2009年01月16日

神仏は妄想である 207

般若心経について、書く前に、確認しておきたいことがある。

インド人は、ゼロという数を発見した、民族である。
その、ゼロの発見で、数学というものが、飛躍的に発展したこと。
そして、その、ゼロという言葉は、空という言葉と、同じであるということ。

さて、空とは、無ではないと、書いた。
無とは、有に対する、対立したものである。
空と、無とは、一緒ではないこと。

であるから、中国思想の、無の思想と、ごちゃごちゃにしないこと。
中国思想の、無の思想は、別物である。

それが、禅宗によって、曖昧になり、老荘思想によって、解釈されるという、仰天を起こしてしまい、老荘思想の、禅思想ということにまで、至り、今は、もう、整理のし様がないほどになっている。

禅なのか、老荘思想なのか、解らないということである。

更に、老荘思想は、日本人の自然観というもの、更に、自然感覚というものを、おおきく、捻じ曲げてしまったということも、言っておく。

漢籍によって、大きな知的刺激を受けたが、冷静に、日本の心というものを、考えると、老荘思想など、物の数ではない。

信濃なる 千曲の川の さざれ石 君踏みては 玉とひろわん
万葉集

この、一つの、歌で、老荘の自然観というものは、超える。

頭で、捏ね繰り回した、言葉遊びは、日本には無い。
物があり、人があり、そして、心が、あった。
言葉だけが、単独にあるような、思想というものは、日本には、無い。

ちなみに、釈迦仏陀も、頭で、捏ね繰り回した説教を繰り返したのではない。

更に、これから死に行く人に、般若という、知恵の空を、語った訳ではない。

元々釈迦牟尼の思想というのは雲の上の思想でもなく、神秘的な思想でもなく、線香の匂いのする思想でもありません。極めて現実的な人々の福利が永続的に保障された社会を建設するための提言です。
藤見紀雄 般若心経の思想

更に、付け加えれば、霊能者たちが、読経して、霊を出したり、霊を払ったりするようなものでもない。

更に、ハウツー物で、理解して、般若心経とは、などという、甘いものでもない。

勿論、誰が、どのように、それを、解釈しようと、勝手である。
しかし、それは、その人のことであり、その人の、問題意識であり、その人のみに、言えることで、他の人には、全く意味の無いということもある。

空が、縁起であり、中道であるとは、数学のゼロの意識である。
すべては、ゼロが、基点になったのである。

般若心経を、理解するもっとも良い手立ては、数学を、学べばよい。

それから、もう一つ、余計なことを、言えば、解らないものは、解らないでよいのである。
解った振りをするのが、一番悪い。
空も、無も、解らないのであれば、解らなくていい。
それでも、死ぬ時は、死ぬ。

それから、真理などという、化け物は、この世にも、あの世にも無い。

ただ、あえて言えば、この世も、あの世も、進化だけがある。
進化が、真理だといえるのかと、問われれば、私は、知らない。
だが、知らなくても、そのうちに死ぬ。

私が、確実に、解っていることは、確実に、死ぬということだけである。

後は、死ぬまでの、暇潰しをしていると、それだけである。

先の、藤見さんが書く。
「般若」という思想は先に、「空」という言葉の概念を理解しなければ納得することのできない思想だからです。つまり、「空」の理解は「般若」を理解するための必要条件だということです。

般若心経の「空」というのは「情報」と大きな関わりをもっています。いや「情報」というものがなければ般若心経でいう「空」は存在しないのです。
藤見

このように、般若心経を、見た人を知らない。
今までは、へんちくりんな、言葉遊びに始終するものばかりであった。

例えば、もっとも、理解しやすいような、耳障りの良い、空の説明を、抜粋する。

目に見える物質は色だ。水は太陽に照らされ、気体となって蒸発する。それは目に見えない物質だから空だ。
水から蒸発して、天高く上がっていった水蒸気は、やがて雲になる。雲が集まって、気温や気圧という条件がととのったとき、水蒸気は雨となって地上に降り注ぐ。
雨は目に見える物質だから色だ。地上の雨は集まって谷川は集まって大河となり、やがては海に帰ってゆく・・・
「うーむ。そうすると、水は色であるが空でもある。だから色は空に異ならずか。
それなら人間の肉体だって、死ぬと火葬されて灰になる。つまり空になるけれども、ふたたび空から生まれてくるんでしょうか」
「そうとも。空は水や肉体ばかりでなく、すべて形あるものの根源だ。いや、すべての生命の源だな。いうなれば空は生命の蔵だよ。

上記、誰の本かは、書かないが、この程度で、ああそうかと、思わせる、詭弁である。
よく解る、般若心経入門であるだろうが、これは、単なる精神論である。

嘘ではないが、本当でもない。
言葉の手品である。

この調子で、解説が続き、解った気になるのである。
一体、現実の世界を、何と心得ているのか、である。

何故、繰り返し、この、般若、つまり、智慧というものを、多くの人が、考え込み、様々に解釈してきたのか。

鎌倉時代に、文盲の人々に、絵を描いて、地獄の様を、教えたようなもの。

文字は、読めても、解らない人を、解った気にさせるもの。
解らないことは、解らなくていいのだという、思想、姿勢が無い。

解る者は、解説しなくても、解るのである。
話して解る人は、話さなくても、解るものである。

教えの、説得は、無用なのである。

それでは、私の姿勢は、何かと、問われれば、ゼロも、妄想であるということを、書いている。
神仏は妄想である。のである。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。