2008年04月02日

もののあわれ191

二日ばかりありて、女車のさまにてやをらおはしましぬ。昼などはまだ、御覧ぜねば、はづかしけれど、あさましうはぢ隠るべきにもあらず。またのたまふさまにもあらば、はぢきこえさせてやはあらむずるとて、いざり出でぬ、日ごろのおぼつかなさなど語らはせたまひて、しばしうち臥せさせたまひて、宮「この聞こえさせしさまに、はやおぼし立て、かかる歩のつねにうひうひしうおぼゆるに、さりとて参らぬはおぼつかなければ、はかなき世の中に苦し」とのたまはすれば、女「ともかくものたまはせむままにと思ひたまふるに、「見ても嘆く」といふことにこそ思ひたまへほづらひぬれ」と聞こゆれば、宮「よし見たまへ、「塩焼き衣」にてぞあらむ」とのたまはせて、出でさせたまひぬ。


二日ほど、経ち、宮様は、女車のいでたちで、密かに、お出でになりました。
昼間に、お逢いしていませんので、気恥ずかしく思いましたが、みっともなく、恥ずかしがって、隠れることも、出来ません。
宮様が、仰せのように、邸にでも、移ることになれば、このように、恥ずかしがってもいられません。
にじり出ました。
宮様は、常日頃の、ご無沙汰のことなどを、お話になって、しばらく、お臥せになりました。
宮様は、「私が申し上げるように、早く決心を、なさい。このような、忍び歩きは、日頃は、心重く、かといって、お訪ねしないのは、なお、気がかりです。頼りない、あなたとの、愛に、苦しんでいます」と、仰せになります。
女は、「ともかくも、おおせの通りに、従いたいと思いますが、「見ても嘆く」ということが、ありますので、思い煩っています」

見てもなお またも見まくの ほしければ 馴るるを人は 厭ふべらなり
古今集 読み人知らず
「見ても嘆く」とは、上記の、歌を、踏まえたもの。

と、申し上げますと、「よし、見ておいでなさい。「塩焼き衣」のように、逢い馴れてくると、人は、恋しくなるものです」と、仰せになって、部屋を、出て行きました。

伊勢のあまの 塩焼き衣 馴れてこそ 人の恋しき ことも知らるめ
古今集 
上記の歌を、踏まえたもの。


前近き透垣のもとに、をかしげなる檀の紅葉のすこしもみぢたるを、折らせたまひて、高欄におしかがらせたまひて、
宮「言の葉ふかくなりにけるかな」とのたまはすれば、
女「白露のはかなくおくと見しほどに」と聞こえさするさま、なさけなからずをかしとおぼす。宮の御さまいとめでたし、御直衣に、えならぬ御衣、出たしうちぎにしたまへる、あらまほしう見ゆ。目さへあだあだしきにやとまでおぼゆ。

庭先の、透垣のそばに、美しい、まゆみの紅葉が色づいています。
それを、宮様は、お折りになられて、欄干に、寄りかかり、「愛にかわす言葉も、紅葉のように、色深くなりました」と、仰せになりました。
それを、受けて、「白露が、はかなく、置きますよう、かりそめの愛と思って、いましたのに」と、申し上げる、女の様子は、心の趣を、添えていて、見事だと、思われました。
宮様の、ご様子は、実に、ご立派でありました。
御直衣を、お召しになり、その下に、素晴らしく、何とも言えぬ、お召し物を、うちぎに、着られているのが、見事です。
女は、自分の目が、色っぽくなっているのではと、思えるほどです。


またの日、宮「昨日の御気色のあさましうおぼいたりしこそ、心憂きもののあはれなりしか」とのたまはせたれば、


葛城の 神もさこそは 思ふらめ 久米路にわたす はしたなきまで

わりなくこそ思ひたまふらるれ」と聞こえたれば、たち返り、


おこなひの しるしもあらば 葛城の はしたなしとて さてややみなむ

など言ひて、ありしより時々おはしましなどすれば、こよなくつれづれも慰むここちす。


また次の日、宮様は、「昨日は、あなたが、情けなく思われていた様子。切なく思われました。しかし、しんみりとした、もののあはれを、思う気持ちになりました」と、仰せになりました。


かつらぎの かみもさこそは おもふらめ くめじにわたす はしたなきまで

葛城の神様も、私と、同じように、思われたでしょう。昼間、久米路に橋をかけるのは、見苦しいことだと。醜い私は、何と、はしたなく、見えたでしょう。実に、恥ずかしく思いしまた」と、申し上げますと、折り返して


おこなひの しるしもあらば かつらぎの はしたなしとて さてややみなむ

役の行者のような、力が、私にありましたら、葛城の神のように、昼間を、恥じているあなたを、そのままには、しておきません。

などと、仰せられて、今までよりも、しばしば、お出に、なります。
ことさら、つれづれの、慰めが、満たされる心地がします。


宮の言葉に、心憂きもののあはれなりしか、という言葉がある。
ここでは、心憂きことが、もののあはれ、という。
実に、複雑な心境になっている。

それは、相手の姿、様子に、そのように、思うのである。
あなたの、様子に、心憂きもののあはれ、というものを、感じたのである。

すでに、もものあわれ、というものを、観ていたのである。

この日記の、様々な、場面で、あはれ、というものを、見てきた。
あはれ、に託す心模様に、あはれ、と、実体を観るのである。

心、そのものが、もののあわれ、なのである。
揺れ動く、心の、機微に、もののあわれ、というものを、感じ取ったのである。

それが、所作になって、現れる。
それが、歌になって、現れる。
更に、それが、心となって、現れるのである。




posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。