2008年12月16日

もののあわれ356

桐壺には人々多く侍ひて、おどろきたるもあれば、かかるを、人々「さもたゆみなき御忍びありきかな」と、つきじろひつつ、そら寝をぞしあへる。入り給ひて臥し給へれど、寝入られず、「をかしかりつる人の様かな。女御の御おとうとたちにこそはあらめ。まだ世になれぬは、五六の君ならむかし。




桐壺、つまり、源氏の宿泊所では、女房たちが、大勢いて、目を覚ましている者もいて、源氏の朝帰りを、あんなに熱心にお出歩きですと、互いに突っつきあいながら、寝たふりをしている。
源氏は、部屋に入り、横になったが、寝付かれない。
美しい人だった。女御の妹君のいずれかであろう。まだ、初心なのは、五の君か、六の君であろう。




そちの宮の北の方、頭の中将のすさめぬ四の君などこそ、よしと聞きしか。なかなかそれならましかば、今少しをかしからまし。六は東宮に奉らむとこころざし給へるを、いとほしうもあるべいかな。わづらはしう尋ねむ程も紛らはし。さて絶えなむとは思はぬ気色なりつるを、いかなれば、言かよはすべきさまを教へずなりぬらむ」などよろづに思ふも、心のとまるなるべし。




そちの宮の、北の方、つまり右大臣の三女であり、源氏の弟の、太宰そちの宮の北の方である。その北の方と、頭の中将が、嫌う四の君などは、美しいと聞いていたが、それだったら、少し面白いと、思う。
六の君は、父大臣が、東宮に差し上げようと、希望しているので、もしそれなら、気の毒なことだ。
面倒なことだが、詮索しても、誰なのかは、解らないだろう。
あれっきり、別れてしまおうとは、思っていない様子だった。どうして、手紙をやり取りする方法を教えなかったのか、などと、色々思うのも、心挽かれてしまったからだろう。
最後は、作者の思いである。



かうやうなるにつけても、まづかのわたりの有様の、「こよなう奥まりたるはや」と、ありがたう思ひ比べられ給ふ。



こういうことにつけても、何より、藤壺の辺りであるから、何とも奥深く、近づき難いことだと、こちらと比類ないことだと、比べてみるのである。

つまり、藤壺の宮と、弘薇殿とを、比べるものである。
それにしても、色事にかけては、節操がない風情である。
エロ事師である。





その日は後宴の事ありて、紛れ暮らし給ひつ。筝の琴仕うまつり給ふ。昨日の事よりも、なまめかしうおもしろし。藤壺は、暁に参り上り給ひにけり。「かの有明出でやしぬらむ」と、心もそらにて、思ひ至らぬ隈なき良清惟光をつけて、うかがはせ給ひければ、お前よりまかで給ひける程に、良清ら「ただ今、北の陣より、かねてより隠れ立ちて侍りつる車どもまかり出づる。御方々の里人侍りつる中に、四位の少将、右中弁など急ぎ出でて、送りし侍りつるや、弘薇殿の御あかれならむ、と見給へつる。けしうはあらぬけはひどもしるくて、車三つばかり侍りつ」と、聞ゆるにも、胸うちつぶれ給ふ。「いかにして、いづれと知らむ。父大臣など聞きて、ことごとしうもてなさむも、いかにぞや。まだ人の有様よく見定めぬ程は、わづらはしかるべし。さりとて知らであらむ、はた、いと口惜しかるければ、いかにせまし」と、思しわづらひて、つくづくとながめ臥し給へり。





その日は、後宴のことがあり、取り紛れて一日を過した。
後宴とは、大きな宴の翌日に行われる、規模の小さなものである。
源氏は、筝の琴を勤める。
昨日の催しより、優雅で、面白い。
藤壺は、朝早く、上の局に参上していた。
君は、あの有明の人が、退出してしまうのではないかと、気が気でない。
万事に、抜け目ない、良清や、惟光をつけて、見張らせたので、帝の御前から退出するした時、只今、北の陣から、あらかじめ、物陰に隠れて立っていました車が、退出しました。女御様方の、ご家族がいた中に、四位の少将や、右中弁などが、急いで出て来て、見送っておりましたのは、弘薇殿がたの、退出であろうと思われます。相当の方々らしいご様子が明らかで、車は、三つ程ありました、と、申し上げると、源氏は、ハッとするのである。
どうやって、どの姫だと、突き止めよう。
父の右大臣などが耳にして、大仰に婿扱いされたりするのも、困るし。
それにまだ、姫の様子も、よく見極めていないのだから、重荷になるかもしれない。
そうかといって、知らないでいるのは、それはそれで、残念至極であろうし、どうしたものかと、思案に暮れる。
ぼんやりと、物思いに耽っている。




「姫君いかにつれづれならむ。日ごろになれば、屈してやあらむ」と、らうたく思しやる。



姫君は、どんなに、淋しく思っているか。逢わないで幾日もになるから、塞ぎ込んでいることだろうと、いじらしく、思うのである。

この、姫君は、若草の姫である。若紫のこと。
突然、文中に、出て来るので、戸惑う。
物語の難しさは、こういうことである。




かのしるしの扇は、桜の三重がさねにて、濃きかたに霞める月をかきて、水にうつしたる心ばへ、目慣れたれど、ゆえなつかしうもてならしたり。「草の原をば」と言ひし様のみ、心にかかり給へば、

源氏
世に知らぬ 心地こそすれ 有明の 月のゆくへを 空にまがへて

と書きつけ給ひて、置き給へり。


あのしるしの、扇は、桜の三重重ねで、色の濃い方に、霞んでいる月を描いて、それを水に映してある趣向は、珍しくは無いが、持ち主の、趣味教養が、懐かしく偲ばれるまで、使い慣らしている。
草の原をば、と言った、女の様子ばかりが、思い出される。

源氏
未だ、経験したことのない、悲しく寂しい気持がすることである。
有明の月の行くへを空の途中で、見失ってしまった。

と、書き付けて、傍に置かれた。


かのしるしの扇
しるし、とは、契ったという意味。
扇は、後で、確認するための、渡し物である。

源氏の歌の、有明の月とは、昨夜の女のことである。


しかし、この物語の、凄さは、戦いの場面が一切ないということである。
実に、平安な日々である。
平安期とは、何と、平和な時期だったのか。

歴史は、この後、騒乱へと、進む。

色恋に、戯れる平安貴族の有様を、批判しつつ、紫式部は、平和であることも、見つめているのである。





posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第9弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。