2008年01月23日

神仏は妄想である 43

「キリスト教はこれまで人類に投げかけられたもっとも倒錯した体系である」といったジェファーソンの意見は、理神論と合致するが、無神論とも合致する。同じことが聖職者主義に強固に反対したジェームズ・マディソンにも言える。「これまで十五世紀もの長きにわたって、キリスト教を法的に確立されたものにしようという試みがなされてきた。その結果、何か得られたか? あらゆる場所で、それは多かれ少なかれ、聖職者の傲慢と怠惰、信者の無知と隷属、そして両者における迷信、偏見、迫害をもたらした」。ベンジャミン・フランクリンの「灯台のほうが教会よりも役に立つ」やジョン・アダムズの「もし宗教さえなければ、この世界は、およそ考えられるあらゆる世界のなかで最善のものであっだろう」といった発言も同様である。アダムズは、とりわけキリスト教に対する驚くほど痛烈な非難をおこなっていた。「私が理解するかぎり、キリスト教は一つの啓示であったし、いまもそうである。しかし、ユダヤ教とキリスト教の啓示の合わせたものに無数の寓話、物語、伝説が混ざり込んで、これまで存在したかぎりもっとも血なまぐさい宗教になってしまうということが、いったいなぜ起こったのか? 」そして、一方ではジェファーソンに宛てた一通の手紙でこう書いている。「人の悲しみにつけこむという点で、人類の歴史がこれまでもちつづけてきたもっとも破滅的な実例のことーーー十字架、すなわちキリストの受難―――をほのめかそうとしているのだと考えるだけで、私はほとんど戦慄を覚える。悲しみという原動力の生みだしてきたものが、どれだけ悲惨な出来事であったかを考えてもみよ」。
第2章 神がいるという仮説 より

アメリカ建国の頃からの、政治家たちの、言動に多く、無神論があったことを、トーキンスは指摘しているが、現在は、驚くほど、宗教が、跋扈していることをいう。

さて、私は、別の面から、考察する。

アダムズの言葉にある、キリストの受難である。
これが、人類の罪を負うという、キリスト教の教義である。
勿論、勝手な、想像である。
しかし、それを、人に強制するという、傲慢である。

イエス・キリストは、そのようなことを言ったのかといえば、聖書に書かれていると、言う。その聖書は、誰が書いたのか。
イエス・キリストではない。
その死後、多くのセクトによって、編纂されたものである。
要するに、セクトの、書物である。それを、正典として、取り上げた教会が、勝手に、そこから、抜書きして、教義を作る。
それに、人類の罪を負ってとある。
それを、信じて、すべての人に、その教義を強制しようとする。

キリスト教の罪は、原罪である。
最初の人間である、アダムと、エバによる罪である。
それが、人類の原罪となったという、お話である。

それが、教会の洗礼によって、許されるというもの。
そして、なお、罪を犯しても、司祭の許しがあれば、許されるという、教義である。教義は、狂気になった。

カトリックに対して、プロテストが起こると、両者は、宗教戦争をはじめる。
しかし、プロテスタントが、出来上がると、続々と、新しいセクトが、出来て、新しい解釈から、新しい教義が、出来る。勿論、それも、狂気である。

人間が、考えることである。

人類の贖いのために、十字架につけられた、主イエスを信じることによって、永遠の命が、得られます、と、道端で、スピーカーから、流す者もいる。
主イエスが、人類の贖いのためにという、あまりにも、狂気の妄想に、取り付かれて、それを、押し付ける強制をはじめると、一神教は、血みどろの戦いに、突入する。

宗教が、政治システムを作り上げているゆえ、結果、国と国は、宗教により、対立するという、単純なカラクリである。

社会、共産主義というのも、宗教と、何ら変わらない。
根は、同じく、狂気の妄想である。

皆々、世界を、大混乱に陥れたい者である。

インド独立後に、国を出た、ネールの言葉。
インドおよびその他の土地で、宗教と呼ばれるもの、あるいはともかくも組織された宗教の偉容はあまりに恐ろしく、私はしばしばそれを非難し、すっかり掃き清めてしまいたいと願った。ほとんどつねに、それは、盲信、反動、ドグマ、偏見、迷信、搾取、および既得権の維持に味方するように思われた。

知性によって、それは、理解される。
そして、感性によって、行為される。
さらに、それらは、理性を元とする。
人間に添わったもの、それらがあれば、すべて解決する。
宗教により、何か、特別なものが、生まれる訳ではない。
それを、宗教によるという人は、勘違い、あるいは、単に知らないだけである。

善良な人とは、宗教に関係ないのである。
また、人類愛を行為する人もである。
それが、宗教により、成っているとしたら、間違いなく、純粋ではなく、宗教の毒がある。

人間の行為に、神や仏を、絡ませることはない。

神や仏が、いなければ、善が行えないというのならば、はじめから、その人には、善が、無いのだ。
子供に、ののさまの目があるから、悪いことをしては、いけませんと教える愚は、行ってはいけない。
何かの目があるからではない、知性と感性、それを、真っ当に行為させる、理性こそ、育てるべきものである。

ののさまの目があると、教える僧侶は、み仏の目があるにも、関わらず、どんなことをしているのか。
僧侶といっても、一般人と、何も変わらない生活をしているのではないか。
違うといえば、大嘘を言い、根拠無き、経典を読経して、金を得ると言うことである。
蒔きも、刈りも、捕ることも、作ることもせずに、のうのうとして、人から、搾取して、生活しているのである。それも、一般人より、十分に良い生活である。

私が、京都や、鎌倉という町を嫌うのは、そういう輩が多すぎるからだ。
鎌倉などは、昼間でも、幽霊屋敷のような、町である。あれほど、僧侶が、いるにも、関わらずである。信じられないのだ。

ネルーの言うとおりである。
それ以上の言葉は、無い。

信仰が無くても、祈る生活は出来る。
信仰が無くても、人間として、立派な人生が送れる。
一体、何をして、人に信仰を、求めさせるのか。私は、迷いであると言う。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第1弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。