2008年10月05日

神仏は妄想である 164

鎌倉仏教の祖師たちは、日蓮をはじめとして、法然、親鸞、道元と、経典の勝手な解釈、勝手な妄想により、新宗教を立てたということ、明確である。

「独自の読み」といえば聞えはいい。だが実態は主観に基づいた顕示欲の何物でもない。先にも述べたが、私たち日本の思想を論ずる際に、しばしば、いわゆる新仏教をその代表としてとりあげてきた。だが、これまであげた例から知られるように、彼らの理論はその根本において、現代人の目からすれば、到底容認しえないような飛躍と恣意に満ちているのである。
佐藤弘夫

佐藤氏は、本覚論と、新仏教の関係が、異質であるといっても、その自己の主観に基づいて、典籍を自由に読み替え、論理のギャップ、すなわち、矛盾を信念によって、埋めようとする姿勢は、同じものではないかという。

中世自体が、異様な雰囲気を、醸し出す時代である。
極端な、主観主義が、まかり通ったのである。
であるから、彼ら、新仏教の始祖たちは、堂々と、主観と、信念で、押し通したのである。

中世は、偽書まみれである。
ここでは、それを、取り上げている暇は、無いが、その偽書を根拠として、鎌倉仏教の発生もあると、言う。

一つだけ、オマケに、書く。
本覚讃と呼ばれる、中には、繰り返し理容された、詩句が多い。
その中で、最も、愚かしい詩句である。

女人は地獄の使なり よく仏の種子を断つ
外面は菩薩に似て 内心は夜叉のごとし

女は、地獄の使いである。男を誘惑して、仏になるための、種を断つというのである。
凄まじいばかりの、女性蔑視、男性中心主義である。

その反面、大寺院の僧たちは、妻子を持つという、愚劣ぶりであるから、手に負えない。
親鸞が、妻帯する以前から、本音と、建前として、本音は、妻を持ちセックス三昧を繰り返していた僧たちも、数多い。
親鸞は、それに比べて、まだ、真面目に、女犯に、取り組んだのである。

この、根拠なき、偽書などを、日蓮も、日蓮遺文に、よく引用しているのである。

偽作された、片言隻語は、数多くあり、中世では、当たり前だった。
その、偽作された言葉が、独り歩きして、当然の時代だというから、驚く。

何故、中世は、そんな時代になったのかは、学問としての、仏教の書物が、平安期まで、どんどんと流れてきて、それを、咀嚼するのに、時間がかかったが、中世、おおよそ、12世紀から、一般的に仏教が広がり、学問というより、信仰に重きが置かれてきたからである。

大陸から、もたらされた、情報では、追いつかなくなったのである。
更に、伝統的、官寺の仏教は、大衆に応えることが、出来ないレベルだったということもある。

実存的レベルでの、救済という、言葉を使う研究家もいる。
救済を、大衆が欲したのか。
それが、問題である。

大衆は、教えられて、救済があるということに、気づくのである。
それは、余計な妄想であった。
しかし、当時の時代性が、求めたと、考えることにする。

そこで、仏教の原点に立ち返ろうとした、仏教者たちが、膨大な教学体系を飛び越えて、ストレートに、本仏に向かったと、分析するのだが。
要するに、直接、仏に尋ねるという、とんでもないことを、思いついたのである。
勿論、妄想である。

そして、我は聞いた仏の声と、言葉をということになる。

更に、中世、平安後期になると、中国に出掛ける留学層もいたが、初期の頃とは、打って変わる。
学ぶだめではなく、由緒ある、遺跡を巡礼して、そこで、仏に逢うことだった。
平安初期まで、続いた、学ぶための、仏教が、信仰を強固にするための、ものになっていった。

中世は、異常事態が発生したということである。

一つだけ、象徴的な言葉を、紹介する。
垂迹という、言葉である。
本地垂迹などといわれて、例えば、天照大神は、大日如来の、化身であるという、考え方である。
本地が、どこで、垂迹が、どこかという、テーマが、目白押しだった。
それは、空海から、はじまる、考え方である。
いずれ、書く。

中世は、この、垂迹思想が、花盛りであった。
神仏混合の、真っ只中の、時代だった。
神に、読経するのも、当たり前である。
その神の後に、仏がいるのである。

古来からの、神々は、他界の仏が、衆生を浄土に導くために、顕現した、垂迹であると、考えたのである。
それは、なんと、仏像などの、モノにも、当て嵌められた。

仏像信仰も、当然容認された。
それ自体が、仏の化身なのである。

しかし、そのこと自体も、鎌倉仏教の始祖たちは、否定した。
仏に直結する、我が教えなのである。
当然、既成仏教界からは、迫害を受けるのである。

国の仏教から、大衆、民の仏教へと、変転する様である。
ここの、時代性を見つめて、彼らを検証しなければ、本当の意味で、理解出来ないと、共に、現代には、それは、終わった思想であるということである。
更に、私が言うように、神仏は、妄想でなのである。

鎌倉仏教の始祖たちが、作り上げた、仏の観念や、救いの観念は、すでに、無いものである。
彼らが、信じきった、仏典や、その他諸々の、偽書から、作り上げた、教えなるもの、最早、その核心が、誤りであることが、解ったのである。

ファンタジーであった。
一見に値する、思想ではあろうが、別段、特別に知ることもない。
文学として、評価するのであり、宗教、信仰として、受け入れるべきものではないのである。
ホント、お疲れ様でした、という、ところである。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。