2014年10月29日

神仏は妄想である。506

ともかく、すでに過ぎ去られたものは過ぎ去られない。いまだ過ぎ去られたものも過ぎ去られない。過ぎ去られたものといまだ過ぎ去られないものとを除いて、過ぎ去られつつあるものが過ぎ去られるわけでもない。2・1

何故、このように、馬鹿馬鹿しい議論のための、議論を展開するのか・・・
それは、当時、論戦するためには、勝たなければならない。
そこで、皆々、勝つために、あらゆる考え方を考案し、それに勝つために、自説を整えたのである。

特に、ナーガルジュナは、自説を持たずといって、論破する相手を、煙に巻いた。
論を持たない者を、論破することは、出来ない、いう。

インドという、風土である。
勿論、インドは、魔界に支配されている。
このような、言葉遊びが得意なのは、魔界の特徴である。

現在のインドも、魔界関与が甚だしい。
何せ、カースト制という、身分制度が、厳然として、成り立つのだから、推して知るべし。

法律では、禁止されだが・・・
いまだに、カースト制は、廃れていない。

レイプなども、身分の低い女性が、狙われるのであるから、救いようがないのである。

その、救いようの無い国、インド地方で、仏陀は、教えを説いた。
人間は、平等である。

つまり、寝惚けた説教を繰り返した訳である。
そして、その仏教は、壊滅した。
インドには、宗教としての、仏教は、認識されていない。
仏陀も、ヒンドゥーの一人の神様になっている。

何を勘違いしたのか・・・
日本の仏教愛好家、新興宗教が、仏の教えが、東から西のインドへと銘打ち、布教をしているが・・・

下手の横好きである。

時間にせよ、空間にせよ、過ぎ去られた行程とこれから過ぎ去られるはずの行程とを除いて、現に過ぎ去られている行程というものは得られない。
との、解説。

過去と未来と、現在の状態を言うらしい。
もう、らしい、というしか、方法が無い。

過ぎ去られつつある所にどうして過ぎ去る運動がありえようか。過ぎ去ることのない過ぎ去られつつある所などは考えられはしないのに。2・3

過ぎ去られつつある所に過ぎ行く運動があると考える人には、過ぎ去る運動なしに過ぎ去られるものがあるという不合理がつきまとう。なぜなら、過ぎ去られつつあるものが過ぎ去られるのだから。2・4

過ぎ去られつつある所に過ぎ去ることがあるならば、二つの過ぎ去る運動があることになる。過ぎ去られつつあるものをそうならしめている過ぎ去る運動と、そこに行なわれている過ぎ去る運動とである。2・5

初期仏典の、あの、何とも、中途半端で、寝惚けたような、言葉が、懐かしく思える。

それが、時代を経て、このような、議論のための、議論を生んだということだ。

もう少し、付き合って欲しい・・・

ナーガルジュナがここではほんとうに問題にしているのは、「過ぎ去られるもの」と「過ぎ去る運動」という二つの概念の関係であって、運動という位置の移動が可能であるかどうかということではない。「過ぎ去られるもの」と「過ぎ去る運動」との関係は、第六詩頁以下においては、「行くもの」と「行く運動」との関係に移されて論じられる。
研究家

研究家さんも、よくぞやるものだ。
つまり、それが、生活の糧を得るものだから・・・

以前、この「行くもの」について、少しばかり書いたことがある。
ここで、研究家、仏教愛好家たちが、決して、言わないことを、言う。

このような言葉遊びは、屁理屈なのである。
単なる、屁理屈。

二つの過ぎ去る運動があることになる。
それが、
過ぎ去られつつあるものを二つの過ぎ去る運動があることになる。過ぎ去られつつあるものをそうならしめている過ぎ去る運動と、そこに行なわれている過ぎ去る運動とである。2・5

「空」という思想を展開するための、議論、のための、議論である。

過ぎ去られつつあるものをそうならしめている過ぎ去る運動と、
そこに行なわれている過ぎ去る運動とである。2・5

そうならしめている過ぎ去る運動
行なわれている過ぎ去る運動

二つの概念・・・
らしい、と、書いておく。

別の言葉で、書く。
射精ならしめている、腰振りのピストン運動と、射精する、瞬間の射精が行なわれる運動、共に、運動である。

その、二つの概念がある。
だが、セックスをしている際は、その概念も消えうせて・・・
行為に没頭する。

そして、妊娠する、という、結果が現れる。

それでは、上記の結果は、何か・・・
だから、「空」の思想を言うのであるとなる。

それでは、妊娠して、子供が現れるのは・・・
どうなるのか・・・
それは、「空」ではない。

厳然と、子供という、存在が現れる。

さあ、どうする・・・
ナーガールジュナさん



posted by 天山 at 06:35| 神仏は妄想第九弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。