2006年08月15日

終戦記念

藤岡が歌った「帰り来ぬ風」という私の作詞の歌があります。116万人の遺骨が、未だ南方の島々に置き去りされているという哀しみの歌です。
横浜、札幌、知床斜里にて歌いました。その後、様々な人々が歌っています。
今回の平和祈念コンサートでも、ソプラノ辻友子が歌いました。藤岡の歌声を聴きつつ歌ったと思います。
難しい日本語の発音が多く、切々として、しかも慰霊の思い万感にての藤岡の歌は絶品でした。
歌い終わった藤岡の目に涙を観た時、藤岡の思い入れの凄まじさを感じました。
本日、深く戦没者の霊位に哀悼の意をもって・・・


posted by 天山 at 07:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。