2015年07月30日

玉砕52

「あ」号作戦とは、昭和19年5月の、大本営指示によると、
決戦兵力の大部を集中して、敵の主反攻正面に備え、一挙に敵艦隊を覆滅
するという、帝国海軍伝統の、殲滅攻撃作戦に基づいたものだ。

その原型は、殉職した、古賀連合艦隊司令長官が、主張していた「Z作戦」にあった。

だが、昭和19年2月、クェリンゼ、ルオット等のマーシャル失陥により、古賀長官の第一次Z作戦は、潰える。

しかし、古賀長官は、尚屈せず、2月29日、パラオに移動し、3月8日、新Z作戦を発令する。
それは、
マリアナ、カロリン、ニューギニアを結ぶラインは、絶対確保しなければならない。敵の来攻に際して、わが艦隊は、付近の島嶼に展開した基地航空部隊と協同、集中可能の全兵力を挙げて、航空機を主体として決戦す
というものである。

古賀長官は、決戦線を、マーシャル諸島から、マリアナ、西カロリンの列島に後退させた、今こそ、伝統の攻撃戦法を実現する好機だと、考えたのである。

こうして、サイパンは、本土から西部ニューギニアを結ぶ「縦列不沈連合艦隊」となるはずだったが、古賀長官の不慮の死により、実現されなかった。

そこでは、小澤中将の指揮する、第一機動艦隊の活躍もさることながら、角田中将の率いる、基地航空部隊である、第一航空艦隊に、大きな期待をかけていた。

だが、この航空兵力は、米側から見ると、七面鳥狩りのような経過を辿り、急速に消耗した。いざ、決戦の日には、役に立たなかったのである。

その内容に関しては、省略する。

さて、豊田連合艦隊司令長官は、第一機動艦隊に対し、5月3日、「あ号作戦開始」を発令したが、このときになっても、連合艦隊司令部も、大本営も、米軍が、進攻してくるのは、ニューギニアの線か、マリアナであるのかと、いずれとも、決めかねていた。

そこへ、突然、5月27日、敵、約一個師団が、ビアク島に上陸したとの知らせが入った。

連合艦隊、大本営陸海軍部が緊張した。
これまで、米軍の進攻は、豪北から、フィリピン南部の線だと、判断し、それまで同時に警戒していた、マリアナ方面に対する可能性は、薄れたとみていた。

ビアク島の悲劇である。
現在は、インドネシア領、イリヤンジャヤの西部にある島である。

当時、西北ニューギニア最大の湾口にある、ビアク島は、戦略上の要衝でもあった。
飛行場の適地が多く、ここを失えば、フィリピン、タラカンの油田地帯が、敵機の爆撃圏内に入る。

更には、パラオ等も、敵機の攻撃圏内に入り、ミンダナオ東方洋上での、機動部隊の行動が、極めて困難になり、「あ」号作戦自体が、成り立たなくなるのである。

ビアクを敵に渡すわけにはいかない。
しかし、ビアク島の悲劇が起きる。
玉砕である。

実際、私が追悼慰霊に出掛けて、その様を見ている。

ビアクには、陸軍の、海上機動第二旅団を、急遽派遣することになった。
連合艦隊は、この上陸作戦を支援する「渾」作戦を発動した。

中部太平洋方面に展開していた、基地航空部隊の大部分が移動することになり、この部隊の潰滅の原因となる。

当時、連合艦隊司令部は、この敵のビアク上陸を、戦局転換の好機と見なす雰囲気があった。
戦闘の推移によって、米主力艦隊を、パラオ近海に誘い出し、決戦するチャンスが生まれたと読んだ。

しかし、ビアク上陸作戦は、マリアナ上陸をカムフラージュするための、米軍の牽制作戦の意味合いがあった。

としても、ビアク島の悲劇は、惨憺たるものであった。

このビアク島の、玉砕については、戦記の類がない。
約12000名の兵士が、玉砕した。

その有様は、洞窟である。
疲れ切った兵士たち・・・更に、病者、そして、遺体のある洞窟に籠もった日本軍兵士たちは、ドラム缶を投入され、火炎放射器で、焼かれたのである。

私は、その洞窟に佇んだ。
更に、日本兵の遺品の数々である。

未だに、遺骨が存在する。
古い慰霊碑が、洞窟の前に建つ。

そして、新しい日本政府が建てた慰霊碑が、ビーチにある。
大きなものだ。
その裏側に、未だ日本に帰還していない、遺骨が並んでいた。
更に、未だに、ジャングルの中にも、兵士の遺骨が眠るのである。

ジャングルの中で、自然と同化した遺骨の数々である。

ビアク島の兵士たちは、援軍を待ったというが・・・

戦況は、敗戦に向けて、まっしぐらであった。

6月11日、一時行方不明だった、米空母部隊が、グアム島東方洋上に出現する。
以後、マリアナ各基地に、連続三日間の空襲と、艦砲射撃を反復する。

サイパン、テニアン島に対する攻撃は、苛烈を極めた。

12日、ロタ、グアムなどの各地に展開していた、基地航空部隊の兵力が、壊滅的な打撃を受けた。

昭和19年、敗戦の一年前の年である。
到る所の戦地で、日本軍は、壊滅的打撃を受けている。
そして、玉砕である。


posted by 天山 at 06:22| 玉砕2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。