2008年04月06日

もののあわれについて195


うたがはじ なほ恨みじと 思ふとも 心に心 かなはざりけり

御返り


恨むらむ 心は絶ゆな かぎりなく 頼む君をぞ われもうたがふ

と聞こえてあるほどに、暮れぬればおはしましたり。宮「なほ人の言ふことのあれば、よもとは思ひながら聞こえしに、かかること言はれじとおぼさば、いざたまへかし」などのたまはせて、明けぬれば出でさせたまひぬ。



うたがはじ なほうらみじと おもふとも こころにこころ かなはざりけり

疑わない、恨まないと、思いつつ、なお、心に素直に、従えないのです。
心に心 かなはざりけり
心に心が、沿わないのである。

お返し


うらむらむ こころはたゆな かぎりなく たのむきみをぞ われもうふがふ

私のことを、恨む心は、絶えずにいてください。
私も、宮様のことを、頼りにしていますが、疑うことが、あるのですから。

と、申し上げます。
そのうちに、日も暮れてきました。
宮様は、お出でになられました。
「やはり、人は、あなたの噂を、あれこれ、申します。よもや、とは、思いましたが、お便りいたしました。このようなことを、言われたくないなら、さあ、早く、邸に、お出でください」などと、仰せになり、夜が明けますと、お帰りに、なられました。


現代でも男と、女の、噂話は、絶えない。
芸能人は、毎日、その噂話に、晒されている。

噂に、翻弄される者、噂を、超えて行く者。
男と女の、関係は、いつも、新しいのである。

性懲りも無く、続けて行くのであろう。

その、千年単位の、噂話が、この、物語である。
この、物語から、噂話は、抜け出ていないのである。

最新の、心理学では、人間の、自由意志というものは、無いという。
自由恋愛というが、実は、自由でも、我の意思でも無いというのである。

錯覚。
自由であるという、錯覚。
意志。
意志であるという、錯覚。

ヒトの雌は、子育てをする間、雄を、留めておくために、性的エネルギーを全開にする。
その前に、恋をする。
セックスである。
恋とは、セックスであった。

セックスを、恋という言葉で、曖昧にするほど、前頭葉が、発達した。

万葉時代は、女が、男に、名を名乗ると、それは、セックス承諾の、合図となった。

その、発情の、きっかけは、自由意志だと、思われていたが、ここに来て、自由意志ではないと、言われる。
それでは、何が、ヒトを、発情させるのか。

脳が、指令を、下す前に、すでに、手が動くという、実験を通して、脳ではない、何か、別のものが、指令を出していると、解ったのだ。

意志を、脳の働きだと、考えていた科学者は、まさか、と、呆然としたという。
意志の指令を、脳が、発していないとすると、指令は、どこから、出るのか。
人間の自由意志とは、何か。

次の、科学のテーマになるだろう。

さて、物語も、終わりに、近い。
いよいよ、宮様の、願いに、従い、宮廷入りする、和泉式部である。

簡単に言えば、宮廷に入り、宮様の、妾になるということである。
正妻ではない。妾、めかけ、つま、とも、読む。

恋愛の、手引きとしても、面白い、古典文学であった。

私は、もののあわれ、というものを、知る、べくして、この、物語を、読んだ。
日記全体に、もののあわれ、というものが、ある。

もののあわれ、というものは、こうして、表現されるということだ。

本居宣長が、源氏物語の、端々から、もののあわれ、の、様を、探し出した。
それも、一つの手である。
彼は、源氏物語の、価値は、もののあわれ、であると、言い切るのである。

だが、私は言う。
万葉集から、日本文学は、もののあわれ、というものに、貫かれていると。

書き表せないもの、もののあわれ、を、書くために、日本文学がある。それを、意識する、しないに、関わらずである。
というような、読み方も、あって、いいと、思う。

こんなもの、人間の、生き死ににあっては、お話である。

こんなもの、人間の、生き死にを、もののあわれ、として、観た、日本人を、私は、誇りに思う。

こんなものである。




posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。