味を、考えると、インド・アーリヤン系に起源を持ち、古代インドの伝統の中にある。
伝統である。
決して、宗教ではない。

更に発展し、紀元前1500年頃にできた、バラモン経典、ヴェーダ文学と関係深く、タントラの儀礼には、ヴェーダの行法に起源をもつものもある。
このタントラ儀礼が、インド哲学の基礎にもなるのである。

この、タントラが、形式を持つのは、ヒンドゥー教、仏教にも見られる。
そして、様々に、発展生成していった。

ウパニシャドの秘伝書、ヨーガ、仏教の影響を受けつつ、インド、中世期、八世紀から、十世紀までに、完全な展開をすることになる。完成といっても、いい。

ここで、確認しておくが、伝統によって、宗教も、支えられてあるということである。
伝統に支えられない宗教とは、今で言う、新興宗教、あるいは、新宗教である。

単に、どこからかの、教義を、少しばかり、変形して、教祖が生まれる。
そこには、伝統を、有することは無い。
つまり、出来損ないの、宗教なのである。
そして、商売としか、言いようが無い。

私が、何より、重んじるのは、伝統である。
それは、民族の有意義な幻想であり、民族を生かす、共同幻想となり、必要不可欠な幻想となるのである。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。