2009年01月01日

神仏は妄想である 190

インド精神史から、仏教を更に、見る。

ゴータマの死後、その教えは、諸都市の王侯、商工業者の帰依を受けて、マガダ国中心として、東部インドに伝播した。
特に、ここで、アショーカ王の絶大な援助、保護がある。

アレキサンダー大王が、西インドに侵入したのは、西暦前327年である。
諸所に、都市を建設したが、部下の将兵たちが、それ以上の行軍を拒んだだめ、王は、軍勢を引き連れて、インダス川を下り、西方に帰還して、前323年に、バビロンで、客死している。

当時、ガンジス川平原における最大勢力は、マガダ国であった。
ナンダ王朝の下にあったが、西暦前317年、同国の青年、チャンドラ・ドラグプタによって、王朝が覆された。
近隣諸国を併合して、マウリヤ王朝を創設した。
更に、西北インドから、ギリシャ人の軍事精力を一掃し、侵入してきた、シリア王、セレウコス・ニーカトールの軍隊を撃退し、インド全土を、勝伯する。
インド最初の大帝国を、築き上げるのである。

アショーカ王は、その孫である。
在位年限は、前268年から232年に渡る。

彼によって、マウリヤ王朝は、絶頂に達した。
インド史上空前の強大な、国家権力を持って、重要な、諸事業を成し遂げた。

余談であるが、インド古来からの、人生の目的は、法と、実利、愛欲と、解脱という、四つの、ものである。
この、ベースを持って、インド思想を、眺めるべきである。

アショーカ王の、政治については、省略する。
彼は、その、心情から、世界中の人間の守るべき、普遍的な法というものを確信して、法と、呼び、ゴータマの教えに帰依することになる。

戦いによって、多くの罪無き民衆、野獣を殺傷したことを、恥じた。
そこで、熱烈に、宗教的心情を吐露して、日月の存する限り、守るべき理法があるとして、国王といえども、一切の衆生からの、恩恵を受けていると、考えた。
彼は、政治は、債務の返還、それは、報恩の行為という行に他ならないと、判断した。

従来のインド人たちの、祭祀、呪術法は、無意義なものであり、仏教に帰依することを、説いた。
しかし、熱烈な仏教信徒であったが、他宗を排斥するということは、無かった。
更に、保護し、諸宗派、宗教の提携を勧めたのである。

彼は、国際的にも、理想の政治を、呼びかけて、西洋にさえも、仏教の影響を与えたのである。

その政治は、理想的なものであった。
アショーカ王の政治理念を、現代の政治家も、学ぶべきこと、多々ある。

その、アショーカ王は、仏にゆかりのある土地に、塔や、石柱を建てて、自らも、巡礼に出るほどだった。

そこで、保護された、仏教は、どのように発展したのか。

その頃の、ゴータマに対する態度は、在世中に真理を体得した覚者として、尊敬され、死後も、弟子たちの人格的感化を受けていたが、次第に、ゴータマ個人の記憶が、薄れるにつれて、独特の、仏陀観が、現れてきた。

つまり、理想化され、特別な偉人、超人であると、認識するようになる。

当時のインド人の、理想的偉人である、三十二相、八十種好の、特徴を備えた者として、認識され始める。

更に、心に、特殊な能力を持つ者、十力、四無畏、三念住、大悲の十八共仏法というものを、備えている。
現実の歴史的存在が、神格化されていった。

更に、ここに、大乗仏典などが、書く、かかる偉大な人間は、今の修行は、今のものだけではなく、過去の多数の生涯におけるものだという、仏陀の前世に関する、本生譚というものが、創作されるようになった。

それらは、元来、中央インドのガンジス川流域で、古くから民衆の間で、行われてきた、教訓的寓話であった。

それを、採用して、仏陀の前世を、創作し、前世と、結びつけて、仏陀の過去が、語られるようになるのである。

この、寓話は、一般民衆を仏教に帰依させ、道徳的にも、宗教的にも、非常に貢献したという。

仏教の隆盛と共に、仏陀本人、そして、弟子たち、聖者たちの、遺骨、遺品に対する崇拝が、盛んになる。

それらを、埋葬している場所には、塔が建ち、塔の周辺には、多数の、彫刻などが、作られた。
だが、その時は、まだ、仏像崇拝は、起こっていない。
多数の、彫刻にも、仏陀像は、彫られていない。

それらの、多くは、寄進により、商工業者と、農村の資産家が多い状態で、王族、武士、農民たちは、いない。

教団という形も、少しづつ整ってゆく。
教理を記した、経典は、説法の形をとりつつ、部分的に、編纂された。
それを、日常的に、読誦するという、行為も行われ始めた。

最も、特徴的なことは、上座部と、大衆部に、分裂することである。

仏滅後、百年後の頃、ヴァッジ族の比丘が、十事を主張し、そのため、教団の内部に、婦紛争が起こる。

十事とは、従来の戒律の細かな規定を無視して、十種の新しい規定を掲げたのである。
上座長老たちは、会議を開き、十事を、非法であると、決議した。
そして、その後、上座長老たちは、七百人の会議を、開き、経典の結集を行ったのである。

これに対して、この会議に、承服しなかった、進歩的改革派の、比丘たちが、一万人を集い、彼ら自身の結集を行った。

更に、彼らは、旧来の教団に対して、独立を宣言し、大衆部を、樹立したのである。
これが、後の、大乗仏教といわれる、ものである。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。