2008年12月22日

神仏は妄想である 188

原始仏教の団体を、サンガと称する。
サンガとは、政治的には、共和制体制であり、経済的には、組合である。

出家した、男性は、比丘、女性は、比丘尼、在家信者の男性は、優婆塞、うばそく、女性は、優婆夷、うばいと、称した。
勿論、中心は、出家者である。

ゴータマは、出家の清い自由な生活を賛美した。
在家の愛欲の生活から、離れ、独身となり、人里はなれた、大樹の下、塚の間に坐し、または、山々の洞窟に住み、静かに禅定を楽しむ。
衣服として、三衣、さんね、をまとうだけである。
飲食物、衣服を獲得して、貯蔵することを、禁じた。執着を起こすことのないようにである。

他者に対する態度は、尊重する、軽視しない、争わない、怨まない。

実にこの世において怨みにむくいるに怨みをもってしたならば、ついに怨みのやむことなし。怨みをすててこそやむ。これは永遠不変の法である。

一切の衆生に対して、慈悲の行為を、強調した。

一切の生きとし生けるものに対しても無量の慈しみのこころを起こすべし。

こういう修行を実践した修行僧は煩悩を滅ぼしつくし、憂をはなれ、心は静寂に帰し、この世をも来世をも願うことがない。
中村元

この世も、来世も、願うことなしというのである。
要するに、生まれてこなくても、いいのである。
生まれてきたことが、苦しみの元なのである。

人々は、互いに、助け合って生きるべきである。

曠野の旅の道連れのごとく、とぼしきなかよりわかち与うる人は、死せるもののあいだにあって滅びず。これは永遠の法である。

更に、階級的区別に反対し、人間平等を掲げる。

世に名とし姓として挙げられるものは、ただことばにすぎず

仏教団体は、共和制政治を、模したものであった。

史実としての、仏教教団の、あり様である。

これで、解る通り、生き方指導である。
そこには、妄想は無い。

更に、それは、ゴータマという人間にとって、必要な、生き方であったということである。

愛欲の生活から、離れない生き方もある。
インドでは、愛欲の充実を、計る、カーマスートラ、ラティマンジャリー、アナンガランガ、ラティラハスヤという、四つの、代表的な、性愛の手引書がある。

愛欲から離れる生活を、清い生活であるとは、一つの観念である。
性愛という、生き方もある。

ただし、それにも、捕らわれないことだという、説が、出るのだが。
要するに、性愛を、徹底的に楽しむが、それにも、捕らわれないのである。

20世紀にも、インドから、性愛を元にした、悟りの教えが、ピッピーを通して、アメリカ、そして世界に広がったことがある。
勿論、それ以前からも、ある。

煩悩即菩提という、へんてこりんな言葉遊びで、性愛肯定する、仏典の創作もある。

理趣経という、真言密教の、経典にも、ある。

初期、仏教の、有様を、見れば、ゴータマ・ブッダという、人間が観た、人生が、そのようであったということである。

超越した何者かを、置くのではなく、己の心に、焦点をあてて、心の平安を、説いたのである。
その言葉の多くは、インドの言葉の世界による。

彼らが、拝んだものは、仏、法、僧、である。
仏になった人、そして、法という、ダルマ、普遍的事実、そして、修行する僧である。

インド思想史を、俯瞰しつつ、法華経、更に、大乗仏典というものを、見詰めてゆくと、それらが、歴史的事実から、離れたものではないということが、分かる。
つまり、人間の生活の、文化的水準に合わせ、更に、複雑な言葉の、成り立ちにより、言語化されてゆくという、ゴータマの考え方である。

それが、記録されるという、自体になり、更に、教えが、飛躍したものになってゆくのである。

人間の創造力であり、妄想力である。

自然の中で生きていた頃の、人間と違う有様が、見えてくる。
それは、都市化である。
都市化が、人間の精神を、複雑なものに、仕立て上げる。

自然を、凌駕したかに見える時代に入ると、俄然、人間の創造力は、妄想力は、威力を発揮する。

イメージを、言語化することで、無いものが、在るもののごとくに、なってゆくのである。

精神を作るものは、言葉である。
他人に話せば、語りになり、己の中で、行えば、思考、思索になる。
言葉の世界のあり様が、精神のあり様となる。

複雑な精神は、複雑な言葉を生む。

更に、言葉が、独り歩きして、言葉による、教化がはじまる。それが、宗教である。
人間の精神活動の一つである。
すべてではない。

何にも、捕らわれてはいけないというならば、それらの言葉にも、捕らわれてはならないのである。

実は、人生を苦、として観た仏陀は、人間の大脳化、大脳の進化によるものだとは、気づかなかった。

大脳の進化が、苦と感じる根本だということである。
しかし、進化を否定することは、出来ない。
後戻り出来ないほど、人間の脳は、進化したのである。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。