2008年11月14日

もののあわれ325

源氏
いくたびぞ 君がしじまに 負けぬらむ 物な言ひそと 言はぬ頼みに

宣ひも捨ててよかし。玉だすき苦し」と宣ふ。女君の御乳母子、侍従とて、はやりかなる若人、いと心もとなう、かたはらいたし、と思ひて、さし寄りて聞ゆ。

侍従
鐘つきて とぢめむ事は さすがにて 答へまうきぞ 旦はあやなき

いと若びたる声の、ことにおもりかならぬを、人づてにはあらぬやうに聞えなせば、程よりはあまえて、と聞き給へど、めづらしきに、源氏「なかなか口ふたがるわざかな、

言はぬをも 言ふに勝ると 知りながら おしこめたるは 苦しかりけり

何やかやと、はかなき事なれど、をかしき様にも、まめやかにも、宣へど、何のかひなし。




源氏
幾たび、あなたの、沈黙に、根負けしたことでしょう。
黙れと、おっしゃらないので、つい、また、申してしまいます。

いっそのこと、嫌だと、はっきりと、仰ってください。どっちつかずでは、苦しいものですと、言う。
姫君の、乳母の子で、侍従と呼ばれている、才走った若い女房が、返歌のないのを、もどかしく思い、きまりが悪いと、姫の方に、寄り、代わって、申し上げる。

侍従
鐘を打って、お話を、やめることは、できませんし、そして、お返事も出来ないとは、どういうことでしょう。

若々しい声で、身分を思わせることなく、姫自身であるかのように、申し上げる。
身分のわりに、馴れ馴れしいと、お聞きになるが、源氏は、珍しい返事に、かえって、何も申せません。

源氏
何もおっしゃらないのは、仰る以上とは、知っていますが、でも、黙っていられることは、辛いことです。

何やかにやと、とりとめないことで、戯れのようにも、真面目であるかのようにも、仰ってみるが、反応は無い。


鐘つきて
八講論議の時、磐という、楽器を打つと、問答を止めて、無言の行をする。
それを言うのである。
今で言えば、講義を聞いて、その後で、沈黙して、黙想するということ。

つまり、言うことは、言わぬことよりも、深い思いがあるというのである。

をかしき様にも、まめやかにも
戯れのようにも、真面目に対処するようにも、ということ。

まめやか、という言葉も、よく使われる。
今でも、まめに、とは、小まめに、気を使う、細々しくという行為になる。



いとかかるも、様変わり、思ふ方異にものし給ふ人にや、とねたくて、やをら押し開けて入り給ひにけり。命婦「あなうたて、たゆめ給へる」と、いとほしければ、知らず顔にて我が方へ往にけり。この若人ども、はた、世に類なき御有様の音聞きに罪許し聞えて、おどろおどろしうも嘆かれず。ただ思ひも寄らずにはかにて、さる御心もなきをぞ思ひける。



こんな風にここに居るのは、おかしいことだと思う。
相手は、特別な考えを持っているのかとも、思い、癪に障る。
そっと、襖を押し開けて、中に入った。
命婦は、あなうたて、あらあら、油断させてしまってと、姫君が、気の毒で、知らぬ顔をして、自分の部屋に戻ってしまった。
若い女房達も、世に類ないご様子と、評判ゆえに、お許しして、大袈裟に嘆く者は、いない。
ただ、思いかけず、不意のことで、まさか、そんな考えはないだろうと、案じたのである。



源氏は、姫の部屋に入ったのだ。
無礼な行為であるが、源氏の君であるということで、女房達も、許している。
ルール違反をしているのである。



正身は、ただ、我にもあらず、恥づかしくつつましきより外の事またなければ、「今はかかるぞあはれなるかし。まだ世慣れぬ人の、うちかしづかれたる」と、見許し給ふものから、心得ずなまいとほしと覚ゆる御様なり。何事につけてかは御心のとまらむ、うちめかれて、夜深う出で給ひぬ。命婦は、いかなら、と、目さめて聞き臥せりけれど、知り顔ならじ、とて、「御送りに」とも、声づくらず。君も、やをら忍びて出で給ひにけり。



姫自身は、ただ、無我夢中で、恥ずかしく、きまりが悪いはがりである。
君は、これがいい。こんなのが、可愛いのだ。初心な人として、育てられてきたのだから、当然だと、大目に見るが、変である。何となく、気の毒に、見える姫の様子である。
何事につけてか御心のとまらむ、こんな状態では、君の心を捉えることが、できないだろう。
君は、酷く、失望して、夜の暗いうちに、お帰りになった。
命婦は、どんな状態かと、目を覚まして、横になったまま、聞き耳を立てていたが、お帰りを、知らぬこととして、見送りをということも、指図しない。
君も、黙って、こっそりと、出て行かれた。

うちうめかれて
つい、失望の声を上げて。
うち 呻く、のである。
君は、失望の声を上げてと、訳してもいい。

それは、追々と理解することになる。
何故、失望したのか。姫の様子にある、何か、言い知れないものである。



posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第8弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。