2009年04月07日

ヤンゴンへ 7

ヤンゴンのダウンタウンの比較的大きな通りでは、どこでも、路上で物売りがいる。
何から、何まで、売っている。
面白いのは、電話を掛けることの出来る店まである。
国際電話は、掛けられない。国内専用である。

私は、ほとんどを、路上の物売りから、買った。
特に、果物である。どれも、これも、美味しい。
コータは、すいかを食べて、当たったが、私は、全然平気だった。

また、路上での、屋台では、ほとんどの物が食べられる。
麺類は、様々な種類がある。
目の前で、それを、用意してくれる。
ただし、あまり、お勧めできないのは、実に、不衛生なのである。
しかし、それが、当たり前なので、何のことは無い。日本の衛生観念を、失うとよい。

ただし、注意は必要である。
様々な、細菌が溢れている。
今、最も、恐いのは、新型インフルエンザである。私は、予防用に、新しい薬を、持参していった。使用することは、なかったが、持っているだけで、安心した。
コータは、タミフルを、十錠、病院から貰ってきた。

二日目の夜の食事を、私たちは、近くの日本料理屋で、食べることにした。
意外なことに、日本料理の店が多いのである。

さて、どんなものかと、出掛けた。
名前は書かないでおく。

暖簾のかかる店である。
店内も日本風にしてある。

一つ一つの部屋の前にも、暖簾がかかっている。
その一つに、案内された。
従業員は、ビルマの人である。

やや不安定な、日本語であるが、対応も、日本語である。

メニューには、寿司をはじめ、多くの日本的料理がある。
だが、その値段は、高い。

料金を見て、私は、マーボー豆腐定食にした。コータは、鶏肉のソテー定食である。
日本料理屋に来た意味がないようだが、味付けは、日本的である。

支払いの時に、その額は、それ以上の額になった。
つまり、税金と、サービス料が、加算される。

一万チャット近くになった。
つまり、千円である。
ミャンマーでは、非常に高い料金だ。特に、私たちには、である。

女の店員に、尋ねた。
地元の人も、来ますか
はい、来ます
日本人も
日本人も、沢山来ます
と言う。

屋台で、食べると、その十分の一の価格であるから、どんなに、それが、高いのかが解る。

店を出て、ゆっくり歩いて、ホテルに戻る。
路上では、屋台が盛んである。

ある場所に来ると、人だかりである。
私たちも、足を止めた。
どうしたのかと、見ていた。

一人の、ジュース売りの、インド系のおばさんが、何やら、大声で、怒鳴っていた。
一旦、騒ぎが収まったようであるが、おばさんは、興奮が冷めないようである。

コータが、近くの、物売りの若い女に、英語で、声をかけた。
すると、向こうも、英語で、答える。
男同士の喧嘩があり、それを、おばさんが、止めに入ったと言う。

一人の男が、おばさんに、何か言った。すると、おばさんは、また怒鳴り声を上げた。すると、その男は、手錠をポケットから、取り出して、おばさんを、殴りかかりそうになった。と、一人の男が、それを、止めた。

驚いた。
手錠で、殴るという行為である。

私のビルマに対する、イメージが、変わった。
決して、穏やかで、優しい人たちではない。

この街の人々の表情を見ていると、いつも、一発触発なのである。
いつ、何が起きても、おかしくないほど、皆、苛立ちがあるように、見える。
何かに、苛立っているのである。

インド系と、中国系の人が多いが、ビルマ人も、大勢いるはずである。

ビルマというのは、ビルマ人の国ということである。
それが、軍事政権になり、ミャンマーと、国名を、変えた。
要するに、ビルマ人だけではなく、多くの民族がいるということだ。

未だに、赤カレン族たちは、反政府活動を繰り返して、武力闘争を、行っている、地域もある。

それは、以前は、色々な部族があったが、軍事政権が、武力で制圧したり、また、懐柔したりして、今は、一つのみ、残っている。

何かで、締め付けておかなければ、国民が、めちゃくちゃになるということも、有り得る国なのである。
それが、今は、軍である。だが、それをいいことに、独裁政権である。

アウナサン・スチーさんが、先頭に立ち、民主化を求めてから、15年が過ぎる。
民主化は、全く、可能性が立たない状態である。

ヤンゴンでは、第二の民主化運動を、求める声がある。

つまり、それは、アウンサン・スチーさんとは、別の動きである。

以下、私が、聞いた話である。

アウンサン・スチーさんを、支援していたが、彼女は、政権を批判し、すべて、政権に対して、否定する。歩みよりも無い。
政権は、実に悪いが、それでは、アウンサン・スチーさんが良いかといえば、それも、違う。

国民は、5年待った。しかし、何も変わらない。
そして、10年待った。それでも、何も変わらない。
今、15年を経た。それでも、何も変わらない。
もう、国民は、食べて行けない。

軍政府も悪いし、アウンサン・スチーさんも、期待出来ないのである。

共に、足りないものは、経済感覚である。
全く、両者は、経済というものを、理解していない。
今、世界は、経済によって、結ばれている。それに、参加出来ないでいる。
それが、問題である。

ちなみに、ミャンマー軍政を、後押ししているのは、中国である。

私の、実感として、ミャンマーは、果物などが、豊富である。それを、輸出して、外貨を稼ぐことが、考えられないのかと思う。

だが、軍政は、売春を、見て見ない振りをして、外貨を稼ぐ。

そこで、売春の実態を紹介する。
これは、タイで、出版されている、ある雑誌のからの、情報を元に書く。

私は、マッサージをしたいと思ったが、その大半が、ピンク系である。売春がついている。
真っ当なマッサージを受けるとしたら、高級ホテルに、併設されている、マッサージ店に行くべきなのである。しかし、それは、価格が高い。
だが、恐るべきは、そんなホテルでも、売春が、軽々と出来るシステムがある。




posted by 天山 at 00:00| ヤンゴンへ 平成21年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。