2009年01月18日

神仏は妄想である 209

釈迦牟尼が人々に伝えようとした事柄は既存のバラモン教の教義とは余りに違う内容をもっていましたから、釈尊御自身もそれを他の人に伝えることを躊躇われたという言い伝えがある程です。人間は一旦頭や心の中に知識や考え方を形成してしまうと、現実の状況が大きく変化しない限り、それまでの知識や考え方と全く異なる情報を拒否しようとする性質をもっているのです。
藤見紀雄

バラモンから、ヒンドゥーへと、受継がれて、今もそれが、残っている最大の、カースト制について、仏陀は、真っ向から、否定する考え方を得た。
それが、平等である。

生まれながらに、人間が差別されることはない。人は、行為によって、成るものになるのである。
それである。

バラモンの教えは、当時の人の常識であるから、当然、仏陀の考えたもの、見出したものは、拒否される可能性が、高い。高過ぎるのである。

仏陀は、それを躊躇した。
それは、経典では、梵天が、現れて、説教せよと、仏陀に言ったことになっているが、創作である。
梵天とは、魔界のモノである。
それからして、経典は、創作の産物であることが、解る。

釈迦仏陀は、空というものを、発見したと、藤見氏は言うが、果たして、そうなのかは、明確ではない。ただ、仏陀によって、空の思想が、触発されて、生まれたと、考えることは出来る。

その理由は、
仏教の経典は最初はパーリー語によって記述され、その後、サンスクリット語に書き改められたと伝えられています。しかし何分にも最初の経典が作成されたのは釈尊がこの世を去られてから四百年も五百年も経った後のことでしたから、古くからの文字として遺されている資料にさえも釈尊が否定されたはずのバラモン教の教義などが何時の間にか混じり込んでしまっているように思われます。
藤見

バラモンの教えも、当然に混じるはずである。

不立文字という言葉があるが、これは、言わず語らずという意味ではない。
言葉にして、伝えることが、出来ないという意味でもない。

要するに、それぞれの地域や、それぞれの時代に合わせて、明確な概念が伝えられなければならないという意味である。

禅は、不立文字と、言っても、語るは、語るは、一番、煩いくらいに、文字にしているのである。
アレは、上記とは、別物である。

単なる、格好つけである。
語りきれないものがあると、嘯いているのである。

そして、最も、曖昧な、悟りというものを、目指しているという、お馬鹿さである。

禅の、修行者に、自殺者が多いということは、あまり知られていない。
何年座っても、悟れないと、嘆いての、自殺であるから、やり切れない。
そんなものは、あまりせんよと、誰かが、言えば済むことなのであるが、誰も言わない。

ただ、その行為の中に、悟りと、表現する姿があるということ。
悟り、悟ったという、お化けは、この世にも、あの世にも、無い。

悟ったと、言う者は、精神を病んでいるのである。

仏陀は、ただ、観たのである。
何物も、掴めないということを。
この世のものは、何も、つかむことが出来ない。

それは、空気を掴むのに、似る。
空気は、あるのだが、では、空気を掴めといわれると、掴めないということを、仏陀は、観たのである。

空気は、確実にあるのに、それを、掴むことが、出来ないのは、何故か。それでは、人間の生も、死も、掴むことは、出来ない。
老いも、病も、掴むことが、出来ない。

アララっ、何一つ、掴むことが出来ないものに、右往左往して、生きている。
そんな、暇なことを、考えて、更に、観た。

皆、掴めないのであると。

更に、確実なことは、地面に足をつけているということだけ。しかし、その地面も、何時、如何なることで、崩れるかもしれない。
アララッ、どうしましょう。

本当に、阪神大震災の時、皆々、まさかと思ったと言う。
新潟の地震の際も、まさかと、思ったと言う。
皆、起こってから、まさかと、思ったという。

そして、気づいた時は、家は流されて、村は、陥没して、アララッである。
更に、人生、何もかも、失ったと思う人もいる。

何一つ、決定していることは、無い。
仏陀は、それを、観た。

要するに、現実というものを、観た。

そこで、藤見氏は、

では何が釈迦牟尼の思想の根幹であったかというと教義の全ては「諸悪莫作衆奉行」という倫理観から出発しているのです。
と、言う。

悪を行わず、善を行うことである。

実に、簡単明瞭である。

ところが、暇な人がいて、悪とは、何か、善とは何かと、考える。結果、膨大な、仏教経典が、出来た。
もっと言えば、行うとは、何か。
そして、どのように行うか。
行う時の心は、どうするのだ。
とやれば、キリが無くなる議論になる。

あの、糞暑い、南インドで、竜樹は、暑さのために、頭をやられて、とんでもない、提言をはじめたのである。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。