2009年05月08日

性について 78

免疫機構―――生物としてヒトの「認識」は、外部の非自己との関係で自己を決めるのではなく、自己の内部に「差異」を認めることによって決められるものなのである。あくまでも「自己」の問題なのだ。
大島清 世紀末の病

このように、自己の中に、非自己というものを、見る視点、内と外という、考え方は、20世紀後半になり、数学、言語学、文学、人類学など、あらゆる分野に、起こったという。

自己とは、何かと、問うときに、文学では、自己とは、外の世界というものの別名であるという、考え方をするようになった。

つまり、外の世界は、内なる自己を、写す鏡であるというのである。

更に、いえば、外の世界は、われわれ自身であるということになる。

それを、更に飛躍させれば、外の出来事を、内的必然と感じる時、人は、生きる力を、得るという、考え方も出てくる。

自己を内側、非自己を外側と、明確に区別して、考えることが、できないということになり、それは、非常に曖昧になる。

免疫機構の、自己とは、非自己に対する、自己ではない。
免疫機構が、自己と認めたものが、自己であり、認めないものが、非自己である。
そして、免疫が、寛容性を持つということは、免疫機構の、自己と非自己との、区別が、曖昧であるということである。

免疫的自己とは、その場その場で、変動するものであり、生物は、実に曖昧な、自己という性質を持つということ。

これが、体の中で行われる、免疫システムである。

在って在るべきもの。
どんな世界の言葉でも、表現できる、免疫システムである。

面白い提言を、大島清氏が、言う

・ ・・実際に、私たちの器官、たとえば腸管には、十数億年来の進化の歴史を持つバクテリアとは共存しているし、さらに微細な細胞内に眼を転じるとき、健康な人の正常な細胞にも、ガンを引き起こす遺伝子が次つぎに見つかっているのだ。細胞というもっとも根源的な「自己」の内部に、ガン遺伝子という「非自己」が共存しているなら、自己とはいったい何なのか。
・ である。

100種類もあるという、ガン遺伝子のうち、20数種類のガン遺伝子が、健康な人の細胞で、見つかっている。
それが、何らかの理由で、活性化されると、発ガン性物質によって、突然変異する。
その、細胞の増殖を促す、物質が、正常細胞の、何十倍も大量に作られて、更に、細胞分裂により、正常な組織を破戒し、体を占領する。

そのような、危険な、遺伝子と、何故、共存するのか。
それは、発生、分化、増殖という、プロセスに、ガン遺伝子に代表される、レトロウイルスが、大きな役割を担うからである。

その、働きを借りて、人間は、繁殖してきたのである。

体内の、赤ん坊が、発育するとき、特に、このガン遺伝子が、大きな役割を、担う。
ここまでになると、専門的になるので、省略する。

さて、人の体には、およそ、60兆個の細胞があり、一つ一つに、体の、設計図である、遺伝子セットがある。だが、一つだけ、例外があり、それが、免疫を担う、リンパ球である。

リンパ球の中の、B細胞は、細胞ごとに、遺伝子の形成が異なる。
一個の、B細胞は、一種類だけの、抗体を作る。
その遺伝子が、一つ一つ異なり、数万通りの、組み合わせがある。
要するに、数万通りの、異物に対して、特異的に、対処反応できるということ。

ただし、この免疫システムが、外からの異物ではなく、自己そのものである、内なる異物にも、向けられるのである。
それが、不思議であり、難しいのである。

エイズは、このように、広く免疫システムを、破壊する、恐ろしいウイルスであるということだ。
では、レトロ型の、エイズウイルスが、どこから、来たのかということである。

1983年、カリフォルニア霊長類研究センターが、世界最初の、サルエイズウイルス発生報告が、ランセット誌に、掲載された。

それには、同センターでの、サルエイズ発生は、1969年に、さかのぼるという。
その後の、六年間で、アカゲザル42頭が、悪性リンパ腫によって、死んでいる。
つづく、二年間では、ベニガオザル郡で、54頭のうち、44頭が、死んでいる。
そして、ベニガオザルの、檻に隣接した檻の、アカゲザル110頭のうち、22頭が、明らかに、エイズとみなされる病気で、死んだ。

1981年に、同センターは、感染実験に踏み切った。
エイズの発生した、アカゲザルの檻に、9頭を残し、55頭を加えた。
結果は、15ヶ月で、24頭が、死んだ。

また、1992年、マレー半島の、ブタオザルが、エイズに感染したことが、確認された。

これにより、人間が、エイズに感染するより、以前に、サルの間で、エイズが、流行していたことが、分かったのである。

1981年に、人のエイズ発生が、報道されることで、それまで、原因不明だった、サルの疫病が、SAIDS、セイズ、サルのエイズと、命名された。

だが、サルのエイズは、人のエイズウイルスである、HIVとは、異なるウイルスだった。

サルと、人のエイズウイルスは、ウイルス粒子の核酸や、たんぱく質が、わずかに、異なるというものだった。

その後、アフリカの、ミドリザルから見つかった、サルエイズウイルスが、最も、人間に近い、エイズウイルスだったことが、確認された。

アフリカ原産の、サルに、より人に近い、エイズウイルスが、見出されたことにより、エイズ起源のアフリカ説が、有力になったのである。





posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。