2016年02月18日

打倒・韓国63

韓国は、謙虚に日本から学ぶべきである。日本を教科書にして、どこが悪いのだろうか?
日本も戦争に敗れると、謙虚にアメリカに弟子入りして、1970年代ごろまではそのような状況が続いていた。もっとも、韓国の民衆はけっして反日ではない。日本を尊敬している。韓国を旅行する日本人はみな、敬意をもって扱われる。もし、韓国政治家や、マスコミがいうように韓国民が日本に対して怒っているのであれば、なぜ日本の流行歌があれだけはやるのだろうか? なぜ、日本製品を信用するのだろうか?・・・


当時は、まだ良かったのであろうと、思う。
しかし、朴氏の、予知は、無残にも、破れた。

韓国の民衆は、反日である。
親日だとしたら、韓国社会では、生きられない。
抹殺される。

マスコミは、日本も韓国も、同じようである。
決して、マスコミは、信用出来ない。
作り上げた情報を、発信する。

政治家は日本へ怒りを向けることによって、自分の欠陥を隠すことができるし、マスコミにとっても日本を攻撃することが好都合だから、正しい視点を欠いたのだ。


それは、日本も同じである。
ただし、政治家の場合は、与野党に関わらず、親韓議員がいる。
売国的とも言っていい、政治家も多数いる。

日韓議員連盟などの、議員たちである。
親韓議員を非難はしない。
真っ当ならば、それでいいが、日本の国益を損ねても、親韓であるという、議員も多々いる。

日韓友好は、成り立たない、韓国の状態である。

更に、朴氏は、
韓国人の多くも日本を攻撃することによって、自分の欠陥から目をそらすことができる。
しかし韓国人が日本に対してだけ怒りを向けるのも、論理的ではない。太平洋戦争前に、ソ連のシベリア沿岸州に三十万人以上の韓国人が住んでいた。ところが、スターリンがこれらの韓国人が日ソ戦争が起こった場合に協力することを恐れて、中央アジアへ強制移住させた。スターリンは妄想にとらわれた暴君だった。カザフ科学アカデミー朝鮮民族センターの調査によると、移住する過程で十二万人が死んだ。だが、政府も、マスコミも、ロシアに対して抗議の声をあげることがまったくなく、友好的である。
と、書く。

何故、日本にだけは、違うのか・・・
この底には、侮蔑があるとの、指摘は、呉善花氏の指摘であるが。

侮蔑する人と、真っ当な、付き合いが出来るものか。
私を、侮蔑する人とは、会うことは、ない。
そして、会う必要もない。

朴氏の、著書の最後に、
韓国もようやく、よい方向へ向かう兆しが見えはじめている。
と、結んでいるが・・・

全く、良い方向どころか、日本には、日韓断交を掲げる団体が出来た程、関係は、悪化している。

その、日韓断交に賛成する人は、年毎に、増えているのだ。

私は、韓国の反日教育が、終わらない限り、無理だと、思っている。
そして、それは、終わらない。
だから、日韓断交は、可能性がある。

その、反日教育の、凄まじさといったら、ない。
中国の、反日教育も同じだが・・・

大嘘の歴史を、事実として、教えている。
何処に、友好の隙があろうか。

全く、絶望的な、日韓関係である。
これが、極端に進むと、本当に、断交してしまうだろう。

逆に、日本は、自虐史観というものを、今も、抱き続けている。

単純に、日本は悪いことをしたという、感情論である。
徐々に、それも、薄れつつあるが・・・

反日左翼、反日在日、その他・・・
どうしても、日本を、悪者にしたい、人達が、日本にはいる。

そして、韓国の反日運動を、煽るのである。

国益を無視して、親韓である、政治家も多くいる。
いずれ、日本国内では、その対立が、先鋭化するだろう。

更に、よく知ること無く、発言する者共、である。
一番悪いのは、無関心な人達・・・

最も、憂いべくは、事実を証言すると、右翼、愛国者などと、言われる。
日本では、愛国者と言われることは、変態なのである。

不思議な国で、日の丸を掲げると、変態だと、思われるという、日本国民の、変態ぶりである。

何せ、公立学校の教師たちが、国旗掲揚、国歌斉唱に対して、思想、信条の自由があり、と、拒絶するという、愚昧である。

呆れる。
世界的常識、世界的礼儀作法を、拒否するという、甚だしさである。
そして、それらが、親韓なのであるから、驚く。

更に、韓国、韓国人に対する、非難の言葉を、ヘイトスピーチというが、韓国の中で繰り広げられる、日本に対する言葉、行為などは、無視される。

韓国では、日の丸を、破り、焼くのである。
あの行為は、国際的にも、非難されるべき行為である。
そのような、国民と、日本が、まともに付き合うことが、出来るのか・・・
出来る訳がない。



posted by 天山 at 07:16| 打倒・韓国2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。