2006年09月09日

初恋コンサートの評

私の歌、辻友子の歌が絶賛されました。
と、嬉しいのですが、単純に喜べません。つまり、言う人は、誉める人です。
言わない人もいます。ここが問題です。
切々として、心に沁みるという人がいますが、心に沁みずに帰る人もいたことでしょう。これを見逃せません。すべての人に良しとされる歌は、あり得ません。
ここに至ると、謙虚にならざるを得ないのです。
誉められて、逆上せるのは素人です。プロになると、それが何であるのかを考えます。私は舞台に慣れ過ぎているため、それが恐ろしいのです。
舞台の中央で歌うことは少ない。舞台全体を使います。
舞台が、もう一人の先生になります。それでは、もう一人の先生は我がうちにあります。決して、妥協しない厳しい先生です。つまり、私の内の先生が、看破します。
この私との戦いが芸術の別名でしょう。歌うことによって、益々歌が難しくなります。


posted by 天山 at 10:39| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。