2009年04月10日

性について 60

マルチプル・オーガズムを身につけた男性は、回復期を必要としないまま、二回以上、続けてオーガズムを得ることができます。オーガズムとオーガズムの間に、ペニスが刺激に反応しにくくなる「無反応期」はありません。一度オーガズムに達しても、ペニスは勃起したままです。つまり、オーガズムとオーガズムの間も、女性の体にペニスを挿入したままでいることができるのです。一般の男性と違って、マルチプル・オーガズムを身につけた男性はオーガズムに達したあとも、ペニスの勃起状態を保つことができます。そのまま、二度、三度、四度と、休むことなくオーガズムを得ることができます。
バーバラ

つまり、日本の男達が、言うところの、抜かずの、何とかであるが、それとは、基本的に違うことは、意識するものと、無意識のものの違いである。

一度は、そういうこともあったが、それ以後は無いとか、時々出来るというものではなく、マルチプル・オーガズムとは、意識的に出来るということである。

PC筋の、訓練も、生まれつき、強く、無意識に、そのようになっている人、つまり、生まれつきの男もいる。
しかし、それも、放置しておけば、若い頃の、何とかで、終わる。

江戸時代の、医学者、貝原益軒は、接して漏らさずといったが、それは、接しても、射精しないことだというのである。
それは、マルチプル・オーガズムに近いが、それを、何度も繰り返し出来るとは、言わなかった。

例えば、50も、年を過ぎると、射精による、肉体の疲労が大きいので、接して楽しむ程度にして、射精をしない楽しみ方もあるという、考えである。

それは、それで、正しい。

以前に書いたが、勃起を楽しみ、何度かに、一度の、射精をする、マスターベーションというものが、ある程度の、年齢の男の、楽しみ方だと、言った。

それは、摩擦の、快感を楽しみ、何度かに、一度の射精で、射精感覚を楽しむという、マスターベーションの、奥義である。

勿論、マスターベーションでなくとも、相手との、セックスでもよい。

だが、このマルチプル・オーガズムというのは、それとは、根本的に違うということである。

バーバラも、そのことは、認めている。

男性の中には、とりわけ若者の中には、トレーニングも積まずにマルチプル・オーガズムに達することが可能な人もいます。彼らは、ごく、自然にマルチプル・オーガズムを経験できるのです。生理的にそれが可能だ、というわけです。オーガズムに達しても勃起状態を失わない場合もあれば、すぐに勃起状態が復活する場合もありますが、とにかく、肉体の結合状態をほとんど中断させることなく、セックスを続けることができます。
バーバラ

要するに、生まれつき、である。
しかし、それを、いつも、やれといわれても、出来ないのである。
更に、偶然出来たという場合もある。

そして、その多くは、感度が、鈍くなっているのである。
ただ、セックスに強いというだけである。
そして、それは、いつまでも、続かない。年齢と共に、落ちてゆくのである。

マルチプル・オーガズムに達する秘訣はごく簡単なことです。つまり、射精をしないでオーガズムを迎えればいいわけです。そうです。射精をしないで、完全なオーガズムにーー
二度、三度とーーー達するのです。射精しないのですから、無反応期もありません。勃起状態もそこなわれません。自分の意志で、オーガズムと同時に射精をしようと決めるまで、いつまでもセックスを続けることができます。
バーバラ

普通、男の、オーガズムは、射精感覚であると、考えている人には、理解できない。
その二つは、切っても切れないものだと、考えている。また、信じているのである。

ところが、そうではないのです。信じがたいことだとは思いますが、セックス・セラピストの大部分は、男性のオーガズムと射精はまったく別のことがらだ、と考えています。
バーバラ

射精欲が、強い若者ならば、信じられないことだろうが、ある程度の年齢を、重ねると、それが、理解できるようになる。

更に、生理学的に見ると、実は、それは、全く別のことで、射精しなくても、完全なオーガズムを迎えることが、可能なのである。

高度な、テクッニクではない。
脳である。
オーガズムを感じるのは、脳なのである。

そのために、肉体を、鍛えるのである。
正に、セックス革命である。

男の、性欲の激しい時期は、思春期である。
それは、単に排泄欲でもある。
射精感覚というより、排泄感覚の射精なのである。

そして、生涯に渡り、射精を、排泄感覚であると、思い続けている男もいる。

人間の、進化による、大脳化というのは、とてつもなく、限りない、可能性を、持つようになった。

脳と、切り離して、快感とか、快楽とかは、無い。
感じる部位は、脳なのである。
他の体の部位は、脳が、感じるためにある、出先機関である。

例えば、性的快感を感じ取る、脳の部位の、横には、食欲、満腹を感じる部位があり、逆の隣には、足先の感覚を受け取る部位がある。

性的快楽を得られない人が、食べ物に走るのは、知られている。
更に、性的快感を、得るために、足先への、愛撫の効果があることが、知られている。

以前に書いた、脳と、性のあり方を、参照して欲しい。

結局、快感神経は、すべて、脳に集約されて、快感と、認識するのである。

ちなみに、その働きを破壊された人や、その働きが、狂った人は、射精感覚を、拒絶するのである。

普通の人が、快感である、射精感覚が、苦痛であるという人を、私は、知っている。
それは、脳の一部の、損傷である。

まだまた、レッスンは、続く。



posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。