2009年06月10日

性について110

1951年、C・S・フォード、フランク・A・ビーチによる、民族誌資料の調査によれば、76の未開社会で、同性愛が見られる。
また、その多くでは、子供や、特定の大人の同性愛が、認められている。その形態は、様々で、ある場合には、婚前の異性愛が、禁じられ、それまで、同性愛が行われるというものもある。

同性愛行動は、昆虫から、動物に至るまで、見出すことが、できるが、それが異性愛の代わりのものとして、明確なのは、チンパンジーなど、高度な知能を持った霊長類のみである。

人間の同性愛は、それとは、全く違う。
異性が得られないという、他の動物の、行為とは、別である。
異性がいても、同性にしか、興味を持たないという、完全な同性愛というものが、ある。

極めて人間的な、行為の一つに、同性愛という、行為があるのだ。

同性愛の形態やそれに対する態度は文化によってさまざまである。現代の「同性愛」は十九世紀以前の西欧文化によってつくられたもので、絶対的なものではない。古代や非西欧社会の形態を理解するのに、ギルバート・ハートは「同性愛のカルチャー研究」でそれを三つの関係によって分類している。年齢によって構造化された関係、ジェンダー転換的関係、特殊な役割によって構造化された関係、である。
海野弘

年齢構造化された、社会では、成人への通過儀礼として、同性愛が、認められる。
少年と、年長の青年との関係であり、子供を大人にするための、教育を含む。

パプア・ニューギニアの、ザンビア族では、七歳から、十歳の間に、はじまる。少年は、イニシエーション儀礼を受けて、秘密結社の仲間入りをする。

古代社会では、年齢グレード制は、かなり多く行われていたようである。

ジェンダー転換的関係は、同性の相手に、異性の役割を強制するものである。

そして、特殊な、役割による、構造化された関係である。
それは、ある特定な役割が、同性愛行為に至るものである。

古代において、宗教的団体が、寺院売春を、行った例などである。
宗教的奉仕としての、売春である。
また、役割としての、同性愛行為は、演劇などとの、関連が多い。
要するに、女装である。
更に、生活の中でも、女になるというもの。

日本では、年齢によって、構造化された部類に入る。

寺院での、稚児や、武家社会での、小姓である。
一応は、少年愛であるが、完全な同性愛行為と、いえるのかは、疑問である。

異性愛行為の、代償としての、稚児や、小姓ということも、いえる。

世阿弥などは、足利義満によって、寵愛され、能を大成させた。

ホメロス時代の、ギリシャ、古代中国、古代朝鮮も、そうである。

古代ギリシャの、少年愛は、ルネサンス期のイタリアで、復活したといわれる。

ギリシャの、同性愛は、ドーリア人が、軍隊組織の中で、発達させたという。

古代ギリシャとは、ホメロスの、英雄叙事詩が出来た、前800年から700年から、紀元六世紀頃までである。

その中でも、分割すると、ペルシャ帝国の攻撃を、打ち破った時期、アルカイック期、その後の、古典期、そして、マケドニア王国に、占領されて、終わる。
古典期が、最も、都市国家が、栄えた時期である。

それからは、アレキサンダー大王が、東方に至る遠征で、巨大な帝国を築いた。
そこで、ギリシャ文化を広めた、ヘレニズム期である。

そして、前146年、ローマがギリシャを合併して、ローマ期に入る。

紀元五世紀に、西ローマが滅び、東ローマ帝国に、ギリシャ文化が継承され、ビザンチン期に、入る。

更に、キリスト教文化に、呑み込まれてゆくのである。

ギリシャ民族は、大きく三つに、分けられる。
ドーリア人、アイオリス人、イオニア人である。

同性愛は、クレタから、スパルタにかけての、南西部の、ドーリア人が、もたらしたといわれる。

ギリシャにおける肉体の発見、裸の肉体の動きとバランス、プロポーションの美しさの発見は、新しい人間の発見、個人としての人間の発見であった。それは前七世紀から前六世紀に劇的にあらわれる。
海野弘

同性愛も、その時期に、愛として、明確に姿を現すのである。

それ以前は、性行為として、あったとしても、精神的、愛という、ものではなかったようである。

ギリシャの愛は、少年愛が、中心である。
12歳から、20歳に至るまでの間、年上の男が愛するのである。

一人一人の個性がはっきりしてくると、個人と個人の間の特別な関係「愛」が生まれる。
海野弘

古代、人は、明確な個人の意識というものを、持たなかったといえる。
集団の中にある、それに内包されている。それが、個という意識に目覚めたとき、個人の意思である、精神が、芽生える。

個人が個人を意識するという、意識革命である。

そこに、はじめて、愛という、情緒を伴う精神活動が、生ずる。

幼児が、自我意識に目覚めて、個性を発揮してくるのに、似ている。

その時、隣にいた、相手を、意識する。
男が、他の男を意識する。
そこに、同性愛の萌芽が起こる。

それは、人間の進化である。

起こるべくして、起こった、目覚めである。




posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。