2016年07月08日

もののあわれについて822

楽人舞人などのことは、大将の君とりわきて仕うまつり給ふ。内、東宮、后の宮たちをはじめ奉りて、御方々ここかしこに御誦経、捧物などばかりの事を、うちし給ふだに所せきに、ましてその頃、この御いそぎを仕うまつらぬ所なければ、いとこちたき事どもあり。いつのほどに、いとかくいろいろ思しまうけけむ、げに、いそのかみの世々へたる御願にや、とぞ見えたる。花散里と聞えし御方、明石なども渡り給へり。南東の戸をあけておはします。寝殿の西の塗籠なりけり。北の廂に、方々の御局どもは、障子ばかりをへだてつつしたり。




楽人や、舞人、その他のことは、大将の君が特別に、お世話をして差し上げた。
主上、東宮、皇后方をはじめ奉り、六条の院の御方々も、あちこちで、御誦経、捧物などのようなことだけは、ご寄進なさるので、それだけでも、ご立派なことなのに、それどころか、その当時は、この御法会の御用を務めないところはなく、大変物々しいことが、多数あった。
いつの間にか、あれこれとご用意されたのか、まことに、遠くの昔からの、御願なのだろうと察せられる。
花散里と申し上げた御方、明石なども、お渡りになる。上は、東南の戸をあけて、御座なさる。寝殿の西の塗籠が、御座所であった。北廂に、御方々のお席が、つい立だけをしきりにして、しつらえてある。




三月の十日なれば、花ざかりにて、空のけしきなどもうららかにもの面白く、仏のおはすなる所のありさま遠からず思ひやられて、ことなる深き心もなき人さへ、罪を失いつべし。薪こる讃嘆の声も、そこらつどひたる響き、おどろおどろしきをうち休みてしづまりたるほどだに、あはれに思さるるを、ましてこの頃となりては、何事につけても、心細くのみ思し知る。




三月十日のことなので、花の盛りで、空の景色も、うらうらと面白く、仏のおわすという、極楽の有様も、このようなところかと思いやられ、格別信心の深くない人でも、罪障がなくなりそうである。
薪こる行道の声も、集まった大勢の僧たちの声が、あたりを揺るがし、やがてその声も、静まり返り、その寂しさを、あはれにお聞きになるが、まして、死後のことを、あれこれお考えのこの頃は、何事につけて、心細く感じられるのである。




明石の御方に、三の宮して聞え給へる。


惜しからぬ この身ながらも 限りとて たきぎつきなむ 事の悲しさ

御かへり、心細き筋は、後の聞えも心おくれたるわざにや、そこはかとなくぞある。

明石
薪こる 思ひはけふを はじめにて この世に願ふ 法ぞ遥けき




明石の御方に、三の宮をお使いにして、申し上げる。

紫の上
惜しくもない、この身とは思いつつ、これを最後に、薪の尽きることを思うと、悲しいことです。

お返事は、心細いことを、そのまま申し上げては、後々、気の利かない、歌詠みと非難されると恐れてか、当たり障りのないものであった。

明石
今日の結構な法会をはじめとしまして、この後、この世で願う仏法は、遥かなり、千歳も長く、お仕えなさいますことでしょう。




夜もすがら、尊きことに、うち合はせたる鼓の声絶えず面白し。ほのぼのと明け行く朝ぼらけ、霞の間より見えたる花のいろいろ、なほ春に心とまりぬべくにほひわたりて、百千鳥のさべづりも、笛の音におとらぬ心地して、物のあはれも面白さも残らぬほどに、陵王の、舞ひて急になるほどの末つ方の楽、華やかににぎははしく聞ゆるに、皆人の抜ぎかけたる物のいろいろなばも、物のをりからにをかしうのみ見ゆ。みこ達、上達部の中にも、物の上手ども、手残さず遊び給ふ。上下心地よげに、興あるけしきどもなるを見給ふにも、残り少なしと身を思したる御心のうちには、よろづの事あはれに覚え給ふ。




夜もすがら、読経の声に合わせて、打ち鳴らす鼓の音は、鳴り続けて、面白い。
やがて、ほのぼのと明け行く、朝ぼらけの霞の間から、様々な花の色が、矢張り、春に心がとまりそうに、一面に輝き、百千鳥のさえずりも、笛の音に負けない様子で、すべての悲しさも、楽しさも、ここに極まると思われたとき、陵王の舞は、急の調べに差しかかり、終わり近い楽の音が、華々しくにぎやかに聞えると、一座の人々の、脱いでは掛ける衣の色々も、折からの情景に溶け合い、いかにも、面白い。
親王たち、上達部の中でも、この道に堪能な方々は、技を尽くして、演奏される。身分の上下に関わらず、気持ちよさそうに、興じているのを、御覧あそばすにつけても、この世には、あとわずかと、思う心のうちには、何もかもが、悲しみを誘うのである。


posted by 天山 at 05:46| もののあわれ第14弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。