2008年07月31日

もののあわれ262

老人「南無当来導師」とぞ、をがむなる。君「かれ聞き給へ。この世とのみは思はざりけり」と、あはれがり給ひて、


うばそくが 行ふ道を しるべにて 来む世も深き 契りたがふな

長生殿の古きためしはゆゆしくて、羽をかはさむとは引き変へて、弥勒の世をかね給ふ。行く先の御頼め、いとこちたし。


さきの世の 契り知らるる 身のうさに 行く末かねて 頼みがたさよ

かようのすぢなども、さるは心もとなかめり。

いさよう月に、ゆくりなくあくがれむ事を、女は思ひやすらひ、とかく宣ふほどに、俄に雲隠れて明け行く空、いとをかし。はしたなき程にならぬさきにと、例の急ぎ出で給ひて、かろらかにうち乗せ給へれば、右近ぞ乗りぬる。


南無当来の、導師と拝むのである。
君は、あれを聞いて、あの老人も、この世だけとは、思っていないのだと、哀れをかける。


うばそく、僧侶の、修行を道案内として、来世も、二人の堅い約束を、破らないように

と、長生殿の故事は、死んで別れるという、不吉ゆえ、比翼の約束とは、違い、弥勒菩薩の出現の、来世を、契るのである。
将来の、約束とは、実に、大袈裟であるが。


前世での、約束も、知らない私の不運さゆえに、未来まで、頼むわけには、参らぬようです

このような、返歌の歌も、実は、心細く思うのである。

たゆたう月とともに、行くへも、知れず、出て行こうと、女の決心は、つかず、あれこれと、説得するうちに、月は、雲に隠れて、明け行く空は、美しい。
見苦しくならふようにと、例のように、急いで、お出になり、女を、軽々と抱き寄せて、車に乗せると、右近が、同乗した。

ゆくりなくあくがれむ事を
ゆくりなく、とは、何気なく、目の前に見える風景である。
あくがれむ事を
行動しようとする、思い。
何となく、行動する思いは、あるのだが、今ひとつ、決心が、つきかねるのである。

実は、人生とは、このようなものであるとも、言える。
何となく、そちらに、曳かれて、着いて行くのである。

私は、この、夕顔の巻に、ゆくりなくの、人の人生を、感じるものである。
ゆくりなくが、如くに、人生というものが、あるのかもしれない。
その、時代に、翻弄されて、ゆくりなく、生きるのである。

それは、誰の意思だろうか。
前世の宿縁という、仏教の思想は、実に、それに、マッチしたのである。
解らないことは、前世の宿縁なのであるという、一見、無責任に、思える、ものの考え方に、もののあわれ、というものの、心象風景も、広がるのである。
というより、解らないことを、解らないものだと、容認するのである。



そのわたり近きなにがしの院におはしまし着て、預かり召し出づるほど、荒れたる門のしのぶ草、茂りて見上げられたる、たとしへなく木暗し。霧も深く露けきに、すだれをさへ上げ給へれば、御袖もいたく濡れにけり。


その近所の、某の院に、到着されて、留守居役をお呼び出しになる間、手入れもしていない、門を見上げると、忍ぶ草が、茂って、えもいわれぬ、木の下の闇である。
霧も深く、露じみている。
御簾を上げていたので、気付くと、袖まで、濡れていた。


君「まだ、かやうなる事を慣らはざりつるを、心づくしなる事にもありけるかな。


いにしへも かくやは人の まどひけむ わがまだ知らぬ しののめの道

慣らひ給へりや」と宣ふ。女、恥ぢらひて


山のはの 心も知らで 行く月は うはの空にて 影や絶えなむ


心細く」とて、物おそろしう、すごげに思ひたれば、「かのさしつどひたる住まひの心慣らひならむ」と、をかしくおぼす。


君は、まだこんな事は、知らなかった。気のもめる話だと言う。

昔の人も、こんな風に、うろうろしたのか。私は、経験したことのない、明け方の道だ。

ご存知かと、仰る。女は恥ずかしがって、

山の端の、心も知らず渡り行く月は、大空の途中で、消えてしまうのでございます。
それは、私のこと。

心細く思いますと、言う。
怖そうに、気味悪く思っているのだ。あの、家に慣れてのことだろうと、おかしく、思う。

あの家に、慣れるというのは、現在の慣れるではなく、逆に、慣れないと、考える。
多くの訳は、慣れたとするが、慣れないがために、そのように、気味悪く思うのだと、言う。それを、源氏が、おかしく思う。

あのさしつどいたる住まひの心慣らひならむ と をかしくおぼす
あの、さしつどいたる、家に、住み、心慣れたゆえに、と、おかしく思うのである。
さしつどいたる
これを、訳すことが出来ない。
圧縮したような、家という意味であるが。難しい。



posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。