2008年08月12日

神仏は妄想である 113

親鸞の信仰の深さは、賜りたる信仰という言葉に達した。
どこかで、聞いたような言葉である。

主イエス言う。
あなたが私を選んだのではなく、私があなたを選んだのである。

要するに、神への信仰も、実は、与えられてあるということである。

キリスト教に、似ていると、言われる所以である。

ユダヤ教にあった、イエスは、ユダヤ教における、救いというものを、見ていた。
しかし、親鸞は、どこから、救いという観念に、まみれたのか。

親鸞の年代を追ってみると、まず、出家して比叡山に入った時、9歳である。
平家が壇ノ浦で滅亡したのは、13歳。衣川合戦で、藤原三代の滅亡した時、17歳。鎌倉幕府が成立し、頼朝時代から実朝が暗殺された時、47歳。承久の変の時、49歳。
さらに、この間に、法然と共に、流罪となり、親鸞は、35歳から39歳の間、越後国府にあり。

亡くなる90年間のほとんど、半分は、内乱を見ていたことになる。
特に、源平合戦の後のことなど、身近に聞いたことであろう。
更に、自然災害などを、見ている。
内乱と、乱世の、思いに、あって、人間の様を、観続けたのである。

当然、人間とは何か、そして、仏教の教えを、信じても、互いに仏に祈りつつ、殺しあうという、人間の様に、救いというものを、考える以外になかったと、思える。
浄土信仰は、平安期からあった。
念仏信仰も、平安期からあった。
しかし、法然により、念仏一つで、善しと、宣言される、鎌倉仏教の、選択、せんじゃく、仏教が生まれる。

それもこれも、救われるためである。

最初に、私は、何故、救われようとするのかと、言った。
何故、極楽に往生しなければ、ならないのかと、言った。
それは、時代性である。

今、親鸞の教えは、一つの情報である。
信仰を、考えるというより、生き方の、一つの情報となっている。
それも、時代性である。

日本人の七割は、宗教を信じないという、統計がある。
それを、嘆くのは、集金が出来ない宗教団体である。

実に、七割の人、宗教を信じないということは、宗教団体を信じないということである。それを、宗教団体は知らない。

日本人は、潜在的に、信仰深い民族である。
宗教という観念は、必要ない。伝統として、それを、持つのである。

心だに 誠の道に かないなば 祈らずとても 神や守らん
菅原道真

お天道様に、顔向けできる生き方をしていれば、神は、祈らずとも、守るのである。
それ、日本人の、真骨頂である。

宗教団体を信じていなくても、十分に生きられる。
それを、精神的に未熟だというのは、欧米の思想に侵されているか、または、会員を増やしたい、宗教団体である。

われらが心のよきをばよしとおもひ、あしきことをばあしとおもひて、願の不思議にてたすけたまふといふことを知らざることを、おほせのさふらひしなり
歎異抄で、唯円が言う。
それは、親鸞が
なにごとも、心にまかせたることならば、往生のために千人殺せといはんに、すなはち殺すべし。しかれども一人にてもかなひぬべき業縁なきによりて害せざるなり。わが心のよくて殺さぬにはあらず。また害せじとおもふとも、百人千人を殺すこともあるべし。
を、受けての、唯円の、思いである。

往生のために、千人殺せと言われても、殺す縁がなければ、殺すことは出来ない。また、殺すと、思わずとも、殺してしまう縁もある。
因縁である。
これが、賜りたる信仰に、行き着く。

絶対他力は、絶対帰依である。

それを、支えるのは、罪意識である。
そして、救われたいという意識である。

この、罪意識は、仏教によって、もたらされたものである。
そして、そこからの、救いという観念も、そうである。

仏教は学問としてあった。当時は、中国の書物をもって、ものならふ、学問と、言った。
学問は、定義と、観念の産物である。

その枠の中での、思索である。
だから、弥陀の誓願の、第18
もし我仏を得たらんに、十方の衆生、至心に信楽し、我が国の生ぜんと願じて乃至十念せんに、若し生ぜずば正覚をとらじ。唯五逆と正法を誹謗することをば除く

親鸞は、この、最後の、唯五逆と正法を誹謗する者を、除くという言葉に、思索を深める。
皆、救うというのに、五逆と正法を誹謗する者は、除くというのは、如何なることかと。

これも、観念の中での、七転八倒である。

スポーツのルールのように、定められたことに、疑問を生ずるということ。
スポーツなら、理解するが、人間の生きることになると、定義され、定められるのいうのは、国家以外に、必要ないことである。

皆、救われるという、悉皆成仏という思想は、最澄の天台のものである。
すべてのものに、仏性があるという、とんでもない勘違いの思想である。

大乗の唯識を、極めた三蔵法師玄奘の、法相宗では、無性の人ありとする。つまり、仏に成れない人ありと、する。
大乗仏教が、すべての人を救うというのは、実は、嘘なのである。

真面目な者、細部までに、拘り、仏典の細部に滞る。
結局、仏典にも絶望を感じて、物思いを捨てて、行き着くところ、賜りたる信仰になった。
つまり、弥陀の本願という、定義に、振り回されて、それも、人の創作したものである、それに、くたくたにされたのである。

このうへは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからいなり
歎異抄

ついに言ったのである。
もう、念仏を信じても、信じなくても、皆々、好きなようにしてください。

行き着くところに、行くと、そういう言葉になる。
好きにいたせ、である。

それを、深いとか、親鸞の心の広さである等々、解釈するのは、勝手であるが、必ず、絶対他力は、そこに行き着く。

つくべき縁あればともなひ、はなるべき縁あれば、はなるる

親鸞は弟子一人もたずさふらふ

縁があれば、そうなるし、無ければ、そうなる
親鸞は、弟子一人も、持たない

無かったものを、在ると信じて、考えていたのであるから、最終的に、それらを、すべて捨てることで、元に戻り、自己回復するのである。

親鸞は、和讃を多く詠んだ。
和歌の形式である。

大和の歌道の形式で、その、思索の様を歌った。
結局、大和心に、抱かれていたのである。

仏法という、旅をして、故郷に戻ると、故郷の山は、川は、変わらずに、迎えてくれたのである。
さて、親鸞は、それを自覚していたとは、思われない。
どんなに、七転八倒しても、いつも、故郷である、天地自然は、抱いていた。
人間の観念遊びも、その前には、無に等しい。

仏法という、ルールの中で、よくやったと思う。
鎌倉仏教は、日本の思想史の、始まりである。

日本には、思想がないと言う者、大勢いたが、実に、見事に、思想を成したのである。

日本の思想史を、書き表す若者の、出現を待つ。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。