2008年10月04日

もののあわれ284

供人「暮れかかりぬれど、おこらせ給はずなりぬるにこそはあめれ。はや帰らせ給ひなむ」とあるを、大徳「御もののけなど加はれるさまにおはしましけるを、こよひはなほ静かに加持などまいりて、出でさせ給へ」と申す。「さもある事」と皆人申す。君もかかる旅寝もならひ給はねば、さすがにをかしくて、君「さらば暁に」と宣ふ。



供人が、暮れかかりました。おおこりにならなくなったようでございます。それでは、お戻りいたしましょうと、言う。
上人は、御物の怪などが、加わっております。今晩は、ここで、静かに加持などされて、明日、お出まし遊ばしませと、言う。
供人も、もっともなことと、言う。
君は、こうした旅寝の経験が無く、何と言っても、興味をそそられて、では、明日の夜明けに、と、仰せになる。

おこらせ 給はずなりぬる
気分転換が、出来た。
具合がよくなったようだ。

暮れかかりましたし、ご気分も、良くなられたようですので、お戻りいたしましょう。
ところが、大徳、僧は、物の怪なども、関わっているようですし、今晩は、静かに、祈られて、云々という。

作者も、源氏という地位と、立場の人間に対する、それぞれの人の心模様を、描いているが、それは、当時の、上に対する態度である。


しかし、私は、紫式部の、描く、風景から、それを、見ようとしている。
日本人の心にあるもの、である。
貴族階級のみに、あるものではない。

源氏に対して、作者も、常に敬語を用いている。
そのような、立場のお方という、設定であるから、当然、敬語という書き方をする。しかし、それは、何も、源氏のみに、いえるのではない。
一般庶民も、その奥床しさ、心の動きに、もののあわれ、というものを、表現していたのである。

身分の低い者を、作者も、分けて書くが、それは、当時の身分の有り様を知るには、参考になる。
しかし、それは、参考になる程度のことである。

貴族社会に、おける、もののあわれ、ならば、源氏物語を、書く必要は無い。
万葉から、流れている、心情と、心象風景が、源氏物語の根底にあるとみて、私は、源氏を、探っているのである。



日もいと永きに、つれづれなれば、夕暮のいたう霞みたるに紛れて、かの小芝垣のもとに立ち出で給ふ。人々は帰し給ひて、惟光ばかり御供にて、のぞき給へば、ただこの西面にしも、持仏すえ奉りて、行ふ尼なりけり。簾少し上げて、花奉るめり。中の柱に寄りいて、脇息のうへに経を置きて、いとなやましげに読み居たる尼君、ただ人と見えず、四十余ばかりにて、いと白うあてに、痩せたれど、つらつきふくらかに、まみのほど、髪の美しげにそがれたる末も、なかなか長きよりもこよなう今めかしき物かな、とあはれに見給ふ。




日も永く、する事もないので、夕方、深く霞みがかかっているのに、紛れて、あの、小柴垣の家に、お出かけなさる。
供人たちは、帰し、惟光だけを、連れて、覗かれると、先ほど見たのは、西向きの座敷に、仏を据えて、勤行する尼だったのだ。
御簾を、少し巻き上げて、花を供えるらしい。
中柱に、寄りかかって、脇息の上に経を置き、ひどく大儀そうに、読経している。
それは、並の人では、なさそうである。
四十過ぎで、色が白く、上品で、痩せてはいるが、顔立ちは、ふっくらして、目元、髪が、見た目にも、綺麗に切り揃えている。その、端も、長いより、かえって、親しみのあるものだと、感心して、御覧になる。

当時の尼は、髪を剃らず、肩の辺りで、切り揃えていた。
それを、表現し
あはれに 見給ふ
心を、動かされたのである。

何につけ、心を、動かされることを、あはれ、という。
形容詞が、動詞や名詞にまで、高まる。
それは、すべて、前後の言葉による。



清げなるおとな二人ばかり、さては童女ぞ出で入り遊ぶ。中に、十ばかりにやあらむと見えて、白き衣、山吹などのなれたる着て、走り来る女ご、あまた見えつる子供に似るべうもあらず、いみじく生ひ先見えて、美しげなるかたちなり。髪は、扇を広げたるやうに、ゆらゆらとして、顔はいと赤くすりなして立てり。



綺麗な、女房が二人ほどと、そして、女の童が出たり入ったりして、遊ぶ。
その中に、十くらいの、白い下着に、山吹の重ねの、着慣らしたものを着て、走ってきた、女の子は、大勢の子供たちの中でも、比べ物にならないほどで、今から、成長した後の姿が、思いやられる、可愛らしい器量である。
髪は扇を広げたような、末広がりで、豊かに、ふさふさしていて、顔は泣いて、真っ赤にしている。

山吹などの なれたる着て
山吹色の着物で、袷の着物である。
袷とは、裏地がついている、秋冬物の、着物である。

いみじく 生ひ先見えて
おいさきみえて
成長した後の姿が、想像出来るのである。

それは、他の子供とは、明らかに違う容姿である。

この、女の子が、藤壺に似ているのである。
実は、藤壺の兄の、蛍兵部卿 ほたるひょうぶきょう の、娘である。
母親を早く亡くし、祖母である尼に、引き取られていた。
源氏は、まだ、そのことを、知らない。

物語は、こうして、面白く展開する。



posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。