2009年06月01日

性について 101

同性愛の病因をめぐる今日の科学理論で、社会的寛容がその発生を決定することを示唆するものは皆無である。純粋に生物学的な理論でさえ、「同性愛はいかなる条件においても、またいかに好条件を得ても、少数派の嗜好にすぎないであろう」とする点で軌を一にしている。
ジョン

性的特異行動とは、色々ある。
禁欲や、自己犠牲なとも、そうだ。
しかし、それらは、特異行動だが、社会に害を、もたらすことはなく、逆に、賞賛されることもある。

また、同性愛を、認めると、社会は、衰退する。つまり、生殖を伴わないからと、いう者もいるが、全く、それは、誤りである。

ジョンは、
さらに、同性愛の欲望のために個人またはもろもろの集団が生殖にあずからぬようになると推測する強固な理由はない。
と、言う。


同性愛の行動と異性愛の行動は排除し合うとする一般の考えを支持する証拠はなく、多くのデータはその逆を示唆している。

ゲイ・ピープルが結婚し子供を作る率はゲイではないひとびとの場合よりも低いと期待されるのは、近代産業国家のようにエロスのエネルギーは一生にわたる合法的配偶者にもっぱら向けられるべきだとする社会においてのみであろう。そして、そうした文化社会においてすらゲイ・ピープル人口のかなりの割合がーーーことによると大多数がーーー事実結婚し子供を作っている。
ジョン

オスカー・ワイルドが、ゲイであり、男の恋人がいたことは、知られているが、彼が、夫であり、父であったことに、気づいているものは、稀である。

ゲイ、同性愛ということの、事実が、彼ら、同性愛者を、特異な存在にするという、社会的、認識である。

ジョンの、反論は、ただ、同性愛であるということで、他の、多くの、多数派と同じ、側面を無視することは、できないという。

この、膨大な論文は、ゲイ擁護の立場にたって、論評している。

次に、
同性愛に対する不寛容さを説明するためにもと出されるかもしれぬ第二の脅威はその「不自然さ」に関連する。
と、言う。

だが、人間社会が、ゲイに対して、敵意ある反応を示すのは、彼らの、好みが、本来、不自然だからであろうか、となる。

ジョンは、この、自然、不自然ということについても、多くの、論評を行っている。

「自然な」「不自然な」という言葉の意味は、それらの言葉が関連する、自然の概念に応じて、変化するものだと、提案している。

そして、
自然のいくつかの概念は主として「現実的」ということである。
と、言う。

自然界、およびそれを観察することに関連するのである。

自然は、あるものの、特性ないし本質といってもよい。例えば、愛の自然、人間の自然など、である。

不自然なという言葉は、この概念に対立するものとして、そうしない者は、不自然である、となるのである。

更に、広い意味で、観察できる世界の、すべての自然である。
その意味の反対語として、不自然である、というのは、科学的に観察できる、世界の一部をなさないもの、つまり、幽霊や奇跡に当てはまる。

「自然」および「不自然」の「現実的」カテゴリーはひどくあいまいに使用されているが、比較的「現実的な」「自然」観から見ても同性愛は「不自然」であるとする確信の底流をなす主要な仮説に触れてよいと思う。そのなかで新しいほうの仮説、つまり、本来生殖に関わらない行動は進化論的な意味で「不自然」であるという考えをゲイ・ピープルに適応するのはおそらく不正確である。ともあれ、禁欲を理想化した古代社会にあって、あるいはマスターベーションを完全に「自然」であると考える現代社会にあって、生殖に関わらぬということがゲイ・ピープルに対する反感を誘発するとはまず考えられない。そもそもこうしたひとびとが結局は生殖に成功しているという点は同性愛の行動と変わらないのだから。この反対論は明らかに偏見の原因というよりむしろその正当化である。
ジョン

更に、同性愛は、動物には、見られないという、仮設である。

しかし、それは、誤りである。
動物の、同性愛行動は、野生状態かどうかを問わず、種々の動物について、観察されている。

更に、多くの動物の同性愛行動が、不自然だと、考える者は、いない。逆に、それが、自然の一部と、みなされているのである。

だから、
人間が同性愛の欲望や行動を示す唯一の種であるとしても、そのことはそうした欲望や行動を「不自然」として分類する理由とはならぬであろう。
ということになる。

同性愛が、自然に、反する行為ということは、全く、お門違いの話である。
更に、特異行動でもなく、それは、ある意味、自然な行為でもある。

人間のエロスは、百人百様である。

成人した人間の、性行動に関しては、その本人の、責任の範囲にあるものであり、他の誰もが、介入できないものである。

人の、ベッドを覗き見するという、下品な行為は、宗教の、得意とするところである。

更に、ジョンの、自然についての、論述を見ることにする。




posted by 天山 at 00:00| 性について2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。