2008年02月24日

いつまでつづく平和ボケ

平和ボケは、いつまで、続くのか。

中国製造の毒餃子から、中国産に対する不信感が募り、ほとんど売れなくなるだろう。
しかし、それでは、どこの物を買うのか。
国産である。
その、国産の値段は、中国産の倍は、する。

400円で出来る、弁当が、国産の物を使えば、800円になる。
更に、国産のみを、求めると、物価高になる。
当然のことである。

今更、気づくこと、遅すぎる。

自給率39パーセントという意識を、持ち合わせない者、多数。

中国からの物を、拒むと、死ぬ者も出る。餓死である。
低所得者は、中国産の物で、生活出来たのである。
テレビに出ている、アホな、識者たちは、何の痛みも、ないだろう。
金がある。
国産のものを、いくらでも、買って食べられるのである。
そういう、連中の話を、聞いて、頷くほど、馬鹿ではない。

私のような、貧乏人は、自転車を走らせ、卸をしている会社が小売する、店に行き、売れ残りを買うのである。
国産の売れ残りは、中国産と、同じ値段になる。
納豆や、豆腐なども、安い曜日を控えて、買いに行く。

食料については、もう、何十年も前から、私は、心配していた。いつか、食べ物がなくなると。政府の対策も、あって、なきようなもの。本当に、食料を、どうするのだろうかと、心配していたのである。

ここに来て、少し、いや、漸く、日本の食糧事情が、理解出来るようになったのだが、遅い。
とんでもないほど、物価高になる。

さて、毎日新聞、2月21日の、夕刊を見る。
一面のみを、見る。
イージス艦と漁船との、衝突である。
親子の二人の、行くへが、解らない。冬の海である。想像はつく。
それを、思うと、私の心は、引き千切られる思いだ。
このような、不幸な事故を、聞くことになるとは、断腸の思いである。

私は、従兄弟を、海で亡くしている。
船が沈没した。漁船だった。
私は、従兄弟の遺体を引き取りに、父と出掛けた。
16歳の時である。
忘れられない、辛い思い出である。

さて、自衛隊の、平和ボケである。
しかし、自衛隊員を、悪者には、しない。

日本の自衛隊は、軍隊ではないと、皆々言う。
軍隊であるのに、そう思っても言わない。
平和憲法があるからだ。
平和憲法は、あってよい。しかし、自衛のための、軍隊は、必要不可欠である。
勿論、社会、共産主義の人のように、アホになり、国を取られても、いいというならば、別である。
彼らは、日本が、北朝鮮や、中国、ロシアに、取られても、いいと、本気で、考えているのである。
しかし、彼の地に、住むことは無いという、矛盾である。

衝突、12分前に、確認している。
新勝浦市漁協側は、30分前には、多くの漁船を確認しているとの、見解である。

注意力散漫、つまり、平和ボケである。
殺される、でなければ、殺すしかないという、戦闘状態に無い、自衛隊である。当然、ボケる。
それは、国民の意識と、同じであるから、何も、言えない。

ただし、二人の親子を、海に投げ込んだ罪は、問われるべきだ。
御免なさいで、済むことではない。
大臣はじめ、すべての幹部の、辞任であり、更に、罪の意識深い者は、自害すべきである。
それ程の、罪である。

二人の親子は、帰らないのである。

その横の、記事は、耐震偽装の、姉歯被告実刑確定である。
懲役5年、罰金180万円。
弁護側は、罪が重もすぎるという。
私は、罪が軽すぎるという。

この人の偽装で、どれほど多くの人が、経済的にも、精神的にも、追い詰められたか。
建て直しを迫られて、とんでもない、借金を負う人もいる。

刑が軽すぎるし、建て直しをする人の、保障も、取り付けたいところだ。

そして、児童虐待最多とある。
昨年の、ポルノ被害児20パーセント増である。
児童買春事件は、1347件であり、その被害児童は、1600人である。
児童ポルノの、被害児は、304人。

虐待で、死亡した児童は、37人である。

悲惨である。
言葉が無い。

貧しい国では、児童買春が、多々ある。
人身売買もある。
上記を見ると、日本も貧しい国なのである。
物は豊かでも、実に、貧しいのである。
大人、オトナと、呼ばれる人の、犠牲になる、児童が、哀れすぎる。

これは、市中引き回しの上、磔の刑が、よろしい。

子供を汚す者は、未来を、汚すのである。

新聞を読むと、絶望する。
だから、テレビは、なお更、見ない。
更に、絶望するからだ。

コメンテーターの、正義の怒りを、聞いて、そうだそうだと、言えない。
解釈、批判は、誰もがする。

そして、それは、どうでもいい、コメントである。

知性を磨き、感性を澄まし、理性を養う、そんな、正常な人の、コメントは、無いのか。

最悪なのは、宗教家が出て、人心を養うには、宗教心を、などという、アホさである。
日本には、宗教というものは無いと、まだ、知らないのである。

道徳や、人道とは、理性であり、知性によって行為され、感性によって、鎮められる。




posted by 天山 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。