2007年09月13日

緊急提言

これ以上、安倍さんを批判、そして、誹謗中傷すれば、安倍さんは、自殺する。

彼は、吉田松陰と同じように、世論に殺されたのである。

身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
と歌い、死刑にされた吉田松陰である。
しかし、彼の死は、日本を明治維新へと、動かした。

安倍さんの辞任も、それと同じである。

多くの論調は、無責任だの、政治的死だのというが、私は違う。

すくなくとも、一国の首相である。
逃げるとか、そんな程度の話でない。

口先だけの、野党の言葉を鵜呑みにしている、アホ馬鹿の国民であるから、安倍さんも、絶望の極みにあったろう。

様々な、問題やトラブルは、確かにあった。
それは、果たして、安倍さんの原因であろうか。

要するに、安倍さんは、個人的思惑で、政治を考えていたであろうか。
否である。
無私となり、政治家として、行動したのである。

靖国神社参拝を断腸の思いで、拒み、中国、韓国との、関係改善を為した。
そして、拉致被害者を一人でも、連れ戻そうとしたはずであるが、与野党共に、協力する者無し。

口を開けば、安倍退陣、あらゆる、誹謗中傷の野党の面々である。

共産、社民は、屑であり、民主党の、旧社会党の連中である。
全体主義、北朝鮮のような国を望む面々である。

これを絶望と言わずして、何を絶望というのか。

安倍辞任は、もっともである。
まして、代表質問の前に辞任するとは、最大のメッセージである。

無責任どころか、国民に、テーマを投げつけたのである。

今、日本は、どの位置にいるのかということを、身をもって知らせたのである。

それを解れば、少しは、救われる。

辞任で、ガタガタ騒ぐようであれば、終わっているのである。

安倍首相の最大の功績は、この辞任である。

千利休の辞世にある、我がこの宝剣、天に投げ打つの心境なのである。

安倍さんが、死ぬことのないように、マスコミ等は、自粛せよ。

それから、言う。
野党の面々。
お名前たちは、何も出来ない、やらないでの言動である。
すべてを誹謗中傷するという、その根性は、ただ事ではない。
そうそうに、反省し、安倍さんの行ったことの、評価は、評価として、認めるべきである。

安倍さん以上に、何事か、なせたのか。
何をしたのである。
税金を得て、のうのうと、誹謗中傷を繰り返して、ただ済むと思うのか。

自害して果てた方が、身のためである。



posted by 天山 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。