2008年11月01日

もののあわれ312

門うち叩かせ給へば、心も知らぬ者のあけたるに、御車をやをら引き入れさせて、丈夫妻戸を鳴らしてしはぶけば、少納言言聞き知りて出で来たり。惟光「ここにおはします」と云えば、少納言「幼き人は大殿籠もりてなむ。などかいと夜深うは出でさせ給へる」と、もののたよりと思ひて言ふ。源氏「宮へわたらせ給ふべかなるを、その先に、聞えおかむとてなむ」と宣へば、少納言「何事か侍らむ。いかにはかばかしき御いらへ聞えさせ給はむ」とて、うち笑いていたり。




門を叩かせると、何も事情を知らない、門番が、門を開ける。
車を、静かに引き入れて、惟光が、妻戸を叩いて、咳払いをする。
少納言が、惟光と、知り出て来た。
少納言は、幼い方は、お休みです。どうして、こんな夜更けに、お出ましになりましたと、言う。どこからかの、帰り道だと、思うのである。
源氏は、父宮の、お邸に、お引き移りされるとのこと。その前に、一言、申し上げたく思います。と、仰ると、少納言は、何事で、ございましょう。どのような、返事を申し上げたらいいのやらと、言い、笑うのである。



君入り給へば、いとかたはらいたく、少納言「うちとけてあやしきふる人どもの侍るに」と聞えさす。源氏「まだおどろい給はじな。いで御目さまし聞えむ。かかる朝霧を知らでは寝るものか」とて入り給へば、「や」とも聞えず。



源氏は、中に入ると、少納言は困りきり、行儀の悪い恰好で、年寄りどもも、寝ておりますと、言う。
源氏は、まだ、お目覚めではないでしょう。さあ、起こしてあげましょう。こんな朝霧を知らずに、寝ているなんてと、仰りつつ、お入りになるので、もし、との、言葉さえ、口から出ないのである。


源氏は、強行突破するのである。




君はなに心もなく寝給へるを、いだきおどろかし給ふに、おどろききて、「宮の御迎へにおはしたる」と、寝おびれて思したり。御髪掻きつくろひなどし給ひて、源氏「いざ給へ。宮の御使ひにて参り来つるぞ」と宣ふに、あらざりけりとあきれて、恐ろしと思ひたれば、源氏「「あな心憂。まろも同じ人ぞ」とて、かき抱きて出で給へば、丈夫少納言など、「こはいかに」と聞ゆ。




若君は、何も知らずに寝ていたが、君が、抱いて起こすと、目覚めて、父宮が、迎えに来たのだと、寝惚けて思う。
髪の乱れを手で、直している。
源氏は、さあ、いらっしゃい。宮様の、お使いで、私が参りましたと、仰る。
違う人だと、若君は、驚き、怖がる。
源氏は、これは、どうしましたか。私も、宮様と、同じですと、仰り、抱かかえて、お出になる。
惟光や、少納言は、これは、何となさいますと、申し上げる。




惟光も、少納言も、驚いている。
まさか、連れて出るとは、思わないのである。




源氏「ここには常にもえ参らぬが、おぼつかなければ、心安き所にと聞えしを、心憂くわたり給ふべかなれば、まして聞えがたかるべければ。人一人参られよかし」と宣へば、心あわただしくて、少納言「今日はいと便なくな程経て、さるべきにおはしまさば、ともかうも侍りなむを、いと思ひやりなき程の事に侍れば、侍ふ人々苦しう侍るべし」と聞ゆれば、源氏「わし。のちにも人は参りなむ」とて、御車寄せさせ給へば、あさましう、「いかさまに」と思ひあへり。若君もあやしと思して泣い給ふ。少納言止め聞えむ方なければ、よべ縫いし御衣ども引きさげて、自らも、よろしききぬ着かへて乗りぬ。




源氏は、ここには、始終参れないのが、気がかりで、安心な所へと、申したが、つれなくも、宮家へ、お引き移りとの事。それでは、お便りも、いたしにくかろう。誰か、一人御供されよと、仰る。
気が急いて、少納言は、今日は、どうも、困ります日でございます。
宮様が、お越し遊ばします。どのように、申し上げましょう。
後のご縁があれば、そのように、なると・・・
まことに、思いもかけぬ、今日のこと。お付する、私どもも、困りますことで。
源氏は、それでは、よい。後から、誰か参れ。
御車を、縁に、寄せられるので、女房たちは、呆れて、どうしたものかと、皆々、心配する。
若君も、変だと気づき、泣くのである。
少納言は、引き止めることもできず、昨夜、縫っていた、お召し物を、何枚か手にして、自分も、見苦しくない着物を、着て、お車に、乗られた。


源氏の、強硬手段に、なす術も無く、従うという、寸歩である。

物語は、終わりを迎える。
そして、それが、お話の山場である。
息もつかずに、読ませる場面である。

ここまでして、源氏は、何を手に入れたいのか。

自分が慕う、藤壺の宮に似た幼女に、託す思い。
幼女性愛ではない。
色好みの、極地である、理想の女性を、育てるという、思い。

女性である、紫式部が、男性に指南しているようである。
ここまで、至るのが、色好みである、というふうに。
女が、思い通りに、育てられるものか、試して、みよと、言うようである。




posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。