2009年04月06日

ヤンゴンへ 6

昨年五月、巨大サイクロンが、ミャンマー南部、特にヤンゴン付近を襲った。

死者、行方不明者、14万人という、未曾有の被害をもたらした。
生き残りの住民も、多くは、家を失い、何もかも、すべて失った人も多い。

しかし、ミャンマー政権、軍事政権は、何も事を起こさないばかりか、海外からの支援も、入国を許さないという。
南部のデルタ地帯では、今も、井戸もなく、水道も勿論なく、雨水や、池の水を飲む。

それだけではない。
食べ物が無い。
絶望的な状態にある。

ヤンゴン近郊の、サイクロン被害の大きかった場所に行くと、辺り一面は、秋枯れの風景が広がり、ここで、何を食べているのかと、非常に気になった。

政権は、復旧のメドは立ったと、発表したが、それは、単なる世界に向けたパーフォーマンスの言葉。何もしていない。
ただ、市内の被害を受けた所が、自主的に、復興しただけのこと。

私が、二つ目に泊まったホテルも、被害は、酷かったという。
屋根が飛ばされて、表面の、ガラスが、すべて割れた。
建物が、ゆらゆらと、揺れるほどの風だったという。

宿泊客が、比較的少なく、皆、一階に集まり、事の推移を見守っていたという。
落ち着いたかと思うと、更に激しい風が、襲ってきたという。

ただ、ただ、過ぎるのを、待つしかなかった。

であるから、川沿いの、漁師たちの家は、皆、破壊され、流されたという。
私が、支援に行きたかった場所である。

市内でも、被害は、大きかった。

ホテルの社長から聞いた話を、まとめて、書くことにする。

私たちも、グループを作り、支援の手伝いを始めたという。

資金や、食料などを、被災地に持参したという。
だが、それを、続けるうちに、気づくことがあった。
このまま、支援を続けていると、相手側が、駄目になる。

漁師には、船と、網を与えることが必要であり、農民には、牛と、耕す機会を与えるべきだと。そうでないと、彼らは、仕事が出来ず、ただ、貰う生活になってしまう。

支援のあり方を、考えるようになったという。

着のみ、着のままである。
何も無い。
藁と、椰子の葉を使い、簡易の家を作る人は、まだ、いい。それらすら、手に入らない人もいる。

ほとんど、すべてを失った村は、呆然として、何も手につかない状態になった。

そこで、悪い奴らが、登場した。
憐れみ商売である。

特に、欧米人の、寄付や支援など、考えていない観光客の、ツアーに、そのような、すべてを失った村を見せて、憐れみを乞い、寄付を募るという商売である。
その場で、寄付を集める。そして、それを、そのまま、自分の懐に入れる者。

甚だしい者は、わざわざ、村人に、別の場所に建てた、質素な小屋にいてもらい、それを、見せて、金を得る者も、出たというから、驚く。

私が会った、インド系の社長は、即座に、私たちの活動を、商売に結び付けようとした。
次からは、すべて、俺が手配して、ツアーを作ると。

そのために、高僧の存在まで、使い、私たちの、信用を得たかったのか。
それにしても、高僧が言った、政府の許可書を、見たかったと、思う。
ヤクザの組長のような、高僧である。

寺なども、市内の寺は、タンブンが多く集まり、何の心配もないが、その近郊や、デルタ地帯の寺は、タンブンする人もなく、荒れたままになっている寺もある。

更に、疑問に思ったことは、警察が来るというが、市内なら解るが、近郊や、デルタ地帯に、警察が、すぐに駆けつけるだろうかということだ。

人が集まると、警察が駆けつける。特に、外国人が人を集めると、それは、大変なことになる。

確かに、私は、私服の警官というか、政府筋の男を見た。
手錠を持っていた。
市内では、至るところに、そういう、隠れ警察というか、憲兵のような者がいるかもしれないと、思う。

しかし、市内から、外れた、秋枯れの風景が広がる、あの場所にも、警察は、来るのだろうか。
今度は、俺が、支援ツアーを手配するという、インド人の男である。
何か、抜け道があるのだ。
政府の許可というのも、こけおどしのような、気がするのである。

ただ、日本語を話す社長は、矢張り、注目を集めるような行動は、控えた方がいいと言う。

例えば、私が、長井さんが、亡くなった通りで、多くの犠牲者のために、慰霊を行いたいと言うと、花などは、置かずに、ただ、黙祷するのであれば、いいでしょうと、言った。目立つ行為は、警察に、尋問され、その場を解散させられると、言う。

長井さんの、家族も、通りで、花を手向けて、手を合わせると、人々が集い、即刻、中止させられたという。

ミャマンーでは、大半の海外からのボランティア活動が、中止に追い込まれた。
建物を建てた団体も、政府に没収されて、自然消滅したという。

ユニセフや、私設のボランティア団体も存在するが、正規ルートを経てのものである。
それさえも、不確かである。

日本には、社団法人日本ミャンマー協会がある。
そこでは、サイクロン被害の、義捐金を募り、それを、確実に届けるために、ミャンマーの事情に詳しい、ミャンマー日本友好協会を通して、支援を、行っている。

何事も、手渡しが、原則である。

間違って、政府筋の人間を通すと、必ず、搾取される。
望外な、中間手数料などを、取られる場合もある。

兎に角、一筋縄ではいかない、ミャンマーの支援活動である。

ちなみに、ミャンマーと、カンボジアは、国連で、世界最大の最貧国として、位置づけられている。



posted by 天山 at 00:00| ヤンゴンへ 平成21年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。