2008年08月18日

神仏は妄想である 119

八宗の祖といわれる、龍樹である。
その、考え方の、バックボーンを、般若経、そして、浄土三部経とした。

要するに、解釈である。
それが、大乗仏教の教義の、始めである。

そして、理論としては、無所得空を、実践としては、阿弥陀仏の本願に基づく、念仏の教えによって、不退転の位に住するという。
不退転の位とは、仏の候補者になって、命終わり、浄土に生まれて仏となるというものである。

ここで、仏教家は、仏陀から、龍樹へと、教えが伝えられたと、信じたことである。
仏陀滅後、七百年後の人が、仏陀の教えを、受け継いだというのである。

それが、更に飛躍して、日蓮などは、仏の教えが、東より西に帰るだの、道元のように、これこそ、仏陀の教えを継いだものだと、言うのである。

青年の主張である。

仏陀在世当時、様々な、考え方があった。その中で、仏陀は、極端を嫌った。それゆえ、中道という、考え方を勧めた。
勧めたのであり、強制ではない。

多くの偏った見解にある、当時の様である。
快楽主義も、禁欲主義も、苦行主義も、運命論者も、道徳否定者も、不可知論の者も、ありとあらゆる、考え方があった。
その中で、仏陀のオリジナルな、考え方は、中道だった。

苦と楽という、両極端を否定して、中道を得ることを教える。
また、面白いのは、あるとか、ないとかの、両極端を克服するともいうのである。
それを、後の人、仏教という、一つの枠に嵌めた。

さて、この中道という、考え方は、実に難しい。
私が、それを、解釈しても、中道にはならない。何故なら、中道の思想とは、百人百様の思想だからだ。

このように、書けば、仏教家は、もっと、深いものだと、批判するであろうが、書く。
その深いものだと、思い込む様が、実は、迷いなのであるが。

人により、丁度良いという、感覚は、それぞれである。
これが、良いというものは、無い。それは、人によるのである。

ロシアの夫婦は、一週間に、八回セックスして、当たり前である。それを、日本人の夫婦に、当てはめることが、出来るだろうか。
若いうちなら、何とかなるが、年老いてくると、無理であろうし、それほど、セックスをしなくとも、夫婦関係を続けていられる。

中道とは、何かである。

先に、龍樹が、不退転の位を得るためと言ったが、それを、歓喜地という。それは、仏になるための、位の一つであり、菩薩の段階から、言うと、十地の位の、最初であり、全体の修行の段階から、四十一番目であるという。
ちなみに、仏の位は、五十二番目である。
不退転であるから、退かない位ということである。

こういう考え方をするという、龍樹を、真っ当な感覚といえるのか。

仏の位を定めて、仏に至る修行をするという、矛盾である。
それそこ、仏陀の否定したものである。

仏教家は、悟りを、我自身を知るものであるという。
本来の私というものを、悟ることだという。
更に、仏の教えを聞くことは、同時に、自己自身の姿を見つめてゆくことだ、ともいう。

それを、また、我執の自己というものに、気付くという。そして、我執のままに、無所得空の、私が実現するというのである。

それが、深くなると、我執にとらわれている、自己で良かった。煩悩具足の凡夫で良かったということになる。
阿弥陀の御蔭で、ある。

そのまま、問題意識なく、聞いていれば、そんなものかなあと、思えるが、真っ当に、考えれば、あまりに、身勝手な言い分である。

面白いのは、仏陀在世当時は、その弟子たちが、悟りを開いて、多く、阿羅漢になったという。つまり、菩薩の位を得たと言う。
しかし、その、滅後は、そういう阿羅漢の位に到達するのが、困難になったという。
修行が難しいことと、それに耐える能力のある者が、減ってきたのであると。

仏陀在世当時に、悟った、阿羅漢になったと、誰が、知るのだろうか。

阿羅漢という、大乗で言うところの、菩薩になったかどうかは、本人にしか、解らないのである。
そう、本人の自覚である。
つまり、悟りとは、本人の、自己認識である。
更に、つまりは、自己申告なのである。

私も、菩薩であるということになる。
自己申告する。

それにである。
仏陀滅後、修行が難しくなった、それに、耐える能力のある者が、減ってきたというのである。
それでは、仏陀の存在している間のみ、菩薩になることが出来るというのと、同じである。
おかしい。
仏陀は、最後の言葉で、我を頼るな、己自身を頼り、真理の法を抱けというのである。

仏典の矛盾は、多くの人の、考え方により、様々な方法で、書かれたゆえに、支離滅裂になってしまったのである。

阿羅漢とは、直訳すれば、施しを受ける相応しい者、尊敬される者である。聖者四段階の、最高位であるという。
誰が、それを、認定するのだということになるのだが、気付かない。

ここにくると、キリスト教の、聖職者の段階に似てくる。
法王、枢機卿、大司教、司教、司祭、助祭等々である。

龍樹は、単に、頭が回った者であることが、解る。
私には、手の届かないほどの、頭の良さである。しかし、それ以上の何者でもない。
今に至るまで、この龍樹に対する批判が無い。
誰も、龍樹のように、頭が良くないのである。
また、その、ブランド名に、適わないのか。

西暦前後に、大乗を始めた人々は、仏陀が説いた一つの、信心を主にする、悟りの道を、大乗経典を編纂することによって、云々という。
それを、龍樹が、不退転の悟りの位を得ることを、明らかにしたという。

明らかにしたのではなく、創作したのである。

これこそ、龍樹の、顕示欲である。
仏陀の教えを、根こそぎ、奪い、我が物として、アレンジして、道の祖となるべくの、手はずである。

それを、日本仏教は、大乗として、伝える。

ちなみに、仏陀は、もう一つの悟りへの道を、示したといわれる。
それは、理論によって、悟るというものである。
それを、隋法行という。
信心を主にする悟りを、隋信行という。

それらも、後に、付け加えられたものである。

信心というが、西暦前後の人々は、仏陀を慕った心を、信心というのである。
今の信心は、信仰であり、それとは、別物である。
信じるという行為が、同じものだと、思うのは、愚かである。

理論で悟るという人と、信心で悟るという人では、その悟りは、全く違うものになる。
それでも、同じ境地に行くというから、困る。

そうして、今では、他宗教の者とも、同じ境地に行くという人がいる。
そんなことは、一切無い。

同じ境地に行くのなら、宗派の別は無い。
同じ境地ではない、顕示欲が、宗派となる。
見よ、馬鹿馬鹿しい限りの、宗派の争いである。
それを、見るだけで、それらが、嘘だと、解る。

仏陀を見よ。
彼の怒りを、私は受け取らないという。
私が受け取らなければ、その怒りは、彼自身に向くという。
実に、真っ当である。

相手に、説くが、それを受け入れなければ、そのまま、立ち去る。

やや、虚弱体質の仏陀は、無理、無駄を嫌った。
その身を慈しみ、その人生を、味わい尽くす。
生きていること、それが、恵みである。

この世を厭うという感覚は無い。
あの世は、あの世である。
今は、この世にいる。

仏教家の、何人が、あの世を知っているのか。
知るはずが無い。
知れば、僧を辞めている。

僧侶が、あの世で、良い場所に行かないことくらい、その姿を見れば、解るというもの。

どんなに、善行を行うとも、僧侶は、あの世では、幽界止まりである。
それは、読経をするからである。
読経は、言霊が大きく乱れる。

それは、漢語の棒読みからくる。
私は、声明というもの、魔界の音だと、知る者である。

大和言葉から、言えば、濁音が多すぎる。
濁音は、魔界関与の音である。

地獄ではない。
魔界である。

あれは、芸術。そう、芸術である。芸術とは、魔界から、発するもの、多い。
芸術、は、術である。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。