2016年01月25日

打倒・韓国56

もともと、韓国と台湾の関係はそれほど悪くなかった。かつて韓国人の台湾留学生は1000人を超え、台湾外国人留学生の半数以上を占めていたこともあった。しかし、韓国の台湾叩きがあまりにも冷酷無情なものだったため、いっときは韓国人ジャーナリストが台湾のタクシーで韓国語を話しただけで降ろされたりもした。
台湾人は、この韓国人ののぼせ上がった弱者いじめに対して、目には目を歯には歯をとの姿勢で逆襲に出ている。・・・


韓国は、今も台湾に対しては、なにがしかのいじめをしている。
特に、スポーツの世界などでは、顕著である。

食道楽の台湾でありながら、韓国の台湾叩きの最中に韓国焼き肉店は閑古鳥が鳴き、つぶれてしまう店もあった。これもすべて、韓国人の弱者いじめ、人種差別からくるものだろう。韓国人は、台湾人がもっとも苦悩と苦難を抱えているときに、その弱みに乗じて恫喝してくるのだ。なんとも無情ないじめである。


この、韓国人の、人種差別的な態度、行為は、東南アジアでも、目立つものである。
あきらかに、多民族、他国を、侮蔑する態度は、呆れるばかりだ。

このことで私がよく連想するのは、戦後日本の焼け跡で、どさくさに紛れて日本人の土地を強奪したあさましさである。ところが日本人の反応は台湾人と違って、謝罪や反省をするばかりだ。それはそれで韓国の弱者いじめに対抗するひとつの方法なのかもしれない。


上記は、呆れる気持ちを通り越す。
日本帝国は、韓国から、何もかも奪った・・・と、言うが、
自分たちは、どうだろうか。
今も、平然として、日本人から奪った土地を、我が物としているのだ。

こういった韓国人の弱者いじめ、人種差別は、伝統文化に見られるマゾヒズムとサディズムという矛盾だけの両面性の視点からさまざまな研究がなされているが、私はそれは両班文化からくるものと考えている。李朝時代の両班階級と常人や賤民との関係が原点にあって、その後遺症が今日の韓国社会に暗い影を落としているのではないか。
しかも、それは近代化とともに回収されるどころか、逆に韓国人の経済生活が向上するにしたがって、何でも「世界一」という錯覚を生み、それによってさらに差別やいじめは膨張していくものだ。韓国人の反日感情は日帝三十六年の悪事が原因だといわれるが、実際は経済大国となった日本を嫉んでのことである。


そのとおりだろう。
悪いことは、誰かのせいにし、良いことは、我が物だと、胸を張る韓国人に、付ける薬はない。

民族には、誇りが必要だが、韓国のように、世界を知らずに、世界一だとは、笑わせる。
更に、知らないということを、知らないのである。

大中華と小中華の、近代に至る異民族差別や迫害は許されるべきものではない。彼らは、洋夷や倭夷というだけで平気で迫害し虐殺をはかる。大院君時代1863年〜1873年にはフランス人神父が処刑され、8000人以上のカトリック教徒が惨殺された。
百歩譲って、この時代は「衛正斤邪」の思想があったことを考慮したとしても、時代が下るにつれて虐殺や迫害が激化、頻発化しているのは、どういうことだろうか。分断後の韓国と北朝鮮、このふたつの異母兄弟は、反共やら反帝などの名の下において、いったい罪のない民衆を何人殺してきたのか。

日本が過去のできごとを半世紀以上にわたって謝罪や反省する必要があるとすれば、韓国人は何億年も自己反省するべきだ。自国民に対する粛清や虐殺を、「それとこれとは違う」などと言い逃れもいい加減にしてほしい。


知れば知るほど・・・
朝鮮、韓国人というものの、実体が解り、驚くばかりである。

果たして、韓国、韓国人は、未来を創造することが出来るのだろうか。

慰安婦問題でも、捏造の強制連行を世界に向けて言うが、韓国の国内、あるいは、ベトナムでした、慰安婦の強制や、強姦、そして、韓国兵の子供の問題などは、全く意に介さないのである。

まさしく、韓国と、韓国人を表明する行為である。

こういう人を、日本では、恥知らず、と言う。

更に、現在進行中の、フィリピンでの、コピノ問題である。
韓国人の男が、フィリピン女性に子供を産ませて、トンズラするというのである。

その数、一万人以上というから、驚く。
そこで、フィリピン政府は、韓国人男性に対する、厳戒令を敷いた。

この、コピノたちは、下手をすると、ストリートチルドレン化する。

過去に、日本人の男たちも、フィリピンに日系の子供を放置した。
しかし、フィリピンの日本人会などが、立ち上がり、支援活動を続けた。
韓国とは、全く別な対応である。

そして、カンボジアでは、韓国人男性との、結婚を法律で禁止したのである。
それほど、酷いということだ。

この状態を韓国人は、どう考えているのか。
きっと、何も考えていないだろう。
平然としている。

要するに、人間が違うと、考える。
日本でも、常識という言葉があるが、簡単に言うと、常識、人間における必要な常識に欠ける民族だということである。

何処かが、欠落していると思うしかない。
それが、世界一とは、何の話かということになる。

韓国で、世界一なるものなど、何も無い。

日本の文化は、皆、韓国から出たものである・・・
平然として言う根性は、大したものだ。

嘘も、妄想も、一緒くたなのである。
知能の問題もあるだろう。

兎に角、関わらないことが、一番の、民族であると言うしか無い。


posted by 天山 at 06:31| 打倒・韓国2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。