2008年08月02日

神仏は妄想である 103

さて、浄土門について書いている。

私は、法然という人間を見る。
彼の最も、肯定したい思想は、専修念仏というより、女人往生である。
つまり、男女平等を、宣言したことである。

時代性と、時代精神は、念仏を必要としたことは、その時代、歴史を眺めると、解る。

下界は保元、平治の乱後の政情不安が年ごとにつのり、山上の宗門では宗徒僧兵が権力争いに明け暮れている。そこへ自然災害も加わった。記録を覗いても、承安三年には延暦寺と、興福寺の僧兵が戦い、平家が軍勢を繰り出してこれを鎮圧する。翌年は大風が洛中に吹き巻いて家屋の倒壊が続出。これにともなって飢餓状態が全都にひろがった。
人災天災に苦しむ庶民大衆に救いの手をさしのべねばならない。他力門、易行念仏をひろめることで心に安定を与えるのである。
寺内大吉 法然讃歌

修行僧としての、問題意識である。
念仏を称えて、活動した聖は、数多くいた。
民衆の中に入り、様々な福祉に、手を染めた者、多数。

それは、個々人の活動であった。勿論、その後を慕い、師弟の関係を持つ者もいただろうが、明確に、宗教団体として、活動するという意識は無い。
私は、それらを、否定する何物も、持たない。

私が、ここで、取り上げるものは、宗教団体としての、宗教である。
個人的な活動に、その人の信仰が、関わっていても、何の問題もない。
それは、極めて個人的なことである。私は、それを、情緒と、呼ぶ。

さて、ご多分に漏れず、仏教も、女人は、救い難しと、言う。

過去の諸仏典はすべて女人往生をまともに取り上げようとはしていない。女性の死後は冥府をさまよって定着できる場所がない。「六趣」という暗黒の世界を放浪する。六趣とは、地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天の巷を指す。この「人間界」とは幽鬼や幽霊がさまよう世界である。
寺内大吉

冥府とは、死後の世界である。

旧約聖書にも、女は、家畜と同じであるという観念であるが、仏教もまた、人間の数には入れないのである。

中国僧の、道宣は、南山律師と呼ばれた名僧である。596年から667年の人である。
その言葉に、「十方世界に女人がある処そこは地獄である」と、断定するのである。
これが、当時の仏教の、女性に対する認識だったと、思えばよい。

法然は、弥陀の本願四十八の第三十五願は、女人の往生が主になるといわれる
「たとい我れ仏を得たらんに、その女人にあって我が名字を聞き、歓喜信楽して菩提心を発し、女身を厭い、寿終の後未だ女像たらば正覚を取らじ」とある、それを、否定したのである。

上記を訳すと、女の命が尽きて、往生を遂げる時に、我が名を称え、喜んで、菩提心、つまり、悟りたいと思う心を、起こし、なお、女の身であるなら、自分は仏にならないという。女の身を、男の身に変じて、救うというのだ。

それを、否定した。女は女の身のままで、往生するという。
法然は、弥陀の本願を信じたが、この一点に、法然の、オリジナルがある。
だから、私は、法然を、否定しない。
単に、盲目とした信仰ではない。
実に、偉大な、問題意識である。

女人往生するというのは、画期的であり、既成仏教との、決別である。

空海というのも、オリジナルを数多く生んだが、法然も、そうである。
もう一人は、道元である。
あとは、その他大勢である。

犯しては、いけない、仏典の、無量寿経の箇所に、疑いありとは、素晴らしい業績である。

念仏往生は、男女を問わず、死に望んで、来迎する諸仏諸菩薩も男女に差別なく及ぶ。第二十願では、十方の衆生が、南無阿弥陀仏の名号を聞き、思いを浄土に懸け、この仏と結縁した者は、必ず極楽往生を遂げると、誓うのであると、言う。

故に、第三十五願は、疑いありなのだ。

法然は、明確に、女人往生を掲げた。
これが、実に評価できる、オリジナルである。

ただし、弥陀の本願というものは、創作であることは、免れない。
それは、別にして、男女を等しく、扱うという、考え方に、法然の面目がある。

私は、それを、評価する。

しかし、歴史を眺めれば、女の人生は、まだまだ、苦難、苦渋の人生であった。
矢張り、男のために、男に従い、弄ばれて生きる道を、辿る。
それは、日本の場合、戦後まで、続いたのである。
長い道のりであった。

鎌倉仏教と、いわれるもの、法然のよって、始まったと、言ってよい。
そして、女性は、最初に、男女を平等に、扱った歴史的人物として、敬意を表してよい。

あの時代、35年もの、長きに渡り、仏法を学び、智慧第一と言われた、法然の、世界の中では、それ以外の方法しかなかったのである。
仏法という中での、思索である。

しかし、それを、現代に持ち込んで、更に、信仰を強要するものになったら、どうだろうか。それは、完全に誤りである。

その、法然の精神を、見るというなら、解るが、信仰として、信ぜよということは、僭越行為の何物でもない。

次に、阿弥陀如来というものの、その姿を、見ることにする。
あまりのことに、仰天する。
結局、ハリーポッター並の、とんでも、お話なのである。
ただ、その想像力には、感服する。

仏典が、書かれた当時の、ファンタジーであり、壮大なフィクションである。
人間の想像力というもの、ホトホト感心する。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。