2008年10月01日

もののあわれ281

若紫

新しい段である。
源氏18歳の三月から十月までの、話である。


わらはやみにわづらひ給ひて、よろづにまじなひ加持などまいらせ給へど、しるしなくて、あまたたびおこり給ひければ、ある人、「北山になむ、なにがし寺といふ所に、かしこき行ひ人侍る。こぞの夏も世におこりて、人々まじなひわづらひしを、やがてとどむるたぐひあまた侍りき。
ししこかしつる時は、うたて侍るを、とくこそこころみさせ給はめ」など聞ゆれば、召しにつかわしたるに、行者「老いかがまりて、むろのとにもまかでず」と申したれば、君「いかがはせむ。いとしのびて物せむ」と宣ひて、御ともにむつまじき四五人ばかりして、まだあかつきにおはす。



わらはやみ、とは、マラリアではないかと言われる。
おこり、とも言われた。
病にかかられて、まじない、加持祈祷など、何から何まで、やったが、効き目なく、何度も発熱する。
ある人が、北山に、何々寺という所に、すぐれた行者がいます。昨年の夏も、流行し、みな祈祷の効果なく困りましたが、この行者が、すぐに治すということで、こじらせては、やっかいですから、早く、試してみましょうと、言う。
行者を、呼びにやらせたところ、老衰のため、外に出ることが、できませんとの、返事である。
君は、しかたがない、それでは、こっそりと、出掛けると、親しいお召使の、四五人を連れて、まだ、暗い中に、出発する。



やや深う入る所なり。やよひのつごもりなれば、京の花ざかりは皆すぎにけり。山の桜はまだ盛りにて、入りもておはするままに、霞のたたずまひもをかしう見ゆれば、かかるありさまも慣らひ給はず、所せき御身にて、めづらしうおぼされけり。寺のさまもいとあはれなり。峰たかく、深きいはの中にぞ、ひじり入り居たりける。


庵は、少し山深く入るところにあった。
三月下旬である。
京の花盛りは、終わっていたが、山の桜は、まだ盛りである。
山深く入ると、霞のかかるように、おもしろく見える。
源氏は、見慣れぬ山深い風景を、見る。外出も、思うように、出来ない身分であるゆえ、珍しい風景に、感動する。
寺のさまも いとあはれなり。
この場合の、あはれ、とは、寺の様子も、実に、ありがたく思うと、訳してよい。
峰が高く、深い岩穴の中に、僧は、住んでいた。

その前後の、言葉により、あはれ、という言葉の心象風景が、変化する。
限定して、言い表せない思い、また、その有様を、あはれ、という言葉で、表すのである。

あはれ、という、言葉の世界の広がりを、観る。



のぼり給ひて、たれとも知らせ給はず、いといたうやつれ給へれど、しるき御さまなれば、ひじり「あなかしこや。ひと日、召し侍りしにやおはしますらむ。今は此の世の事を思ひ給へねば、験がたのおこなひも、捨て忘れて侍るを、いかでかうおはしましつらむ」と驚きさわぎ、うちえみつつ見奉る、いとたふとき大徳なりけり。さるべき物つくりてすかせ奉り、加持などまいるほど、日たかくさしあがりぬ。



登りて、誰とも、知らせずに、粗末なお召し物であったが、それとすぐに解る、風采ゆえに、行者は、やれ、恐れ多いこと。先日、お召しあそばされた、お方が、おいでくださったのでしょうか。もはや、現世のことは、思いませんゆえに、病気の加持祈祷など、忘れてしまいました。どうして、このように、お越しくださったのでしょうかと、言う。
驚き、うろたえて、顔を、ほころばせ、お姿を、拝する。
実に、徳の高い、僧であった。
あらたかなるお守りを作り、それを、飲ませて、加持などして、差し上げるうちに、日が、高く上ってきた。


僧は、謙遜して、源氏に対する。
源氏の身分を、見抜いたのである。

当時の、天皇は、天子様である。
その、貴さは、並々ならぬもの。
その、お子様である、源氏である。


現在、言われる、天皇制といわれるもの、実に、愚かしい議論である。

私に言わせれば、知らない者の、戯言である。
実に、天皇の歴史は、大和朝廷から、遠く以前に、遡る。
9000年以上の歴史がある。
知らないことは、ないことであるから、無いと、信じているだけで、単に知らないのである。

大和朝廷の前は、富士王朝である。
それは、一度、列島に住んでいた民が、旅をして、ペルシャ辺りで、王朝を建てた時から、はじまる、長い歴史である。

天皇の前は、神皇であった。
簡単に説明すると、富士山麓に、戻り来て、富士王朝を建てて、そこで、国造りをする。
途中から、九州に、軍事と、政治を、任せることになり、王朝の神皇であった一人が、九州王朝の、主に就任する。

富士王朝と、九州王朝は、血脈がある。

一足飛びに、神武天皇に至るが、その即位の際に、富士王朝から、使者が来て、神器をもって、所作に則り、即位の儀を執り行う。

富士王朝は、祭祀の、所作のみを、受け持ったのである。
しかし、それが、本家である。

九州は、神都であり、富士は、天都である。

いずれ、この日本史は、紹介する。

要するに、天皇制を言う者は、それの歴史を知らない。

確かに、神武天皇の即位前後に、少しの、波乱があるが、それは、歴史の必然性である。

天皇の歴史は、神武以前、富士王朝からのものであることを、言っておく。

さらに、世界広しといえど、その大半の期間を、武器、武力無しに、王権を維持したというのは、天皇家、さらに、神皇家の、大変重要な、ポイントである。
何故、武器、武力なしに、王権の府、高天原を、維持できたかである。

それは、民の、支持を得て、その民の心の、芯となったからである。

神武天皇の、歴史から見ても、天皇家が、武力を持つ時期は、はなはだ少なく、また、基本的に、武力を持たないという、王権である。

こんなことは、世界に類がないのである。

すべての、王は、武力を持ち、軍隊を持つ。
しかし、日本の天皇家は、一切それらを、持つことが無かった。
あの、織田信長さえ、無防備な、天皇家を、焼き討ちすることがなかった。
何故か。
民の信頼、甚だしく、天皇を、敵にすることは、すべての、国民を敵にすることと、同じだったからである。

以下省略。



posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。